「開発プラットフォーム」とは?

関連ニュース

ブロックチェーンサービス開発プラットフォームのGincoが5.7億円調達、組織体制・プラットフォーム強化 - 11月30日(火)19:58 

Gincoは11月30日、第三者割当増資による総額約5億7000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先はみやこキャピタル、DBJキャピタル、三菱UFJキャピタル。調達した資金は採用・組織体制の強化およびブロックチェーン開発プラットフォーム構築にあてる。 Gincoの提供するブロックチェーンサービス開発プラットフォームは、インフラストラクチャ構築の複雑さとコストを軽減し、急速に拡大しているブロックチェーン市場へのアクセスを簡易化するという。 昨今、価値流通のデジタル化を背景として、暗号資産・NFT・セキュリティトークンといったデジタル資産市場が急成長していると同時に、ブロックチェーン技術の活用需要も増加傾向にある。だが需要が高まる一方で、ブロックチェーンサービスの開発では技術の複雑性や要求されるセキュリティ水準が参入の障壁であるうえ、参入後も企業がサービスの企画運営に集中できない要因となっている。こうした問題を解決するのがGincoのサービスとしている。 さらに同社は、開発プラットフォームだけではなくそれぞれのビジネス領域で求められる業務用システムパッケージの提供も行っている。このパッケージはセキュリティと利便性を高水準で両立したエンタープライズ品質を有し、暗号資産交換業者などに提供する業務用暗号資産ウォレットの分野では高い実績を挙げているそうだ。これらにより開発リソースに悩...more
カテゴリー:

Microchip、低消費電力PolarFire(R) RISC-V(R) SoC FPGAを使ったEmbedded Visionエッジ アプリケーション向け開発ツールを新たに発表 - 11月24日(水)11:30 

[NASDAQ: MCHP] - Microchip Technology Inc.(日本法人: 東京都港区浜松町、代表:吉田洋介 以下Microchip社)は本日、同社のPolarFire RISC-V SoC(システム オンチップ) FPGA(フィールド プログラマブル ゲートアレイ)を使った設計向けに、同社のSmart Embedded Vision(https://www.microchip.com/en-us/solutions/industrial/smart-embedded-vision)イニシアティブにおける2番目の開発ツールを発表しました。低消費電力PolarFire SoC FPGAは、デュアル4Kビデオ処理と、RTOS(リアルタイム オペレーティング システム)とLinux(R)等の高機能オペレーティング システムを同時実行するクワッドコアRISC-Vアプリケーション クラス プロセッサを搭載するミッドレンジ デバイスです。Microchip社のSmart Embedded Vision開発プラットフォームは発表済みの、FPGAの専門知識がなくてもPolarFireデバイスを使って学習済みニューラル ネットワークをプログラムできるVectorBloxTMソフトウェア開発キット(SDK)およびIPに追加されるものです。この新しいプラットフォームは、IIoTおよ...more
カテゴリー:

クアルコムがSnapdragonを搭載したWindowsアプリ開発支援キットを販売開始、価格約2万5000円 - 11月19日(金)11:38 

クアルコムは、Snapdragon搭載Windows PC向けアプリ開発をサポートする「Snapdragon Developer Kit」の販売をMicrosoft Storeで開始しました。価格は219ドル(約2万5000円)です。 関連記事クアルコムがSnapdragonを搭載したWindowsアプリ開発支援キットを販売開始、価格約2万5000円クアルコムがApple M1対抗うたうPC向けArmベース次世代SoCの開発計画、1月買収の半導体開発スタートアップNUVIAを起用クアルコムが新たなAR開発プラットフォームを発表、ハンドトラッキング技術のClay AIR買収も「Snapdragon Developer Kit」は、ソフトウェア・アプリケーションベンダーがSnapdragon搭載Windows PC 向けソリューションを試験・検証出来る小型デバイスです。 エントリー向けのSnapdragon 7cを搭載しており、Windows 10で出荷されますが、Windows 11へのアップグレード要件に対応しています。 クアルコムは2018年にPC向けのSnapdragonを発表。その後、アップルがAppleシリコン(M1チップ)をMac向けに搭載したことで、PC向けのよりハイエンドなArmベースのSoCへの期待が高まっています。 なお、クアルコムは2023年をめどに、Apple...more
カテゴリー:

「ロード・オブ・ザ・リング」ゴラムを作ったVFXスタジオ、ゲーム開発ソフトウェア企業に売却 - 11月15日(月)11:00 

巨匠ピーター・ジャクソンはこのほど、自身が設立、所有する視覚効果スタジオWetaデジタルのVFX技術部門を、3Dゲーム開発プラットフォームを提供するユニティ・ソフトウェアへ16億2500万ドルで...
カテゴリー:

クアルコムがスマートグラスに注力、ARプラットフォーム「Snapdragon Spaces」発表。ドコモも5Gで協力 - 11月11日(木)16:42 

米クアルコムが、AR(拡張現実)スマートグラス向けの開発プラットフォームとなる「Snapdragon Spaces」を発表しました……
カテゴリー:

IARなど、Microsoft Azure IoT移行向けセキュア開発プラットフォームを発表 - 11月30日(火)18:44 

IARシステムズと同社のグループ企業である英Secure Thingzは、Microsoft Azure IoTおよびRTOSプラットフォーム向けに、開発から設置・展開まで行うことができるプラットフォームソリューションを発表した。
カテゴリー:

PS4/PS5のリードシステムアーキテクトが明かす、PS5のSSD重視設計の理由は? Unreal Engine 5とも深い関わり - 11月22日(月)10:39 

WIERD PS4/PS5のリードシステムアーキテクトとして知られるマーク・サーニー氏(メガドライブの『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』にも関わる)が、PS5の設計が高速SSDに重点を置くことになったのはEpic Games社のティム・スウィーニーCEOの要望によるところが大きいと明かしています。 サーニー氏はテックメディアWiredの動画にて、PS5がどのように設計されたかを語っています。そのほとんどはGPUやコントローラー、3Dオーディオなど発表済みの内容を繰り返しているだけですが、いくつかの興味深い新情報も含まれています。 関連記事PS4/PS5のリードシステムアーキテクトが明かす、PS5のSSD重視設計の理由は? Unreal Engine 5とも深い関わりクアルコムが新たなAR開発プラットフォームを発表、ハンドトラッキング技術のClay AIR買収もDiver-Xが寝ながら使う据え置き型VRデバイスHalfDiveの開発発表、3000万円の資金調達もその1つが、PS5の最大の特徴の一つであるSSDにつき、「フォートナイト(Fortnite)」などを送り出しているEpicのスウィーニーCEOがこの技術を最も強く要望したという事実です。 サーニー氏いわく「PlayStation 4の頃からずっと、SSDを搭載してほしいという要望が寄せられていました。特にEpic Games創...more
カテゴリー:

ローコード開発のOutSystemsが、マイクロサービス化した次世代版「Project Neo」を発表 - 11月19日(金)08:45 

OutSystemsが、同社のローコード開発プラットフォームで、コンテナとクラウドを活用する次世代版、「Project Neo」を発表した。マイクロサービス化しており、スタートアップ企業と同じようなアプリケーションサービスの開発と運用が、一般企業でも煩雑な作業なしにできるとしている。
カテゴリー:

日産、「ノート」の特別仕様車「Airy Gray Edition」発売 - 人気オプションを標準装備 - 11月11日(木)17:30 

日産自動車はこのほど、「ノート」の特別仕様車「Airy Gray Edition」を発売した。「ノート」は昨年12月の発売以来、第2世代「e-POWER」と新開発プラットフォームによるスムースで思い通りの「加速」、なめらかな「減速制御」、抜群の「静粛性」などが高く評価されている。
カテゴリー:

Qualcomm、ARメガネ向け開発プラットフォーム「Snapdragon Spaces XR」発表 Unity、Epic、Nianticなどに提供 - 11月11日(木)13:19 

Qualcommは、ARコンテンツ開発のためのプラットフォーム「Snapdragon Spaces XR」を発表した。UnityとUnreal Engine 4をサポートする。来年にはLenovoが開発キットを利用して開発するARメガネをリリースする計画だ。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる