「開会式」とは?

関連ニュース

吉田経済産業大臣政務官がアラブ首長国連邦に出張しました - 04月19日(金)16:19 

吉田経済産業大臣政務官は、4月15日(月曜日)から4月19日(金曜日)の日程で、アラブ首長国連邦(UAE)に出張しました。 同国では、ワールドフューチャーエナジーサミット(WFES)開会式、グリーン水素サミットのハイレベルパネル、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)総会、日UAEビジネスカウンシルに出席するとともに、ジャーベル・UAE産業・先端技術大臣、ラ・カメラ・IRENA事務局長とも会談しました。
カテゴリー:

【高校野球】夏の甲子園 朝夕「2部制」導入の方向で検討 酷暑対策で3日間の3試合日にテスト 熱中症から選手を守れ - 04月19日(金)06:56  mnewsplus

スポーツ報知 2024年4月19日 4時0分 https://hochi.news/articles/20240418-OHT1T51236.html 8月7日に開幕する第106回全国高校野球選手権大会(17日間・甲子園)の一部日程で、暑さ対策として午前と夕方以降に試合を行う「2部制」が導入の方向で検討されていることが18日、スポーツ報知の取材で分かった。同大会では年々深刻化する気温の上昇に伴い、選手たちの熱中症対策が急務になっている。まずは開幕日を含む3試合実施予定(3試合日)の3日間、試験的に行う案が、19日に行われる第2回大会運営委員会で討議される...
»続きを読む
カテゴリー:

パリ五輪100日前、斬新な試みも地元パリ市民のムード停滞 テロ懸念、目立つ負の側面 - 04月17日(水)05:00 

パリ五輪は17日で開幕まで100日。大会組織委員会は新時代を象徴する「市民参加型」の祭典を目指し、さまざまな斬新なアイデアを打ち出したが、地元パリ市民のムードは停滞している。夏季五輪史上初めて競技場外のセーヌ川で行う開会式は、テロへの懸…
カテゴリー:

パリ五輪まで100日、焦点は競技場外の開会式 テロの脅威で変更も - 04月16日(火)21:00 

 7月26日に開幕するパリ五輪まで、17日であと100日となる。コロナ禍の開催で「五輪の価値」が問われた東京大会から3年。史上初の競技場外での開会式など、準備は最終段階に入った。しかし、ウクライナ侵攻…
カテゴリー:

パリ五輪、競技場外の開会式断念も 「テロ脅威高い場合」 仏大統領 - 04月15日(月)21:32 

 フランスのマクロン大統領は15日、約3カ月後に開幕を控えるパリ五輪について、テロの脅威が高い状態が続いた場合には五輪史上初となる競技場外での開会式の実施を断念する可能性に言及した。パリ郊外の競技場を…
カテゴリー:

夏の甲子園、朝夕「2部制」導入検討、ドーム球場では意地でもやらない模様 - 04月19日(金)07:00  poverty

【高校野球】夏の甲子園 朝夕「2部制」導入の方向で検討 酷暑対策で3日間の3試合日にテスト 熱中症から選手を守れ 8月7日に開幕する第106回全国高校野球選手権大会(17日間・甲子園)の一部日程で、暑さ対策として午前と夕方以降に試合を行う「2部制」が導入の方向で検討されていることが18日、スポーツ報知の取材で分かった。同大会では年々深刻化する気温の上昇に伴い、選手たちの熱中症対策が急務になっている。まずは開幕日を含む3試合実施予定(3試合日)の3日間、試験的に行う案が、19日に行われる第2回...
»続きを読む
カテゴリー:

パリ五輪まで100日「平和の祭典」予断許さず セーヌ川の開会式はテロ懸念高まり代替案も浮上 - 04月17日(水)17:04 

パリ五輪は開幕まで17日で100日となった。パリ市内は五輪関連のポスターや標識が掲示され、会場などの準備が着実に進む一方、混迷の世界情勢が大会に影を落とす。市中心部のセーヌ川で実施する開会式はテロへの懸念が高まり、代替案も浮上。予断を許…
カテゴリー:

パリ五輪まで100日 競技場外の開会式に高まるテロの懸念 - 04月17日(水)00:00 

 7月26日に開幕するパリ五輪まで、17日であと100日となった。独自色の強い計画の実現に向けて現地の準備は最終段階に入った。しかし、ウクライナ侵攻やパレスチナ自治区ガザでの紛争に終わりは見えず、テロ…
カテゴリー:

5月3日~5日に開催「JA全農杯全国小学生選抜サッカー決勝大会」に出場する各地区代表チームが決定! - 04月16日(火)14:31 

令和6年4月16日 全国農業協同組合連合会(JA 全農 )  JA全農は、5月3日(金・祝)~5日(日・祝)に横浜市の「日産スタジアム」他で開催される「JA全農チビリンピック2024」(主催:日刊スポーツ新聞社)に特別協賛します。  このイベントは、スポーツを通じて子どもたちの健やかな心身の成長と親子のふれあいを応援することを目的に、毎年5月5日に開催し今回で第46回目を迎えます。  その中の「JA全農杯全国小学生選抜サッカー決勝大会」に出場するチームが出そろいました。これらのチームは3月2日~3日の東北大会・関西大会を皮切りに、全国9ブロックで開催された地区大会にて選出されたチームです。各地区の出場チーム数は北海道1、東北2、関東3、北信越1、東海2、関西2、中国2、四国1、九州2で合計16チームとなります。 地区(出場チーム数) 全国決勝大会出場チーム 北海道(1) 北海道コンサドーレ札幌U-12 RED(札幌) 東北(2) ベガルタ仙台ジュニア(宮城)、バンディッツいわきジュニア(福島) 関東(3) 川崎フロンターレU-12(神奈川)、 鹿島アントラーズつくばジュニア(茨城)、レジスタFC(埼玉) 北信越(1) ツエーゲン金沢U-12(石川) 東海(...more
カテゴリー:

国民体育大会 通称「国体」今年から名称が「国スポ」に知事『東スポじゃあるまいし廃止だ廃止 - 04月15日(月)20:48  news

「小学校からやり直せ!」知事から国体廃止論が噴出「王侯貴族のように勝手に決める」過激な批判も  各都道府県の持ち回りで開催され、天皇皇后両陛下も毎年観覧される国民体育大会、通称「国体」。 2024年から、国民スポーツ大会「国スポ」に名称をあらため、2035年には、開催都道府県が3巡目に入るが、 その国スポ開催の在り方に真っ向からかみつく知事が現れた。 2030年に大会が予定されている島根県の丸山達也知事は12日、 「今回の2030年の国スポは、血の小便(血尿)を出してなんとかやれる」と話した。 開催費用は...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる