「鋭ステルス戦闘機」とは?

関連ニュース

韓国が「軽空母建造」研究へ 弱腰批判かわす狙いも - 08月17日(土)22:44 

 韓国国防省は14日に発表した「2020~24年国防中期計画」で、米国の最新鋭ステルス戦闘機F35Bを搭載できる大型輸送艦の国内建造を目指し、来年から研究を始めると明らかにした。韓国メディアは「事実上…
カテゴリー:

最新鋭ステルス戦闘機「F35B」導入を正式決定 - 08月16日(金)20:58 

最新鋭ステルス戦闘機「F35B」導入を正式決定
カテゴリー:

【国防】F35B導入を正式決定=「空母」艦載を想定-防衛省 - 08月16日(金)18:28  newsplus

 防衛省は16日、昨年末に策定した防衛大綱と中期防衛力整備計画に導入方針を盛り込んだSTOVL(短距離離陸・垂直着陸)機について、米国製最新鋭ステルス戦闘機F35Bを選定したと発表した。  海上自衛隊最大の「いずも」型護衛艦を事実上の空母に改修し、F35Bを艦載する想定だ。  同省によると、機種選定作業は3月から開始。提案は米政府によるF35Bの1機種のみだったという。機種選定の理由については「飛行能力やステルス性能などの要求水準を満たしていた」と説明している。  8/16(金) 18:14配信 時事通信 F35B導入を正式決...
»続きを読む
カテゴリー:

F35A墜落 原因は「空間識失調」と推定 - 08月09日(金)18:31 

 今年4月、青森県沖で航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが墜落した事故で、防衛省はパイロットの平衡感覚がなくなる「空間識失調」が事故の原因と推定されるとする報告書をまとめました。  今年4月、青森県沖でF35Aが墜落した事故では、パイロットの細見彰里3等空佐(当時)が死亡し、航空自衛隊の事故調査委員会が原因の調査を行ってきました。  調査委員会がまとめた報告書によりますと、事故は夜間の飛行訓練中、細見3佐(当時)が空間識失調に陥ったことで、過度な急降下姿勢をとっていることに気付かず、海面に衝突したと推定されると結論付けています。  また、墜落の前に有効な回復操作が行われなかったのは、細見3佐が空間識失調に気付かず回復操作を行えなかったか、警報装置が鳴り回復操作を試みたものの間に合わなかったと推定しています。  岩屋防衛大臣は、「今後、このような航空機事故が発生することがないよう、引き続き、飛行の安全に万全を期して参る」と述べ、再発防止に努めるとしています。(09日16:17)
カテゴリー:

空自F35A事故で最終報告 再発防止で自動衝突回避システム導入を提言 - 08月09日(金)17:33 

 航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが4月に同県沖の太平洋で墜落した事故で、空自は9日、最終の調査報告を公表した。6月の中間報告と同様、機体に異常はなく、操縦士が平衡感覚を失う「空間識失調(くうかんしきしっちょう)」に陥ったのが原因と推定した。また、同様の事故を防ぐ
カテゴリー:

防衛省、ステルス戦闘機F35B導入を正式決定 「いずも」型での運用も想定 - 08月17日(土)15:00 

防衛省は16日、航空自衛隊が導入する短距離離陸・垂直着陸可能な戦闘機として、最新鋭ステルス戦闘機F35Bを正式に決定したと発表した。米ロッキード・マーチン社製。…
カテゴリー:

F35B導入を正式決定 防衛省 - 08月16日(金)19:13 

防衛省は16日、航空自衛隊が導入する短距離離陸・垂直着陸可能な戦闘機として、最新鋭ステルス戦闘機F35Bを正式に決定したと発表した。米ロッキード・マーチン社製。常時搭...
カテゴリー:

空自三沢F35A墜落、「空間識失調」と結論 - 08月10日(土)08:51 

航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖太平洋に墜落した事故について、空自は9日、操縦士が姿勢や位置を認識できなくなる「空間識失調」に陥り墜落したと推定する最終調査結果を公表した。6月に公表した中間報告とほぼ同じ内容だが、さらに情報を収集して分析した結果、操縦士が急降下からの回復を試みたが間に合わなかった可能性もあるとしている。調査は航空幕僚監部に設置した航空事故調査委員会が実施。東京・市谷の防衛省で同日、空幕監部の監察官らが公表した。中間報告時の情報に、シミュレーターによる…
カテゴリー:

【朗報】航空自衛隊「F-35墜落の原因はパイロット。機体は問題なし」 - 08月09日(金)18:07  poverty

 航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが同県沖の太平洋に墜落した事故で、空自は9日、機体に異常はなかったとの最終的な調査結果をまとめ、公表した。 中間報告と同様に、操縦士が機体の高度や姿勢を把握できなくなる「空間識失調」に陥り墜落したと結論付けた。12機ある同型機は既に飛行を再開している。  空自は6月10日に中間報告を公表した後も、専門家に依頼して音声記録を精査するなど、墜落までの動きを再現し、原因を調べていた。  その結果、警報音が鳴っていたことが新たに判明。操縦士が気付き...
»続きを読む
カテゴリー:

イラン、イスラエルのF-35Iアディール(強者)に領空侵入されたが全く気づかなかった - 08月06日(火)19:58  poverty

核開発をめぐり米国との軋轢がエスカレートしているイランで、主要都市を守る空軍などの防空体制が“敵”の手によって丸裸にされ、空軍幹部が秘密裏に処分されていたことが7月末に 明らかになった。 イラン領空に侵入したのは米国製の最新鋭ステルス戦闘機F-35Aライトニング2。だが、その所属は米軍ではなかったのだ。(岡田敏彦) ステルスの脅威  イラン空軍の失態を報じたのは、米外交専門誌「ナショナル・インタレスト」(電子版)。 同誌などによると、イランに対する領空侵犯は2018年2月に起こった。侵入した...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「鋭ステルス戦闘機」の画像

もっと見る

「鋭ステルス戦闘機」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる