「銀シャリ」とは?

関連ニュース

「思い出の品はフリマアプリで売っちゃった」 破局したにゃんこスター、未練たらたらのスーパー3助にアンゴラ村長の冷静な一言:ゴッドタン - 05月25日(月)20:53 

5月23日(土)放送の「ゴッドタン」(毎週土曜深夜1時45分)は、番組初のリモート収録にて新企画「うちでボケよう」を放送。番組開始から14年、数多くの芸人たちから数え切れない名ツッコミが生まれた。今回は、ステイホームしている若手芸人たちが、過去のツッコミワードに合うボケを撮影し、みんなで見ようという企画。挑戦した若手芸人は、かが屋(加賀翔、賀屋壮也)、ゾフィー(上田航平、サイトウナオキ)、空気階段(水川かたまり、鈴木もぐら)、ななまがり(森下直人、初瀬悠太)、マヂカルラブリー(野田クリスタル、村上)、にゃんこスター(スーパー3助、アンゴラ村長)に加え、レギュラー陣の劇団ひとり、おぎやはぎ(小木博明、矢作兼)もリモート出演で、今回の試みを見届けた。銀シャリ・橋本「君は誰や?」とコラボまずは「大声クのイズ」(2017年放送)から、コーナーMCの銀シャリ・橋本直が好き勝手ボケまくる回答者に放ったツッコミ「君は誰や?」。このツッコミとコラボした1組目は、かが屋・賀屋。SNS上で「林修先生から読書好きリレーがまわってきた」という設定で、普通にオススメ書籍を紹介し、「次は高須クリニックの高須医院長、先生にまわしたいと思います。ステイホーム」と締めくくったところで......橋本の「君は誰や?」のツッコミが。このステイホーム期間中、SNS上で繰り広げられている「◯◯リレー」で、「本当に知らない方...more
カテゴリー:

銀シャリのしゃシャリでてすみません:「こいつ、なんか嫌やわ~」 断捨離中に出会った過去の自分 - 05月09日(土)16:52 

 断捨離をしている。「銀シャリの断捨離」。響きがいい。番組できそうやがな。  それはさておき、我々漫才師は、舞台の模様を撮影したDVDをたくさん持ってまして、まずここから断捨離を始めようと、見ては捨て、見ては捨て、「あっ、これはいるやつやん」と取っておき……、みたいな感じで整理しております。
カテゴリー:

乃木坂・中田&銀シャリ 600人とリモート乾杯 - 05月05日(火)14:30 

乃木坂・中田&銀シャリ 600人とリモート乾杯
カテゴリー:

大人気“ヤンチャすぎ”格闘家、朝倉未来。その“死にかけ体験”に教室が震える! - 05月04日(月)09:09 

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。©テレビ朝日5 月4日(月)の放送の同番組では、格闘家・朝倉未来(あさくら・みくる)が登壇。「ヤンチャしてたら6回死にかけちゃった先生」として授業を行う。◆ヤンキー時代の“死にかけ体験”を激白!愛知県出身、現在27歳の朝倉未来は、格闘団体「THE OUTSIDER」史上初の2階級王者であり、2018年からは「RIZIN」にも参戦。現在、無敗をキープ中で、最近ではYouTuberとしても人気を集めている。そんな朝倉はかなりのヤンチャ者で、地元・愛知のヤンキーだった時代、6回も死にかけたことがあると激白! 生徒たちは震え上がる。©テレビ朝日子どものころから相撲や極真空手に打ち込んでいた朝倉は、自分を最強だと信じて生きてきたといい、そのため「先輩だからってなんで敬語を使わなくちゃいけないの?」という疑問を感じていたと当時を振り返る。そんな生意気な朝倉は、中学に入ってすぐ不良の先輩に目をつけられ呼び出されるが、逆に返り討ちに!それをきっかけにケンカ三昧の日々を送るようになり、なんと50人の暴走族に囲まれ失明寸前の大ケガを負ってしまったという。さらには、刺激を求めすぎた結果、拳銃を突きつけられるという壮絶な体験も…。しかしそ...more
カテゴリー:

「鼻毛」に「肥満」…日本に存在するウソのような“レア名字”を一挙紹介『日本人のおなまえっ!』 - 05月12日(火)15:22 

古舘伊知郎が「名前」にまつわる驚きの物語を紹介していく番組『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』(NHK総合、毎週木曜19:57~)。5月14日は、「おなまえ検定!レア名字SP」と題して放送。レギュラーの澤部佑(ハライチ)、宮崎美子、森岡浩に加え、ゲストとして、斎藤司(トレンディエンジェル)、銀シャリ、光浦靖子、蛭子能収が出演する。「鼻毛」「肥満」「菓子」「鬼」など、日本にはウソのような“レア名字”が実在。そこで、そんなレア名字の数々を難易度別クイズ「おなまえ検定」として一挙大公開する。とんち系レア名字「月見里」や日付のような名字「四月一日」が登場。また、お仕事由来のレア名字「菊」は、花屋ではなく別の業種で使われているそうで……。歴史スターが与えたレア名字にも注目。徳川家康は「小粥」、豊臣秀吉は「鬼」、高杉晋作は「無敵」と命名したものとは? また、多くのレア名字の生みの親、源頼朝は名字を与えて生き延びたというエピソードも紹介する。さらに、超難読「毒島」は“最強の癒やし系ネーム”という事実も明らかになる。 関連リンク 往復7時間半かけて出勤…元通産省の男性がバブルを回顧「ヒーローみたいな気分でした」 EXITりんたろー。夜景が見えるタワマンに引っ越し!?自宅を公...more
カテゴリー:

人気格闘家・朝倉未来、過去のヤンチャを猛省。「大切な人を泣かせ…」「少年院で立ち止まれた」 - 05月08日(金)16:14 

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”が自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。5月4日(月)に放送された同番組では、格闘技界のスター、朝倉未来(あさくら・みくる)が登壇。「自由を履き違えていた…」と過去のヤンチャを猛省し、しくじりから学んだ人生の教訓を力説した。©テレビ朝日現在27歳の朝倉未来は、格闘団体『THE OUTSIDER』史上初の2階級王者であり、2018年からは『RIZIN』にも参戦し無敗記録更新中。最近ではYouTuberとしても人気を集めている。しかし、朝倉はかつて、地元・愛知で“路上の伝説”の異名を誇る“ヤンキー”だった。子供の頃から自らのことを「最強」と信じて生きてきた朝倉。つねづね「先輩だからってなんで敬語を使わなくちゃいけないの?」という生意気な疑問を抱いており、中学に入ってすぐ不良の先輩に呼び出されるも、返り討ちにしたという。それをきっかけに次々とケンカの誘いが舞い込むようになり、1対10での対決を申し込まれたことも。その後も“リベンジ無限ループ”なる現象が起き、2週間に1回はケンカに明け暮れていたと当時を振り返った。挙句の果て、50人の暴走族に囲まれ、大乱闘の末に失明寸前の大ケガを負ってしまったことも激白。この壮絶体験から朝倉は、「漫画の“ボコボコにされても人は簡単に...more
カテゴリー:

乃木坂46・中田花奈、メンバーとオンライン飲み「.. - 05月04日(月)19:16 

乃木坂46・中田花奈、メンバーとオンライン飲み「10時間半やったことある」(写真 全2枚) #銀シャリ #鰻和弘 #橋本直 #中田花奈 #乃木坂46 #高田里穂 #nogizaka46 #おうち時間 #StayHome @nogizaka46
カテゴリー:

「銀シャリ」の画像

もっと見る

「銀シャリ」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

こんなの見てる