「鈴木英敬」とは?

関連ニュース

三重とこわか国体・三重とこわか大会開催600日前イベントを実施します! - 02月06日(木)10:22 

2020年2月6日 三重県 三重とこわか国体・三重とこわか大会開催600日前イベントを実施します! 三重県(知事:鈴木英敬)は、東京2020オリンピックまで150日を迎え、開催機運の盛り上がり、スポーツへの関心の高まりを見せる首都圏において、三重のスポーツの魅力を発信することで、三重県ファンの獲得につなげるとともに、2021年に開催する三重とこわか国体(第76回国民体育大会)・三重とこわか大会(第21回全国障害者スポーツ大会)の機運醸成につなげるため、『三重とこわか国体・三重とこわか大会開催600日前イベント』を東京・日本橋の三重県アンテナショップ「三重テラス」において実施します。 イベントでは、アテネオリンピック銀メダリスト(アーチェリー)の山本博さんと三重県知事が三重のスポーツの魅力などについてトークするとともに、三重とこわか大会で初めて正式競技となる「ボッチャ」や三重ならではの競技「手裏剣打スポーツ」の競技体験を実施します。 1 開催日  令和2年2月24日(月・祝)11:00~16:00 2 会場  三重テラス 2階イベントスペース(東京都中央区日本橋室町2-4-1 YUITO ANNEX) 3 実施内容 ・13時から14時まで   山本博さんと知事によるトークショー(事前申込制 先着60名)   テーマ:「スポーツの力で三重を元気に!」 ・11...more
カテゴリー:

【新型肺炎】三重・外国籍の50代男性患者、津高速船を利用 県民からの問い合わせが相次ぎ、県が行動歴を公表 - 02月05日(水)12:02  newsplus

三重県は4日、県内で初めて新型コロナウイルスの感染が確認された外国籍の50代男性患者について、行動歴を発表した。中部国際空港(愛知県常滑市)や高速船を利用して先月13日に中国湖北省武漢市から県内に帰宅していた。県は「風評被害を招く恐れがある」などとして行動歴を公表していなかったが、県民からの問い合わせが相次いだことなどを受けて「独自の判断」で公表を決めた。  県によると、男性は昨年12月24日から今年1月13日まで、帰省先の武漢市に滞在していた。同日は中部国際空港から定期船で津市の船着き場に移動した後、...
»続きを読む
カテゴリー:

志摩市サミット、活性化に期待 来年の開催地・三重 - 02月05日(水)16:58 

 日本と太平洋の島嶼(とうしょ)国・地域が環境問題などを話し合う「太平洋・島サミット」。来年の第9回サミットの開催地が三重県志摩市を中心とする伊勢志摩地方となることが決まり、鈴木英敬知事や竹内千尋・同市長ら関係者が誘致成功を喜んだ。
カテゴリー:

新たに3人・・・、国内感染14人に - 01月31日(金)05:51 

 厚生労働省は30日夜、国内でも感染が広がる新型コロナウイルスについて、国内で新たに3人の感染が確認されたと発表しました。これで国内では14人の感染が確認されたことになります。  新たに感染が確認されたのは、いずれも中国・武漢市に滞在歴がある男女3人です。このうち、東京都内で感染が確認されたのは、中国・長沙市に住むツアーコンダクターの女性です。  厚生労働省によりますと、今月20日に武漢市からの団体旅行の引率として来日し、24日から発熱とせきの症状が出始め、都内の医療機関を受診しました。その後も症状が治まらなかったため30日に入院し、ウイルスへの感染が確認されました。  武漢市からは25人のツアー客を引率しましたが、既に全員が帰国したということです。  「三重県内で新型コロナウイルスに関連した患者が発生が確認されたのは初めて」(三重県 鈴木英敬 知事)  三重県によりますと、患者は県内に住む50代の中国籍の男性で、先月24日から今月13日まで武漢市に帰省していました。  今月25日から発熱し、県内の医療機関を受診。一度は自宅療養となりましたが、39度の発熱があり、29日に再び医療機関を受診。新型コロナウイルスの検査で、30日に陽性の結果が出たということです。三重県で感染が確認されたのは初めてです。男性は快方に向かっていて、三重県は「国内感染が疑われるものではない」としています。  ...more
カテゴリー:

「鈴木英敬」の画像

もっと見る

「鈴木英敬」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる