「鈴木杏樹」とは?

関連ニュース

第3回「印刷と私」エッセイ・作文コンテスト受賞作品を 9/13(金)公式サイトで公開~小山薫堂最優秀賞ほか~ - 09月18日(水)14:00 

2019年9月18日 一般社団法人日本印刷産業連合会 グリーンプリンティング認定事務局 第3回「印刷と私」エッセイ・作文コンテスト受賞作品決定 小山薫堂最優秀賞発表 9/13(金)公式サイトで作品公開/表彰式 -小山薫堂氏と鈴木杏樹氏によるトークセッション開催- https://www.jfpi.or.jp/greenprinting/ 一般社団法人日本印刷産業連合会(東京都中央区、会長:金子眞吾、略称:「日印産連」) グリーンプリンティング認定事務局は、4月22日から7月10日まで募集した第3回「印刷と私」エッセイ・作文コンテストの選考結果を発表し、9月13日にホテルニューオータニ(東京・千代田区)で開催する印刷文化典記念式典において表彰式を行いました。受賞作品は、表彰式当日にグリーンプリンティング認定制度の公式サイトにおいて公開しました。 関連URL https://www.jfpi.or.jp/greenprinting/ 本コンテストは、「印刷」にまつわる心温まる思い出やエピソードを募集したもので、3回目の開催となります。グリーンプリンティングのPR大使でもある放送作家の小山薫堂氏を審査委員長に迎え、応募総数943作品から「印刷と私」コンテスト審査委員会において厳正な審査を行い、一般の部、小学生の部門ごとに受賞作品を決定しました。 受賞者ならびに表彰式の詳細...more
カテゴリー:

水谷豊、ソリ(反町隆史)と“裸のつきあい”!『相棒』撮影後「3日連続、2人で一緒に入ったんですよ(笑)」 - 09月03日(火)17:01 

2000年に土曜ワイド劇場の作品として放送して以来、果敢な挑戦を続けてきた国民的ドラマ『相棒』。テレビ朝日が開局60周年を迎える今年、同作はドラマ誕生20年目に突入。この2つの大きな節目にふさわしく、新シリーズのseason18は『相棒』ドラマシリーズ史上最大規模といっても過言ではない、圧倒的スケールで幕を開ける。©テレビ朝日初回スペシャルの舞台は、日本最北端に位置する架空の島“天礼島”。同作のため、スタッフとキャストは、北海道で10日間を超える大規模ロケを敢行。北海道のダイナミックな景観と最新鋭の映像技術を生かして圧巻の映像を収録し、かつてないスケールの作品が誕生した。今回、北海道ロケやドラマ誕生20年目をむかえる同作について、水谷豊と反町隆史がコメントを寄せた。©テレビ朝日◆水谷豊 コメント――初回スペシャルでは北海道ロケを敢行!壮大なスケールで展開しますが、手ごたえは?「『相棒』は我々自身も次にどんなことが起きるのか毎回、楽しみにしている作品なのですが、まさか『season18』が右京の行方不明からはじまるとは…! 初回スペシャルはとにかくとんでもないストーリーで、みなさんをものすごい世界に連れて行ってくれることと思います。しかも、そのストーリーとともに我々が大自然のなかに立っている…という状況が、『相棒』ならではだな、と感じますね。海辺の急な崖を降りて行って撮影したりと、訪...more
カテゴリー:

鈴木杏樹が志願、キャスト「どこの子?」 - 09月06日(金)08:00 

藤山直美の主演舞台『喜劇 道頓堀ものがたり』に出演する女優・鈴木杏樹が、自ら志願して関西弁の役柄に挑むことを会見で明かした。 鈴木が演じるのは、主人公・お徳(藤山直美)の夫の担当医師。役について標準語と関西弁のどちらが良 […]
カテゴリー:

「鈴木杏樹」の画像

もっと見る

「鈴木杏樹」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる