「鈴木傾城」とは?

関連ニュース

ジョブスもエジソンも発達障害だった。親はASD児をどう育てるべきか? - 11月23日(月)17:00 

発達障害者は、日本社会では活躍できない邪魔者・お荷物なのでしょうか?実は、私の息子は発達障害(ASD)の診断を受けています。そして現在、5歳まで育ててきた経験から、発達障害はこれからの日本では武器になり、特定分野で一流になれる素質をもった存在であると考えています。(『午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門』午堂登紀雄) ※有料メルマガ『午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門』好評配信中!興味を持たれた方は、ぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。 プロフィール:午堂登紀雄(ごどう ときお) 米国公認会計士(CPA)。1971年生まれ、岡山県出身。中央大学経済学部 国際経済学科卒。株式会社エディビジョン代表取締役。一般社団法人 事業創造支援機構代表理事。 私の息子は発達障害(ASD)の診断を受けている 先日、妻が2人の息子を連れて遊びに行ったとき、居合わせた見知らぬ男性の若者が「アイツ、ブツブツ言って、発達障害じゃねーの?」とわざと聞こえるように言い放ったそうです。ことの顛末は妻のブログに記載されています。 そうなんです、私の長男(5歳)は発達障害なのです。 発達障害にはASD(自閉症スペクトラム、かつてのアスペルガー症候群)、ADHD(注意欠陥・多動性障害)、LD(学習障害、ディスレクシアとも呼ばれる)の3分類があるのですが、長男は3歳の時にASDという診断を受けています。 そ...more
カテゴリー:

『鬼滅の刃』商標を狙う中国。日本は無印良品の屈辱を再び味わうのか? - 11月23日(月)14:00 

先日、その劇場版が公開からわずか24日間で興行収入200億円を突破した『鬼滅の刃』。巷では様々なコラボ商品を見かけるなど、出版・映画業界にとどまらない社会現象クラスのブームとなっているが、中国ではそんな“鬼滅人気”にあやかるべく、無関係の企業が『鬼滅の刃』の商標登録を狙っていると一部メディアが報道し、波紋を呼んでいる。 記事によると、中国で商標権を管轄している国家知識産権局商標局のサイトで『鬼滅の刃』を検索すると、すでに20以上の中国企業によって商標申請が行われているとのこと。その業種は教育、広告、家具、アパレル、飲食、日用品など多岐にわたり、いずれも目下許可待ちの状態になっているという。 商標登録の申請数が膨大すぎる中国 中国国内における商標登録に関する最近の状況をみてみると、近年オンラインによる申請が広く普及し、登録にかかる費用も安価になったこともあり、商標登録の出願がかなり増えているようで、2019年の出願件数はなんと783.7万件にのぼるという。 ちなみに同年の日本での出願件数は19.1万件。中国と日本では人口に大きな差はあるものの、そうだとしても相当に多い数となっており、中国国内における商標への注目度の高さが窺える。 このように商標登録の申請が増えている中国だが、そのため申請が滞っているのかと思いきや、逆に登録までの所要期間は、近年大幅に短縮されているという。 11月8日...more
カテゴリー:

「鈴木傾城」の画像

もっと見る

「鈴木傾城」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる