「金閣寺」とは?

関連ニュース

日本人「ノートルダム大聖堂の件は金閣寺が焼失するようなもん」 - 04月16日(火)12:26  livejupiter

築60年如きがイキってて恥ずかしいわ… ...
»続きを読む
カテゴリー:

燃えるノートルダム大聖堂を見た日本人の反応「『金閣寺』思い出す」 - 04月16日(火)10:42 

16日未明(現地時間15日夕)、フランス・パリにあるユネスコ世界遺産のノートルダム大聖堂で大規模火災が発生。この火災を受けてマクロン大統領は「明日より世界中から寄付を募る」と発言した件は先ほどお伝えした通り。しかし、日本のTwitter上には、トレンドワードとして「ノートルダム寺院」「ノートルダム大聖堂「ノートルダム火災」に混じって、「金閣寺」というワードが上位にランクインし、話題となっています。 関連記事 ● 仏ノートルダム寺院で大規模火災。マクロン氏「寄付募る」に賛否 昭和25(1950)年7月2日未明に起きた鹿苑寺(金閣寺)の「金閣寺放火事件」をモチーフにした、三島由紀夫の代表作『金閣寺』。作品中の火をつけた僧侶による「いつかきっとお前を支配してやる」というセリフは有名ですが、今回の仏ノートルダム大聖堂の火災をテレビやネットなどで見た日本人が、この『金閣寺」が燃えるシーンを思い出した人が多かったようで、Twitterのトレンドワードには、「金閣寺」というワードが上位にランクインしました。 金閣寺放火事件で焼失した1950年の金閣寺。image by: 不明 [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由で 「世界遺産が燃えたというのに不謹慎だ」という声もある一方で、日本人の中には「伝統を象徴する建造物が燃える姿=金閣寺」という連想が結びつき、多くのツイート投...more
カテゴリー:

生誕90年・没22年! 作曲家 黛敏郎のバレエ音楽「ザ・カブキ」より「討ち入りの場」を公開。 - 04月10日(水)09:00 

スリーシェルズは、作曲家の黛敏郎の没22年を記念して、オーケストラ・トリプティークによる演奏動画を4月10日に公開しました。5月には記念コンサートも開催されます。生誕90年・没22年! 黛敏郎のバレエ音楽「ザ・カブキ」より「討ち入りの場」を公開。黛敏郎(まゆずみ・としろう/1929-1997)は2019年で、生誕90年、没22年を迎えます。本日、4月10日が没22年の命日となります(1997年4月10日命日)。スリーシェルズは、黛敏郎の生誕90年、没22年を記念して、オーケストラ・トリプティークの演奏動画より、 黛敏郎のバレエ音楽「ザ・カブキ」より「討ち入りの場」を公開しました。黛敏郎(まゆずみ・としろう/1929-1997)はTV番組「題名のない音楽会」の司会者、映画「東京オリンピック」や「天地創造」の音楽作曲者、音響の探求者としてのオーケストラ作品の数々が知られています。斬新な発想とダイナミックなサウンドは、世界で評価され、数々の芸術家に影響を与えました。三島由紀夫とはオペラや電子音楽を作り、安部公房とはミュージカルを、モーリス・ベジャールとはバレエを作りました。岡本太郎とは、大阪万博の太陽の塔、谷川俊太郎とは、ミュージカル映画を作っています。黛とのコラボレーションから生まれた傑作は少なくありません。数多くの映画音楽だけでなく野球やプロレスのテーマ音楽として使われた「スポーツ行...more
カテゴリー:

「金閣寺」の画像

もっと見る

「金閣寺」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる