「金貨」とは?

関連ニュース

東京五輪記念の金貨に「流鏑馬」 財務省、第1次発行5種類のデザイン発表 - 02月24日(土)06:08 

財務省は23日、2020年の東京五輪・パラリンピックを記念した貨幣の第1次発行分として、1万円金貨など5種類のデザインを発表した。11月ごろの第1次発送を皮切り…
カテゴリー:

【記念硬貨】「1万円金貨」デザインはやぶさめ 東京五輪・パラ記念貨幣 - 02月23日(金)17:39  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180223/k10011339981000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_043 2月23日 12時13分 政府は、2020年に開かれる東京オリンピック・パラリンピックの記念貨幣の第1弾として、ことし11月に発行する予定の5種類の貨幣のデザインを発表しました。 政府は、東京オリンピック・パラリンピックの大会直前までに4回に分けておよそ30種類の記念貨幣を発行することにしていて、第1弾として、ことし11月に発行する予定の5種類の貨幣のデザインが発表されました。 額面1万円の金貨...
»続きを読む
カテゴリー:

財務省「東京五輪の記念貨幣発行します。一万円金貨は流鏑馬だよ~」 - 02月23日(金)11:16  news

平成30年2月23日 財務省 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣 (第一次発行分)を発行します 財務省は、2020年に開催される東京オリンピック競技大会及び東京パラリンピック競技大会を記念する貨幣を、今後大会開催直前までに、4回に分けて30種類程度を発行することとしており、 その第一次発行分の一万円プレミアム型金貨幣(1種類)、千円プレミアム型銀貨幣(2種類)及び百円クラッド貨幣(2種類)の図柄を以下のとおり決定し、別紙(PDF:140KB)PDFの要領で発行することとしました。 http://www.mof.g...
»続きを読む
カテゴリー:

金貨、流鏑馬に「心技体」 東京五輪記念で発行 - 02月23日(金)10:34 

財務省は23日、平成32年の東京五輪・パラリンピックを記念した貨幣の第1次発行分として、1万円金貨など5種類の図柄を発表した。大会開催直前まで4回に分けて計30…
カテゴリー:

東京五輪:記念金貨 流鏑馬に「心技体」の文字あしらう - 02月23日(金)18:22 

 財務省は23日、2020年の東京五輪・パラリンピックを記念した貨幣の第1次発行分として、1万円金貨など5種類の図柄を発表した。大会開催直前まで4回に分けて計30種類程度を発行する予定。五輪の金貨には流鏑馬の絵柄の横に「心技体」の文字をあしらった。
カテゴリー:

「1万円金貨」デザインはやぶさめ 東京五輪・パラ記念貨幣 - 02月23日(金)12:13 

政府は、2020年に開かれる東京オリンピック・パラリンピックの記念貨幣の第1弾として、ことし11月に発行する予定の5種類の貨幣のデザインを発表しました。
カテゴリー:

東京五輪の記念貨幣、デザイン発表 1万円金貨幣は「流鏑馬」 - 02月23日(金)11:05 

2020年東京五輪・パラリンピック開催を記念する貨幣のデザインが決定。1万円金貨幣には流鏑馬(やぶさめ)の絵柄をデザイン。
カテゴリー:

「金貨」の画像

もっと見る

「金貨」の動画

Wikipedia

金貨(きんか)とは、を素材として作られた貨幣銀貨銅貨とともに、古くから世界各地で流通した。

特徴・変遷

近代貨幣制度を確立したフローリン金貨 金本位制を確立したイギリス1817年銘のソブリン金貨

金は、

  • 美しい黄色の光沢を放ち、見栄えがいいこと
  • 希少性があり偽造が難しいこと
  • 柔らかく加工しやすいこと
  • 化学的に極めて安定しており、日常的な環境では錆びたり腐食したりしないこと などの理由で、古来、世界各地で貨幣の材料として使用されてきた。例えば古代ローマソリドゥス金貨などである。

ただし、純粋な金は、流通を前提とした硬貨として使用するには柔らかすぎるため、通常は、などの他の金属との合金が用いられる。古代社会においては、エレクトラムと言われる、金、銀、白金などの自然合金が用いられた。近代社会...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる