「金融緩和」とは?

関連ニュース

とにかく簡単に投資を始めたいという人は必見!販売所形式でビットコインに投資できる仮想通貨取引所ランキング! - 07月06日(月)11:32 

世界的な金融緩和で大量の資金が出回る中、インフレリスクを警戒する声が高まっています。ビットコインは発行量が2,100万BTCに制限されているため、金と同様にインフレに対するヘッジとみなされるケースも増えています。 ポートフォリオに仮想通貨(暗号資産)を取り入れる場合、積立投資がおすすめです。積立投資なら、購入時期についてあれこれ迷う時間をカットできますし、価格変動リスクを低減できるメリットもあります。特に、ビットコインは0.001BTC(約1,000円前後)から購入できるので、まとまったお金がなくても投資を始められます。 こうした仮想通貨の売買に不安を感じる方もいるかもしれません。そういった方に仮想通貨取引所は、直観的に利用しやすい「販売所」というサービスを備えています。今回は、簡単にビットコインを購入できる販売所サービスをランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてください。 目次 仮想通貨取引所の「販売所」サービス わかりやすいユーザーインターフェイスが特徴のCoincheck ポイントを使ってビットコイン投資ができるbitFlyer 貸暗号資産対応のGMOコイン 楽天スーパーポイントで投資できる楽天ウォレット まとめ 仮想通貨取引所の「販売所」サービス 基本的な知識として仮想通貨交換業者は、主に2種類の取引方法を提供していることを押さえておきましょう。 まず最初は「販売...more
カテゴリー:

勝ち続ける米国と没落する中国、ブレクジットで明暗分かれる英国とEU、 そして日本は3度目の大躍進を迎えた! 『アフターコロナ V字回復する世界経済 強気の投資が膨大な資産を生むチャンス到来』 - 07月03日(金)09:00 

株式会社ビジネス社(東京都新宿区 代表取締役:唐津隆)は、新刊書籍『アフターコロナ V字回復する世界経済強気の投資が膨大な資産を生むチャンス到来』を2020年6月9日に発売いたしました。ぜひ、貴メディアにてご紹介いただけますと幸いです。・アングロサクソン連合(米英)と組んだ日本は大発展・オンリーワン技術とグローバリゼーションで大転換する日本企業は強い・株式資本主義は終わらない・コロナショックは中国と欧州の沈没をもたらし、米国の圧勝で終わる・日本経済は明治維新以来、3度目の大チャンスとなった◆目次第1章 アフターコロナの世界経済第2章 勢いを増すスーパーパワー、米国経済第3章 弥縫策を続けざるを得ない欧州経済第4章 中国は経済成長の持続を維持できるのか第5章 一段と有利になる日本の立ち位置著者: 武者陵司株式会社武者リサーチ代表。ドイツ証券アドバイザー、ドイツ銀行東京支店アドバイザー。1949年9月長野県生まれ。横浜国立大学経済学部卒業後、73年大和証券株式会社に入社し、調査部配属、87年まで企業調査アナリストとして繊維、建設、不動産、自動車、電機・エレクトロニクスを担当。ニューヨーク駐在の大和総研アメリカでチーフアナリスト、大和総研企業調査第二部長を経て、1997年1月ドイツ証券入社し、調査部長兼チーフストラテジスト、2005年副会長兼チーフ・インベストメント・アドバイザーに就任。...more
カテゴリー:

ビットコインと金は足場固めの段階、アナリストが2020年以降の上昇に強気と評価 - 06月30日(火)17:59 

ブルームバーグ商品指数(BCOM)の2020年6月の商品市況レポートは、ビットコインと金を「今年最も発展するトップ候補」と位置付けた。他の金融商品と比べて両方の資産価格が2020年に優れた結果を残すと強気の見解を示している。 「Commodity Outlook」の6月号でブルームバーグは、相場変動の激しい2020年の金融市場において、ビットコインと金の上昇率が優れた結果を示している事を高評価している。新型コロナウイルスのパンデミックによって拍車がかかった可能性があるが、この傾向はしばらく持続するとブルームバーグは推測している。 レポートによると、現在のビットコインと金はさらなる価値上昇に向けて足場を固めている。金は1オンス=1,700ドル台を維持することで次の上昇相場に向けた基礎となる。ビットコインは3月12日に45%暴落するも急回復を遂げ、9,000~10,000米ドルの価格帯で安定しつつある。ブルームバーグは、投資家がこの水準で蓄積していると分析している。 アナリストはまた、ビットコインを「休息中の強気(Resting bull)」と称し、ネットワークの根本の信頼を損なわない限り上昇し続けると結論付けた。「株式市場が回復すれば、ビットコインと金は浮力を得ることになる」という。 ブルームバーグ・インテリジェンスのシニア商品ストラテジストのマイク・マクグローン氏は自身のツイッター...more
カテゴリー:

【個人】「現金・預金」1000兆円に…年度末として最高 日本銀行発表 - 06月26日(金)12:19  newsplus

日本銀行が25日発表した2020年1~3月期の資金循環統計(速報)によると、 3月末時点で個人(家計部門)が保有する「現金・預金」は前年比2・1%増の1000兆円と、年度末として最高だった。 一方、個人の金融資産残高の合計は前年比0・5%減の1845兆円だった。 年度末としてはリーマン・ショック直後の08年度末以来、11年ぶりの減少となった。 新型コロナウイルスの影響で株価が下落し、株式などの金融資産の評価額が下がった。  個人の現金・預金保有額は、過去最高となった19年12月末時点(10...
»続きを読む
カテゴリー:

😭「MMTで無税国家!努力は要らない!国債発行しまくれ!ハイパーインフレなんて増税すれば治る!」 これ弱者騙す宗教だろ - 06月26日(金)10:32  poverty

政府が財政再建を放棄し、日銀がその国債を買い支える財政ファイナンスは、危険な賭けだ。 さすがに黒田総裁は危険を感じているようだが、原田氏は「日銀は政府の一部だから政府はいくら国債を発行しても大丈夫だ」という。 彼の論理によれば、政府の負債は日銀の資産と相殺されるので、税金を廃止してすべて国債で調達すれば、無税国家ができる。  これなら財政再建目標も必要ないが、問題はそんなフリー・ランチがあるのかということだ。 日銀が国債を無限に買い続けると、どこかで国債が暴落して金利が上昇する。 そのとき「...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】森永卓郎 「MMTが批判される理由は、山本太郎のような胡散臭い政治家が主張しているから」 - 07月03日(金)22:17  poverty

金融緩和を継続できる余地はまだまだ大きい 第2次安倍政権発足以降、日銀は368兆円も国債保有を増やした。それによって、確かに深刻なデフレからの脱却には成功したが、いまだに物価上昇率は1%未満であり、目標の2%に遠く及んでいない。 国債に至っては、マイナス金利に陥っている。つまり、財政赤字を増やして、それを日銀が買い取る金融緩和を継続できる余地は、まだまだ大きいということになる。 しかし、MMTに関しては、評論家たちだけでなく、安倍総理や日銀の黒田総裁も、否定的だ。もしかすると、MMTが世間になかなか受...
»続きを読む
カテゴリー:

【天野秀夫 中小型厳選株】ピー・ビーシステムズの第4位大株主「ユニリタ」で高配当利回り 物色テーマとなり始めた「DX関連銘柄」 - 07月02日(木)06:30 

 新型コロナウイルス感染第2波による経済停滞の懸念と世界的な金融緩和による需給面での追い風が対立して、株式マーケットは先行き不透明感が漂っています。
カテゴリー:

日米の株価「実体経済とかい離してね?😲」IMFが警鐘鳴らす 新型コロナ - 06月26日(金)19:58  poverty

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200626/k10012484661000.html IMF=国際通貨基金は、25日発表した金融市場の動向に関する報告書の中で、日米など主要な国の株価の動きについて 「実体経済とかい離している」と指摘し、新型コロナウイルスの感染の再拡大などによって再び急落するおそれもあると警鐘を鳴らしました。 報告書の中でIMFは、値上がり基調が続いている各国の株価の動きについて 「景気の先行きに大きな不確実性がある中で株式市場と実体経済にかい離が生じている」と指摘し、 とりわけアメリカと日本の株価が「...
»続きを読む
カテゴリー:

【元トレーダーが解説!】仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析 - 06月26日(金)10:57 

証券会社を経て、仮想通貨(暗号資産)取引所でトレーディング業務に従事した後、現在は独立して仮想通貨取引プラットフォームのアドバイザリーや、コンテンツ提供事業を運営する中島翔氏のコラムを公開します。 目次 仮想通貨FXでファンダメンタルズ分析を行う前にチェックすること コロナショック後に高まった株価との相関性について 経済環境や政策を理解してからビットコイン価格を分析する 仮想通貨市場の中で見るべき3つのポイント 4-1. 半減期 4-2. オプションSQ 4-3. 仮想通貨の規制関連ニュース 金融市場のファンダメンタルズ分析に対応していく 仮想通貨(暗号資産)のマーケットでは取引参加者が個人投資家から機関投資家まで幅広く増えてきました。その動きの中で暗号資産のマーケットが単独で動いていた時代から現在は伝統的なアセットクラスの資産に関係しながら動いている場面が増えています。 仮想通貨FXを行う上では短期売買から数週間から長くても1ヶ月程度の売買を行うことになる投資家が多いかと思いますが、ここでは仮想通貨FXを行う上でトレーダー目線から大事な点を解説したいと思います。 短期売買だからといってニュースから相場を考える必要はないというわけではありませんので、そこを留意して読み進めてください。 ①仮想通貨FXでファンダメンタルズ分析を行う前にチェックすること 仮想通貨FXのファンダメンタ...more
カテゴリー:

7中銀の資産が640兆円超拡大 IMFが各国の政策における新型コロナ対応を評価 - 06月26日(金)08:20 

 国際通貨基金(IMF)は25日、最新の世界金融安定報告を公表した。新型コロナウイルス感染症による景気後退への対応で、国債や社債などを買い入れるなどして市中に資金を供給する金融緩和を進めた日欧米など先進国の7つの中央銀行で、資産規模が計6兆ドル(約640兆円)超拡大したと分析した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「金融緩和」の画像

もっと見る

「金融緩和」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる