「金融商品」とは?

関連ニュース

【NISA口座】みんなが買っている人気の銘柄は? 2018年2/12~2/16までにSBI証券で買われた 国内株式買付金額ランキングを大公開! - NISAで人気の株・投資信託ランキング - 02月19日(月)15:00 

【NISA口座】2018年2/12~2/16までにSBI証券で買付された銘柄は?NISA口座を開設後、次に考えるべきことが「どのような銘柄、金融商品(投資信託など)を買ったらよいのか」ということ。各ネット証券では、個人投資家がNISA口座でどのような銘柄や投資信託を買っているかをランキングで発表している。ここではSBI証券が発表している株式と投資信託の買付金額と保有残高のランキングをご紹介しよう!(毎週更新) 
カテゴリー:

【NISA口座】みんなが買っている人気の銘柄は? 2018年2/5~2/9までにSBI証券で買われた 国内株式買付金額ランキングを大公開! - NISAで人気の株・投資信託ランキング - 02月13日(火)15:10 

【NISA口座】2018年2/5~2/9までにSBI証券で買付された銘柄は?NISA口座を開設後、次に考えるべきことが「どのような銘柄、金融商品(投資信託など)を買ったらよいのか」ということ。各ネット証券では、個人投資家がNISA口座でどのような銘柄や投資信託を買っているかをランキングで発表している。ここではSBI証券が発表している株式と投資信託の買付金額と保有残高のランキングをご紹介しよう!(毎週更新) 
カテゴリー:

【速報】 コインチェック流出の仮想通貨、“ダーク(闇)・ウェブ”で他の仮想通貨と交換か - 02月11日(日)11:22  news

流出ネム交換で聴取 警視庁 日本人、闇ウェブ利用 仮想通貨交換業者コインチェックから約五百八十億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した問題で、 日本人男性が、流出したネムの一部を匿名性の高い「ダーク(闇)ウェブ」のサイトを介して、他の仮想通貨と 交換していたことが十日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁サイバー犯罪対策課は九日までに 国内で男性を任意で事情聴取。ネムは、コインチェックから流出したものと認識していたという。 捜査関係者によると、この男性は少額のネムを仮想通貨「ライトコイ...
»続きを読む
カテゴリー:

5万円以下も……株主優待デビューにもってこい「厳選9企業」 - 02月10日(土)16:00 

「株主優待に目覚めたきっかけは、息子がプラレール好きだったことで、買ってみた『タカラトミー』。優待で商品が最大40%オフになるし、店舗では売っていないオリジナル商品がもらえるんです。子育てにはお金もかかりますが、優待券をうまく利用すれば、かなり節約できます」 そう語るのは、お金の相談パートナーを探せる女性向けの「FP Cafe」を運営するファイナンシャルプランナーの高山一恵さん。自身も優待歴10年と、その恩恵にあずかっているのだとか。 銀行の普通預金金利0.001%の時代。「お金をためたいのはヤマヤマだけど、コツコツ努力するのは、ちょっと苦手」――そんな人におすすめなのが、株主優待がある会社への少額投資。株主優待を実施している会社は1,300社以上('17年9月末)。前の年より61社増加しており、その優待内容も多種多様になってきている。 「今は“株主優待デビュー”がしやすくなっています。それまでは1,000株単位でしか買えなかったところを、100株単位で買えるようにした会社も多く、5万円以下で手軽に購入できる株主優待のある会社の株(以下・優待株)も増えています。さらに、株を長く持てば持つほど特典がある『長期保有優待制度』を導入する会社も。持っているだけで、優待内容がグレードアップするのでお得です」(高山さん・以下同) そんなに優待株があるなら、あれも...more
カテゴリー:

KDDI、資産運用事業に参入へ - 02月08日(木)19:59 

 通信大手KDDIは証券会社大手の大和証券グループ本社と組んで、投資信託など金融商品を取り扱う資産運用事業に参入すると発表しました。
カテゴリー:

1月のヘッジファンド相場は順調に推移 - 02月14日(水)11:20 

 ヘッジファンドをはじめ多くの金融商品の調査・情報提供を行うユーリカヘッジが、「ユーリカヘッジ・ヘッジファンド・インデックス」から、1月のヘッジファンドの運用成績を発表した。  1月のヘッジファンドインデックスは2.2%のプラス、過去3カ月のリターンは3.67%となる。2017年の成績は8.65%だった。  米MSCIが提供するMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスは1月に3.84%のプラスを記録している。  ヘッジファンドの戦略ごとの成績を見てみると、北アメリカに特化したものは1.76%プラス、中国は7.82%(2017年は29.63%)、日本は1.4%(2017年は13.12%)となっている。  戦略別では、好調なものでCTA(3.54%)、ロング・ショート(2.37%)、マクロ(2.36%)などがある。  ただし、関係者はこの状況を楽観してはいない。最近のダウ平均株価の上下などにより、戦略によっては2月は損失が生じる可能性についても、同社は言及している。  ユーリカヘッジはシンガポールに拠点を置き、登録ファンド数は2万本を超え、特にアジアのヘッジファンドの情報に強みを持つ。「ユーリカヘッジ・ヘッジファンド・インデックス」は業界のベンチマークとして活用されている。  みずほコーポレート銀行が同社の株式を取得し、子会社化している。 ■関連記事 ・富裕層の投資...more
カテゴリー:

【経済】貯金100万円の31歳が10年後、平均貯金額に追いつくには - 02月12日(月)02:43  bizplus

東京都に住んでいる会社員(独身)です。現在、年収約600万円で、毎月だいたい30万円ぐらいの支出があります。これまで預貯金をしてこなかったため、同世代と比較してあまりに少ないことに悩んでいます(100万円程度)。最近、10万円程度は貯蓄に回しているものの、投資はどこから始めればいいのか、また、どうすれば10年後に同世代平均と同じくらいの預貯金額になれるのか知りたいです。 (31歳 未婚 男性) 30代の平均貯金額は589万円、他方で貯金ゼロも多い 「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](平成29年)」によ...
»続きを読む
カテゴリー:

「NISA」から「つみたてNISA」への切り替え 気を付けたいポイント3つ - 02月11日(日)11:00 

 今年1月から始まった「つみたてNISA」。通常の「NISA(少額投資非課税制度)」は、非課税枠が1年間あたり120万円で原則5年間なのに対し、「つみたてNISA(積み立て型の少額投資非課税制度)」の場合は、非課税枠が1年間あたり40万円で20年間と、NISAよりつみたてNISAの方が長期間利用できる。そのため、現在NISAの口座を持っている人で、つみたてNISAに切り替えようと思っている人もいるかもしれない。今回は、NISAからつみたてNISAに切り替えるときに注意したい3つのポイントを紹介しよう。 「NISA」を簡単に説明できる? メリット・デメリットもまとめて紹介 【1】「つみたてNISA」は通常のNISAと併用ができない  NISAとつみたてNISAは併用ができず、1年ごとにどちらかひとつしか利用することができない。仮に、今年すでにNISA口座で新しく株や投資信託などを買ってしまった場合は、2018年分としてNISAを利用したことになるため、今年はつみたてNISAを利用できない。つみたてNISAへの切り替えを検討している人は、NISAで新たに購入することのないよう気を付けよう。 【2】取引している金融機関での切り替え手続きが必要  現在、NISA口座を持っている人がつみたてNISAに変更したい場合は、取引している金融機関で切り替えのための手続きが必要だ。切り替えの...more
カテゴリー:

ボラティリティ逆張り投資家、懲りずにETP再購入模索 - ロイター発 World&Business - 02月09日(金)00:00 

今週の株価急落で相場の安定に賭ける金融商品の価値が大きく損なわれた。これらの商品の投資家は痛手を受けたため、もう手を引くと考えるのが普通だが、実際には再び市場に戻ろうとしている。
カテゴリー:

VIX関連商品、米株急落の原因ではない=CBOE - 02月08日(木)12:01 

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 米CBOEグローバル・マーケッツのエド・ティリー最高経営責任者(CEO)は7日、今週5日の米国株急落について、ボラティリティー・インデックス(VIX指数)に連動する上場取引型金融商品(ETP)が原因ではないとの認識を示した。
カテゴリー:

もっと見る

「金融商品」の画像

もっと見る

「金融商品」の動画

Wikipedia

金融商品(きんゆうしょうひん、)とは、一般に、金融取引における商品を漠然と指す。専門用語としては、以下に述べるように特別な定義が置かれている。

会計用語としての金融商品 JGAAPにおける金融商品

日本の企業会計における用語としての金融商品は、金融資産金融負債およびデリバティブ取引に係る契約の総称であり企業会計審議会「金融商品に係る会計基準の設定に関する意見書」(1999年)2頁日本公認会計士協会・会計制度委員会報告第14号「金融商品会計に関する実務指針」第3項、複数種類の金融資産または金融負債が組み合わされているもの(複合金融商品)も含まれる企業会計基準委員会・企業会計基準第10号「金融商品に関する会計基準」(注1)。視点を変えて、一方の企業に金融資産を生じさせ他の企業に金融負債を生じさせる契約および一方の企業に持分の請求権を生じさせ他の企業にこれに対する義務を生じさせる契約(株式その他の出資証券に化体表章される契約である。)であるともされる。

そして、ここでいう金融資産とは、現金預金、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる