「金融取引」とは?

関連ニュース

「成長続けるメガトレンド」Business Insiderが暗号通貨の時価総額トップ10を紹介 - 01月24日(金)13:50 

グローバルトレンドを調査するBusiness Insider Intelligenceは昨年後半にリリースしたレポート「The Blockchain in Banking」の中で、暗号通貨を「成長し続けるメガトレンド」と位置づけた。時価総額上位10の暗号通貨の概要について1月17日、Business Insiderが伝えている。 暗号通貨は、中央集権的な組織による管理を排除して、個人間の送金を可能にする。しかし、価値の裏付けが不在であることを端を発する極端なボラティリティ、分散型プロトコルであるが故のマネーロンダリングのリスクといった問題も孕んでいる。こうした暗号通貨の特徴はこれまで、金融体制に対する脅威とみなされてきた。しかし、JPモルガンやフェイスブックを含むグローバル企業によるデジタル通貨の採用や検討によって、金融社会の日々の取引方法が変化しつつある。 こうした背景からか、メディアでも暗号通貨に関する言及は増えてきている。Business Insider Intelligenceの調査レポート「The Blockchain in Banking」は、主要な4銀行のブロックチェーン・イニシアティブの事例に基づいて、金融サービス業界に及ぼした影響を評価している。 ビットコイン(時価総額:1562億米ドル*1月17日時点)、イーサリアム(同175億米ドル)、XRP(98億米ドル)は...more
カテゴリー:

ファーウェイ副会長、引き渡し審理開始 - 01月21日(火)12:34 

 おととし、アメリカの要請でカナダ当局に逮捕された中国の通信機器大手・ファーウェイの副会長の身柄をアメリカへ引き渡すかどうかを決める審理が始まりました。  「孟晩舟被告の自宅前です。このように世界中から多くのメディアが集まっていて、今回の審理の注目度の高さがうかがえます」(記者)  ファーウェイの副会長・孟晩舟被告(47)は、おととし、カナダ当局に逮捕され、その後、アメリカ司法省にイランとの違法な金融取引に関わったとして詐欺などの罪で起訴されました。  孟被告は20日、バンクーバーの裁判所に出廷し、自身の身柄がアメリカに引き渡されるかどうかについての審理に臨みました。カナダでは、アメリカの起訴内容がカナダの法律でも罪にあたらない限り身柄の引き渡しは禁止されていて、弁護側は「カナダにはアメリカが起訴したようなイランへの経済制裁は存在しない」と主張しました。  ハイテク分野をめぐる米中の主導権争いが続く中、裁判所の判断に注目が集まります。(21日11:13)
カテゴリー:

11月の経常収支 1兆4368億円の黒字 - 01月14日(火)09:02 

財務省の発表によりますと、日本が海外との貿易や金融取引などでどれだけ稼いだかを示す去年11月の経常収支は、1兆4368億円の黒字でした。原油などの輸入額が減少したことから、黒字の額は前の年の同じ月に比べて6157億円増加しました。
カテゴリー:

EUの新マネロン規制が発効、仮想通貨取引所やウォレット企業も規制対象に【ニュース】 - 01月11日(土)16:27 

EUの第5次マネーロンダリグ指令(5AMLD)が1月10日に発効した。この規制は、マネーロンダリグとテロ資金供与を阻止するため、金融取引の透明性を高めることを目的としている。
カテゴリー:

【IT】Google Cloud、大容量長期アーカイブ向け「Archive」ストレージを提供開始。1テラバイトあたり1カ月約133円から - 01月10日(金)22:41  bizplus

Googleは大容量データの長期アーカイブ向けに「Archive」ストレージサービスの提供を開始しました。 Google Cloudはこれまで、バックアップ向けのストレージサービスとして、月一回程度の頻度でアクセスされるデータ向けの「Nearline」、四半期に一度かそれ以下の頻度でアクセスされるデータ向けの「Coldline」の2種類を提供してきました。 今回発表された「Archive」はそれ以上の大容量長期向けのストレージ。これまでテープに記録されていたような用途を代替できると説明されています。 かかる費用は1ギガバイトあたり1カ月0.001...
»続きを読む
カテゴリー:

スマートロックをサブスクで提供するビットキーが39億円超の資金調達、ID連携・認証などの基盤も整備 - 01月23日(木)11:00 

通販サイトで注文した商品が、今日配送できると通知が来た。あなたは配送業者に、配達時間帯の一度きりのオートロック解除の許可を送り、自宅マンションの玄関ドア前まで届けてもらうよう指定する。今夜は楽しみにしていた人気アーティストのコンサートがあり、帰宅は遅くなる予定だからだ。 終業時間になり、オフィスを出る。ライブ会場はオフィスから地下鉄で数駅。駅のゲートは最近、顔認証に対応したので、ゲートを通るだけで運賃が自動的に電子マネーで精算されるようになった。あなたは会場の最寄り駅で降り、コンビニエンスストアに立ち寄る。少し喉が渇いたので、商品の水を棚から取り、店を出た。万引きしたわけじゃない。ここでも精算は顔パスになっているのだ。 コンサートチケットを顔認証とひも付けておいたので、ライブ会場への入場もゲートを通るだけ。スマートフォンの電子チケットを確認して席に着く。と、スマホから軽いアラート音が響く。どうやら1列ズレた席に座ってしまったようだ……。 ——こんな感じの未来を、デジタルID連携・認証と権利処理のプラットフォームで実現しようとしているスタートアップがある。独自の「鍵」テクノロジーを開発するビットキーだ。 写真左からビットキー代表取締役CEOの江尻祐樹氏、代表取締役COOの福澤匡規氏 スマートロックにちょっと詳しいTechCrunchの読者なら、ビットキーは初期...more
カテゴリー:

金融庁、仮想通貨に係る改正案を公表 レバレッジ上限は2倍に【フィスコ・ビットコインニュース】 - 最新株式ニュース - 01月15日(水)17:01 

金融庁は14日、資金決済法の改正に係る政令や内閣府令案などの改正案を公表した。この改正案は、2019年5月31日に成立した「情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律」の施行に伴い、関係政令・内閣府令等の規定の整備を行うものであるとしており、主に「暗号資産(仮想通貨)交換業に係る制度整備」、「仮想通貨を用いたデリバティブ取引や資金調達取引に関
カテゴリー:

【クラウドWatch】金融取引、AIで不正対策支援 - 01月13日(月)05:00 

 NECは人工知能(AI)技術を活用し、証券・銀行・保険などの金融取引における、リスク・不正対策業務の支援ソリューションを順次販売する。昨年末に第1弾として、証券業界向けに不公正取引の審査業務を支援するクラウドサービス「NEC AI売買審査支援サービス」の提供を開始した。
カテゴリー:

ぶっちゃけ高卒でも良くね? - 01月11日(土)14:58  news4vip

高校卒業までにプログラミングとか金融取引とかを猛烈に訓練した方が 大学行くよりも金稼げるよな? ...
»続きを読む
カテゴリー:

中東情勢緊迫、新年最初の金融取引に影:識者はこうみる - 01月06日(月)12:00 

2020年最初の株取引が行われた金融市場は、中東情勢への懸念などから日経平均が大幅に下落して始まるなど、波乱含みの幕開けとなった。市場関係者の見方は以下の通り。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「金融取引」の画像

もっと見る

「金融取引」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる