「野口五郎」とは?

関連ニュース

【テレビ/芸能】山口百恵ら大スターを多数輩出した70年代オーディション番組 - 08月09日(日)10:41  mnewsplus

現在、日本の音楽業界で大きな話題となっているのが、オーディション番組『Nizi Project』から誕生したK-POPグループ「NiziU」だ。デビューに向けてレッスンを重ね、厳しいサバイバルを繰り返していく少女たちに、多くの視聴者が感情移入していった。 人々を魅了するオーディション番組だが、その人気の源流は1970年代にあるという。 ◆すべては伝説の番組『スター誕生!』から始まった  1970年に視聴者参加型番組として始まり、人気を博していたのは、読売テレビ制作の『全日本歌謡選手権』(1970~1976年、日本テレビ系)だった。...
»続きを読む
カテゴリー:

【ドラマ】中谷美紀✕渡部篤郎共演 ドラマ『ケイゾク』がBS-TBSで8月10日より放送スタート - 08月03日(月)18:02  mnewsplus

http://amass.jp/137518/ 2020/08/03 中谷美紀✕渡部篤郎共演。1999年に放送された刑事ドラマ『ケイゾク』がBS-TBSで放送決定。8月10日(月)放送スタート。以降、月曜~金曜 午後5:00~6:00放送。人気ドラマ「SPECシリーズ」につながる刑事ドラマ ■『ケイゾク』 2020/8/10(月)スタート 月曜~金曜 午後5:00~6:00 ◆キャスト 中谷美紀、渡部篤郎、鈴木紗理奈、長江英和、徳井優、矢島健一、有福正志、高木将大、西尾まり、野口五郎、竜雷太 ほか ◆スタッフ プロデューサー : 植田博樹 ディレクター・監督 : 堤幸彦...
»続きを読む
カテゴリー:

大竹しのぶ、“恥ずかしい勘違い”を告白!仰天発言に黒柳もビックリ - 07月29日(水)16:50 

1976年にはじまり、今年で放送45年目に突入した『徹子の部屋』。7月30日(木)放送の同番組では、これまで延べ1万2000人以上のゲストと黒柳とのトークのなかから、特別企画として豪華な顔ぶれによる傑作選をお届けする。今回は、今年開催予定の第15回『徹子の部屋コンサート』に出演する豪華な面々による、若かりし日のトークをプレイバック。“元祖天然女優”(!?)大竹しのぶは、最近まで知らなかった“恥ずかしい勘違い”を告白。「タクシーはタクシーという車種だと思っていた」「新幹線には“こだま”と“ひかり”があるって知っていた?」などの仰天発言に、黒柳もビックリ。野口五郎はカラオケで歌ったときのまさかの点数を明かす。さらに、舞台に出演した際、大勢のファンの前で恥ずかしい失態を演じてしまったという。南こうせつは、「飛行機に乗るのが苦手」「黒柳さん出演の音楽番組での大失敗」など若き日のエピソードを連発。そして住職である父のハチャメチャな行動についても語る。※番組情報:『徹子の部屋』2020年7月30日(木)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系24局 関連リンク 杉村太蔵、突然の呼び出しに「出馬要請では」とドキドキ…小泉元総理の一言に衝撃 真瀬樹里、母・野際陽子さんとの思い出。遺され...more
カテゴリー:

中谷美紀×渡部篤郎共演、迷宮入り事件を追う刑事たちの姿を描いた連続ドラマがスタート - 08月03日(月)23:31  poverty

http://amass.jp/137518/ 2020/08/03 中谷美紀✕渡部篤郎共演。1999年に放送された刑事ドラマ『ケイゾク』がBS-TBSで放送決定。8月10日(月)放送スタート。 以降、月曜~金曜 午後5:00~6:00放送。人気ドラマ「SPECシリーズ」につながる刑事ドラマ ■『ケイゾク』 2020/8/10(月)スタート 月曜~金曜 午後5:00~6:00 ◆キャスト 中谷美紀、渡部篤郎、鈴木紗理奈、長江英和、徳井優、矢島健一、有福正志、高木将大、西尾まり、野口五郎、竜雷太 ほか ◆スタッフ プロデューサー : 植田博樹 ディレクター・監督 : 堤幸...
»続きを読む
カテゴリー:

加納竜、『愛と誠』で印象に残るワンシーン。本番で「本当に殴っちゃったんですよね」 - 07月31日(金)21:41 

1975年にアイドル歌手としてデビューし、映画『愛と誠・完結編』(1976年)の主人公・太賀誠役でイケメン俳優として注目を集めた加納竜さん。男性化粧品のCMやドラマ『刑事犬カール』(TBS系)、『鉄道公安官』(テレビ朝日系)、『西部警察』(テレビ朝日系)、ミュージカル『レ・ミゼラブル』など、映画、テレビ、舞台、CMに多数出演。俳優活動のかたわら、大阪芸術大学短期大学部メディア・芸術学科の教授として後進の育成にも尽力。2015年には32歳年下の奥様と再婚。3歳と生後8か月の子どものパパでもある加納竜さんにインタビュー。(C)『西部警察』◆デビューのきっかけは「家族そろって歌合戦」広島県で生まれ育ち、「広島東洋カープ」のファンだという加納さんは、もともとはアナウンサー志望。巨人戦で勝利する「広島東洋カープ」のことを伝えるのが夢だったという。「小さい頃は、親にもほとんどしゃべらずに欲しい物を指でさすような子どもだったので、しゃべれないんじゃないかと思われるほどしゃべらない子どもだったんです」-それはシャイ(内気)だったということですか?-「シャイなんでしょうかね。子どもの頃の記憶はあまりないんだけど、ただ、食べたいものがあると、手でさしていたことだけは覚えているんですよ。手でそれをさして、そのあと口に手を持ってくる。全部ジェスチャーでやっていたくらいしゃべらない子が、なんで人前に出るんだ...more
カテゴリー:

【書評】「飛鳥」と書いてなぜアスカ?知っておきたい地名の話 - 07月28日(火)17:51 

日本全国津々浦々に数多存在する難読地名。一度は「どうやったって読めない」という地名に遭遇した経験、あるのではないでしょうか。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』で編集長の柴田忠男さんが取り上げているのは、そんな地名のうんちく満載の一冊。都道府県名のルーツや地名のミステリーなどなど、知的好奇心が刺激されること間違い無しの良書です。 偏屈BOOK案内:北嶋廣敏『日本人として知っておきたい地名の話』 『日本人として知っておきたい地名の話』 北嶋廣敏 著/毎日新聞社 地名について、その由来を中心に記した本、300ページ超。学生時代は自転車部を専攻し、社会学も学んできた。本州、四国、九州のあちこちを走ったが、北海道だけは行けなかった。合宿直前に運送アルバイトで足を負傷したからだ。今はなき武揚堂の美しい道路地図を愛用して、いつも一人で走っていた。この本にそれら懐かしい地名がいくつも出て来た。もう風景など忘れてしまったが。 第1章は47都道府県名のルーツ、第2章は難読地名のヒットパレード、第3章はびっくりユニークな地名たち、第4章は地名のうんちく風土記、第5章は地名のミステリー、第6章は地名の謎学なるほど講座。この分野を好きでなかったら、どうでもいいような情報ばかりだが、好きなんだからたまりません。じっさい自転車で訪れたところもあって、そうだったのか~と今さら納得し...more
カテゴリー:

「野口五郎」の画像

もっと見る

「野口五郎」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる