「重要イベント」とは?

関連ニュース

後場に注目すべき3つのポイント~重要イベント控え過度な上値追いには注意 - 最新株式ニュース - 12月12日(木)12:45 

12日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。・日経平均は3日ぶり反発、重要イベント控え過度な上値追いには注意・ドル・円は底堅い、国内勢は押し目買い・値上がり寄与トップは東エレク<8035>、同2位はアドバンテスト<6857>■日経平均は3日ぶり反発、重要イベント控え過度な上値追いには注意日経平均は3日ぶり反発。51.21円高の23443.07円(出来高概算5億5317万株)で前場の取引
カテゴリー:

まずは、重要イベントの一つが通過 - 最新株式ニュース - 12月12日(木)08:48 

 12日の日本株市場は、米株高の流れを受けて買いが先行するも、その後はこれまで同様、こう着感の強い相場展開が続きそうである。11日の米国市場は、NYダウが29ドル高だった。 注目されていたFOMCでは、大方の予想通り政策金利が据え置かれた。経済活動の緩やかな拡大を理由に2020年中の政策金利据え置きを示唆したことから、先行き不透明感が払拭されたことが材料視されている。半導体株がけん引する格好での上
カテゴリー:

ドル・円は108円後半、重要イベント控え小動き―世.. - 12月11日(水)12:39 

ドル・円は108円後半、重要イベント控え小動き―世論調査でポンド下落
カテゴリー:

前場に注目すべき3つのポイント~重要イベント通過後のアク抜けを意識したスタンス - 最新株式ニュース - 12月11日(水)08:46 

11日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。■株式見通し:重要イベント通過後のアク抜けを意識したスタンス■前場の注目材料:トーホー、3Q営業利益22.0%減、物流費の上昇が影響■伊藤忠など、中国で知育・育児関連事業参入、香港に合弁■重要イベント通過後のアク抜けを意識したスタンス11日の日本株市場は、引き続きこう着感の強い相場展開になりそうだ。10日の米国市場は、NYダウが27ドル安と小幅
カテゴリー:

後場に注目すべき3つのポイント~重要イベント控え様子見姿勢、物色はIPO銘柄などに - 最新株式ニュース - 12月10日(火)12:43 

10日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。・日経平均は4日ぶり小幅反落、重要イベント控え様子見姿勢、物色はIPO銘柄などに・ドル・円は底堅い、中国のインフレを好感・値下がり寄与トップは東エレク<8035>、同2位はソフトバンクG<9984>■日経平均は4日ぶり小幅反落、重要イベント控え様子見姿勢、物色はIPO銘柄などに日経平均は4日ぶり小幅反落。2.03円安の23428.67円(出来
カテゴリー:

日経平均は3日ぶり反発、重要イベント控え過度な上値追いには注意 - 最新株式ニュース - 12月12日(木)12:17 

 日経平均は3日ぶり反発。51.21円高の23443.07円(出来高概算5億5317万株)で前場の取引を終えた。前日の米国市場では、注目の連邦公開市場委員会(FOMC)にて大方の予想通り政策金利が据え置かれ、2020年中の政策金利据え置きを示唆したことから先行き不透明感が払拭されるなか、主要3指数は揃って3日ぶり反発。シカゴ日経225先物清算値は大阪比75円高の23445円となり、本日の日経平均は
カテゴリー:

前場に注目すべき3つのポイント~まずは、重要イベントの一つが通過 - 最新株式ニュース - 12月12日(木)08:42 

12日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。■株式見通し:まずは、重要イベントの一つが通過■前場の注目材料:コナカ、20/9期最終黒字に転換する見通し■川重、世界初の液化水素運搬船、神戸工場で進水式■まずは、重要イベントの一つが通過12日の日本株市場は、米株高の流れを受けて買いが先行するも、その後はこれまで同様、こう着感の強い相場展開が続きそうである。11日の米国市場は、NYダウが29ド
カテゴリー:

重要イベント通過後のアク抜けを意識したスタンス - 最新株式ニュース - 12月11日(水)09:00 

 11日の日経平均は、引き続きこう着感の強い相場展開になりそうだ。10日の米国市場は、NYダウが27ドル安と小幅に下落。11日のFOMC(連邦公開市場委員会)や、15日に期限を迎える対中追加関税措置の動向を見極めたいとの思惑から様子見ムードの強い相場展開だった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比変わらずの23450円。円相場は1ドル108円70銭台で推移している。 米国市場が小安い中で、日本株市場
カテゴリー:

重要イベント通過後のアク抜けを意識した、押し目拾いのスタンス - 最新株式ニュース - 12月10日(火)15:47 

 日経平均は4日ぶりに小幅反落。20.51円安の23410.19円(出来高概算10億4700万株)で取引を終えた。米国市場同様、連邦公開市場委員会(FOMC)や、15日に期限を迎える対中追加関税措置の発動可否を見極めたいとの思惑から、様子見姿勢の強い相場展開となった。シカゴ先物にサヤ寄せする格好から売りが先行するも、その後はプラス圏を回復するなど、前日の終値を挟んでのこう着感の強い相場展開が続いた
カテゴリー:

日経平均は4日ぶり小幅反落、重要イベント控え様子見姿勢、物色はIPO銘柄などに - 最新株式ニュース - 12月10日(火)12:17 

 日経平均は4日ぶり小幅反落。2.03円安の23428.67円(出来高概算4億9000万株)で前場の取引を終えている。 週明け9日の米株式市場でNYダウは4日ぶりに反落し、105ドル安となった。前週末に堅調な雇用情勢を好感して大幅高となった反動で利益確定の売りが出た。また、翌日から始まる連邦公開市場委員会(FOMC)の結果や、15日に期限を迎える対中追加関税の発動などを見極めたいとの思惑から様子見
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「重要イベント」の画像

もっと見る

「重要イベント」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる