「配車サービス」とは?

関連ニュース

配車アプリ「Go-Viet」、ハノイでもフードデリバリーサービスを試験展開 - 01月17日(木)06:52 

 インドネシア系配車サービス「Go-Viet(ゴーベト)」は、フードデリバリーサービス「ゴーフード(Go-Food)」をホーチミン市に続いてハノイ市でも試...
カテゴリー:

ビジネス特集 中国の巨人「滴滴」に潜入した | NHKニュース - 01月11日(金)21:54 

ビジネス特集 中国の巨人「滴滴」に潜入した | NHKニュースたった1秒間に300以上の注文が入る脅威のアプリ。中国の「滴滴(ディーディー)」をご存知だろうか。スマホで車両と乗客を結ぶ配車サービスで、5億人を超える利用者を持つ巨大ユニコーン企業。この分野の先駆者、米「ウーバー」と肩を並べる。去年9月には日本にも上陸。私たちの生活にも無縁とは言えない存在だ。今回...
カテゴリー:

リリースから5年、いまだに普及が難しい貨物自動車の配車サービス - 01月08日(火)07:30 

中国で配車サービスというと、乗用車やタクシーを活用した「滴滴打車(didi)」が有名だ。加えて、「貨拉拉(Lalamove、発音はホーラーラー)」のロゴを付けた貨物自動車の配車サービスがある。
カテゴリー:

Uberの共同創業者も参画!フードデリバリー専門店をクラウド化する「CloudKitchens」 - 01月06日(日)21:00 

「CloudKitchens(クラウド・キッチンズ)」は、遊休不動産をシェアリング型の業務用厨房施設にリノベーションし、シェフや起業家らを対象に、厨房設備やフードデリバリー代行サービスなどを提供するスタートアップ企業だ。 オンデマンド型配車サービス「Uber」の共同創業者として知られるトラビス・カラニック氏が参画していることでも注目されている。 ・フードデリバリー事業のためのインフラやソリューションを提供 「CloudKitchens」では、厨房設備のほか、配達代行、マーケティング支援ソリューションなど、フードデリバリー事業に必要なインフラやソフトウェアを整えているのが特徴。 フードデリバリー事業を立ち上げるための初期投資はもちろん、オペレーションにおける固定費を軽減できることから、シェフや起業家のほか、デリバリーサービスを展開したい既存の飲食店などでもニーズが見込まれている。 「CloudKitchens」は、現在、米ロサンゼルスを拠点としており、今後、サンフランシスコやシカゴ、ニューヨークにも展開していく方針だ。 ・オンデマンド型フードデリバリーサービスの広がり オンデマンド型フードデリバリーサービスは、近年、世界各地で急速に広がってきた。 市場調査会社「Technavio」によると、2017年から2021年までに年平均32%のペースでさらに成長し、その市場規模は世界全体で57...more
カテゴリー:

スマホ不要の迎車「タクシーダッシュボタン」が新潟・宮城・沖縄で運用開始 - 01月16日(水)16:20 

モバイル・コマース・ソリューションは1月16日、スマホやパソコン、電話を使わずにタクシーを呼べるタクシー配車用IoTデバイス「タクシーダッシュボタン」の製品化を発表した。高齢者を中心とした電話によるタクシー配車依頼を円滑化するほか、タクシー会社の配車受付(電話応対)の負担軽減を目指すという。 タクシーダッシュボタン タクシーダッシュボタンが導入されたのは、つばめタクシー(新潟県)、タクシーのぱんぷきん(宮城県)、北部観光タクシー(沖縄県)、つきしろ交通(沖縄県)。 本製品はSIMを内蔵しているので、Wi-Fi回線がない場所でも利用できるほか、通信設定の必要がないのも特徴だ。高齢者向けに音声案内や液晶での文字案内などを設けているほか、ダブルクリックなどがないシンプルなボタン操作を実現している。なお、電源は専用のACアダプターから供給する。 ボタンを押すだけで迎車依頼が完了 使い方は簡単で、タクシーダッシュボタンの電源を入れ、1もしくは2のボタンを押すだけ。1、2ボタンには、自宅や行きつけの病院など迎車場所を登録可能で、液晶画面にはタクシーの到着時間や号車番号が表示される。迎車場所は、利用者が申込書に住所をご記入することでタクシー会社側で登録・設定する。なお、タクシー料金は現地での支払いとなる。 タクシー会社での受け付けフロー ■関連記事 DeNAのタクシー配車アプリ「MOV」 がタク...more
カテゴリー:

ウェイモの自動運転車を住民が襲う - 01月08日(火)15:51 

グーグルから分社化した自動運転開発の「ウェイモ」の実験車への妨害や攻撃が、2年間で21件にのぼっている――米アリゾナ州フェニックス郊外のチャンドラー市警察が、そんなデータをまとめている。 by Web Summit (CC BY 2.0) 一つの引き金は、2018年3月に隣のテンピ市であった、ウーバーの自動運転車による初の歩行者死亡事故だ。だが、それだけでなく、自動運転車に対する安全性、プライバシー、失業の不安など、様々な感情が入り交じっているようだ。●銃口を向けるチャンドラー市警察は12月14日、1本の動画を公開した。住宅街の道ばたに、上半身裸の男性が立っている。車がその脇を通り過ぎようとすると、右手で何かを取り出し、振り上げるようなしぐさをする。それは黒い拳銃だった――。これはウェイモの車載カメラから撮影した動画だ。地元紙「アリゾナ・リパブリック」によると、撮影されたのは同年8月1日。拳銃は22口径のリボルバーで、持っていたのはその道路に面した家に住む69歳の男性だった。ウェイモのドライバーの証言によると、この男性はドライバーに銃口を向けていた、という。男性はその1週間後に、銃器による治安紊乱行為の容疑で逮捕されている。ニューヨーク・タイムズによれば、この男性は警察の調べに対し、自動運転車が「嫌いだ」と話し、3月に起きたウーバーの自動運転車による歩行者の死亡事故のことを話して...more
カテゴリー:

UberEatsって、配達員が途中で食べちゃって不達とかあるのなw 客も店も頼むのに覚悟が必要なんだって - 01月06日(日)22:53  news

「CloudKitchens(クラウド・キッチンズ)」は、遊休不動産をシェアリング型の業務用厨房施設にリノベーションし、シェフや起業家らを対象に、 厨房設備やフードデリバリー代行サービスなどを提供するスタートアップ企業だ。 オンデマンド型配車サービス「Uber」の共同創業者として知られるトラビス・カラニック氏が参画していることでも注目されている。 イカソース https://techable.jp/archives/90228 ...
»続きを読む
カテゴリー:

トヨタとソフトバンクの自動運転、名古屋市が協力 公道で実証実験へ - 01月04日(金)18:45 

 トヨタ自動車とソフトバンクが共同で進める次世代型移動サービスの開発を巡り、名古屋市の河村たかし市長は4日の年頭記者会見で、同市が協力すると明らかにした。今月中に3者で協定を結ぶ。自動運転車などの実用化に向け、今春にも市内の公道で、利用者の需要予測に応じた有人バスの配車サービスの実証実験を始める。
カテゴリー:

「配車サービス」の画像

もっと見る

「配車サービス」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる