「配車サービス」とは?

関連ニュース

豪UBERが採用した便利、シンプルな新サービスに学ぶ売上アップ術 - 05月19日(日)12:00 

一般の自家用車をタクシーのように配車するサービスを展開するUBER(ウーバー)のオーストラリアが、車内にグッズを販売するボックスを設置し、売上増を図っているそうです。この仕組みに注目するのは、メルマガ『理央 周 の 売れる仕組み創造ラボ 【Marketing Report】』発行人の理央周さん。マーケティングの原点に戻り、顧客体験のすき間を利用するアイデアは、他の業種にも応用できると解説します。 売上を上げるために何をすべきか?~UBERに学ぶ売上増 今号のテーマは「売上の純増」です。売上を自社製品・サービスだけで考えるのではなく、顧客の周辺に密かにある、「ニーズ」を見つけ出し、売上につなげるという事例をもとに考えていきます。 今号の特集では、 UBERオーストラリアが導入した売上増策 誰がベネフィット=利益を得るのか? ヒントをどう掴むのか UBERがした工夫を 自社にどう当てはめるか という順序で「顧客ニーズと売上増」について考えていきます。 UBERオーストラリアでの仕組み 『日経MJ』(4月26日)によると、オーストラリアの「グラボックス」という企業が、UBERのドライバー向けに、運転席と助手席の間に置けるガラス入りのボックスを提供。この中に、チョコやガム、炭酸飲料など、10種類くらいの商品が入っていて、お客さんが欲しい商品があれば買える、という仕組みを提供している。 シェ...more
カテゴリー:

ダイムラーとBMWが支援する配車サービスKapten、ロンドン進出に伴いUberを批判 - 05月17日(金)09:00 

ダイムラーとBMWが支援するフランスの配車アプリKaptenが今日、Uberの納税方式を攻撃する広告キャンペーンとともにロンドンでサービスを立ち上げた。 サービス開始に先立ち、Kapten(以前は「Chauffeur Prive」と呼ばれていた)はロンドンの交通規制当局TfLから、英国の首都ロンドンでプライベートハイヤー車両を運営するライセンスを取得していた。2012年にフランスで事業を開始したKaptenはパリで急成長し、その後リスボンとジュネーブに事業を拡大した。 Kaptenの新しいビルボード広告キャンペーンはUberが地元に払う税を回避していると非難している。「英国でVAT支払いを回避するサービスもある。それはUberクールじゃない」。それとは対照的に、Kaptenは事業を展開するマーケットごとに地元に税金を払っているとしている。そして広告は、ロンドンっ子たちにKaptenの利用は「ベストな選択かもしれない」と呼びかけている。 プレスリリースでKaptenは、Uberの納税地がオランダであるためにUberが英国政府にほとんど税金を払っていないことや、サービス料金にのせるVAT(付加価値税)を回避していることでUberは批判を受けてきたことを指摘した。 「推定でUberは2018年に英国で10億ポンドの乗車予約があった。25%のコミッションに20%のVATが課されていたら、英...more
カテゴリー:

【ウーバー株が大幅続落】40ドル割れー投資家は懐疑的とアナリスト - 05月14日(火)03:59  newsplus

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-13/PRG7U56JIJVP01 ウーバー株が大幅続落、40ドル割れー投資家は懐疑的とアナリスト Jeran Wittenstein、Sam Unsted 2019年5月14日 0:53 JST 13日の米株式市場で、配車サービス最大手のウーバー・テクノロジーズが続落。今年最大規模の新規株式公開(IPO)を果たした同社は、10日の初取引で大きく下げていた。   ウーバーの株価は一時11%安の37.17ドル。9日のIPOでは1億8000万株を1株45ドルで発行した。10日には米主要株価指数が軒並み上昇したにもかかわらず、...
»続きを読む
カテゴリー:

Lyftが買い物弱者を食料品店まで送迎する「Grocery Access Program」を北米16都市で展開 - 05月12日(日)22:00 

オンデマンド型配車サービスLyft(リフト)は、地元に食料品店がなく、生鮮食品などの食料を入手しづらい地域に居住する低所得者や高齢者を対象として、割安な料金で食料品店まで送迎するサービス「Grocery Access Program」を実施している。 ・食品スーパーへの送迎サービスを北米16都市で展開 「Grocery Access Program」の初の実証実験として、非営利団体「Martha’s Table」との提携のもと、ワシントンD.C.の7区および8区に居住する15万人を対象に、ワシントンD.C.南東部にある食品スーパー「Giant」や「Safeway」への送迎サービスを2019年1月から開始。 利用料金は、相乗りサービスの場合、片道一律2.50ドル(約277円)で設定されている。 Lyftでは、2019年3月、アトランタでも「Grocery Access Program」を開始したのに続き、同年4月には、ロサンゼルス、シカゴ、トロントなど、北米14都市を対象エリアに追加することを発表した。 今後、「Grocery Access Program」の対象エリアをさらに拡大させていく方針だ。 ・オンデマンド型配車サービスを活用し、食へのアクセスを万人に担保 米農務省によると、米国では、約2350万人が、食品スーパーや食料品店から1マイル(1.6キロメートル)以上離...more
カテゴリー:

【IT】米ウーバー上場 予想に反し売り出し価格を下回る - 05月11日(土)09:50  bizplus

スマートフォンのアプリを使った配車サービスを手がけるアメリカのライドシェア最大手、ウーバーがニューヨーク証券取引所に上場し、アメリカでことし最大の上場となったものの取り引き初日の株価は下がり、肩透かしとなりました。 ウーバーは10日、ニューヨーク証券取引所に株式を上場し、売り出し価格を7.6%下回る41ドル57セントの株価で初めての取り引きを終えました。 この結果、ウーバーの時価総額は697億ドル、日本円でおよそ7兆6000億円となり、アメリカでことし最大の上場となりました。ただ、2012年に上場した際に時...
»続きを読む
カテゴリー:

上場後初のPinterestの決算は好調、売上高は222億円 - 05月17日(金)11:00 

Pinterest(NYSE:PINS)は米国時間5月16日、公開企業として初の決算となる第1四半期の結果を発表した。共同創業者でCEOのBen Silbermann氏率いるPinterestは、2019年3月31日までの3カ月間で2億200万ドルを売り上げ、損失4140万ドルを計上した。この売上高は市場予測の2億ドルを上回り、前年同期の1億3100万ドルから大きく成長した。しかしながら、損失は予想のおおよそ3倍超で1株あたり32セントの損となった。 デジタルピンボードのPinterestは4月に上場し、ニューヨーク証券取引所での初日、株価は25%上昇した。その後の株価の動きは順調で、木曜日は8%アップの1株あたり31ドルで時価総額は167億ドルとなった。 「IPOは重要なマイルストーンだった。しかし我々の目標に変化はない」とSilbermann氏は発表文で述べた。「ファッションから家庭装飾、旅行やフィットネスに至るまで、生活のあらゆる面で人々が刺激的なアイデアを発見するのを手伝いたい。我々がうまくやっていることはQ1の結果に見て取1れる。今後もPinterestの浸透と影響力を成長させ続けることを楽しみにしている」。 PinterestはIPOで7500万のクラスA株を売って14億ドルを調達し、時価総額を126億ドルとした。この時価総額の数字は、シリーズH時の123億ドルよりわず...more
カテゴリー:

Uber株はどん底の上場2日目、時価総額は6.8兆円に下落 - 05月14日(火)07:30 

配車サービス大手Uber (NYSE:UBER)にとってまったく芳しくない状況だ。米国時間5月13日、UberはIPO価格を18.8%下回る37.25ドルで2日目の取引を終え、時価総額は622億ドル(約6.8兆円)となった。 以前ベンチャーキャピタリストのプライベートマーケットで評価額720億ドルだったUberは先週、1株あたり45ドルで株式公開し、これによる時価総額は824億(約9兆円)ドルだった。そして初日は41.57ドルで取引を終えた。 CNBCが入手したメモの中で、CEOのDara Khosrowshahi(ダラ・コスロシャヒ)氏は従業員に対し、「どの移行期にもあるように、山あり谷ありだ。明らかにUber株は我々が望んだようには取引されなかった。今日も株式市場はタフな相場で、我々の株にも同じことが言える」と語っている。 そこからさらに話を進め、コスロシャヒ氏は従業員に長期的視点に立つよう促した。彼はまた、FacebookとAmazonがIPO後に成し遂げたカムバックにも触れた。 Lyftも同様に3月のIPO以来、株価の低迷に苦しんでいる。Lyft株は本日48.15ドルでひけ、時価総額は138億ドル(約1.5兆円)となった。 イメージクレジット: Spencer Platt / Getty Images [原文へ] (翻訳:Mizoguchi)
カテゴリー:

MIT Tech Review: ウーバーとリフト普及で都市部の渋滞が悪化、新研究が指摘 - 05月13日(月)07:22 

MIT Tech Review: ウーバーとリフト普及で都市部の渋滞が悪化、新研究が指摘配車サービスは都市の混雑を緩和しているというウーバー(Uber)とリフト(Lyft)の主張に反し、むしろ交通状況を悪化させていることを示す証拠が増えている。 5月8日にサイエンス・アドバンシズ(Science Advances)誌に掲載された新しい研究によると、サンフランシスコの交通渋滞は2010年から2016年にかけて約60%増加...
カテゴリー:

「ウーバー」上場、公募価格割れの厳しい船出 - 05月11日(土)14:38 

配車サービス世界最大手の米ウーバー・テクノロジーズ社が2019年5月10日(米東部時間)、ニューヨーク証券取引所に上場した。初値は1株42ドルで、公募価格の45ドルを下回った。ウーバーはシェアリングエコノミーの代表格として期待を集めるが、米中貿易摩擦の激化でダウ平均株価が落ち込んでいるのに加えて、ウーバーの赤字体質が不安視された。
カテゴリー:

米ウーバー上場 予想に反し売り出し価格を下回る - 05月11日(土)08:45 

スマートフォンのアプリを使った配車サービスを手がけるアメリカのライドシェア最大手、ウーバーがニューヨーク証券取引所に上場し、アメリカでことし最大の上場となったものの取り引き初日の株価は下がり、肩透かしとなりました。
カテゴリー:

もっと見る

「配車サービス」の画像

もっと見る

「配車サービス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる