「避難生活」とは?

関連ニュース

【特集】家を襲う“謎の土” その正体は? - 09月21日(火)21:47  newsplus

2021年9月21日 21時19分 うずたかく積まれた「土の山」が突然崩れて家を襲う。 その「土」はどこから来て、誰が積んだのか。住民はおろか、行政も把握できない。中には崩落リスクが高いことを誰もが知りながら、放置されているところもある。 そんな事態が、全国で相次いでいます。 (盛り土問題取材班 報道局社会部記者 内山裕幾 制作局第二制作ユニットディレクター 山本直史) 晴れた日に突然「山」が崩れてきた 「今も家に寝泊まりできない状態が続いています。何とかしてほしいんです」 ことし7月、26人が亡...
»続きを読む
カテゴリー:

〈大雨1カ月〉水禍続き悩む住宅改修 被害認定、下がるケースも - 09月14日(火)07:10 

佐賀県内各地が浸水被害や土砂災害に見舞われた8月大雨から1カ月。多くの被災者は家に戻ったが、曇天続きで乾燥は進まず、畳や床板のない家で不自由な生活を強いられている。日常を取り戻す第一歩となる改修も、2年前の佐賀豪雨に続く水禍に「また来るかも…」と、簡単に答えは出ない。 「天気が悪くて乾燥が進まない。白壁は拭いても拭いてもかびが浮き出てくる」。杵島郡大町町中島地区の60代の女性は、20日近い避難生活から戻った家で疲れた様子を見せた。
カテゴリー:

むつ市が避難指示全面解除、復旧へ注力 - 09月11日(土)09:09 

青森県むつ市は10日、大雨で先月10日に発令した同市大畑町赤川村地区の避難指示を解除した。これにより、同市の避難指示は全面解除となった。下北自然の家は今月末まで避難所として使用できる。10日現在、4世帯8人が避難生活を送っている。10日は宮下宗一郎市長と市職員が同地区を視察。崩落した橋の撤去状況、小赤川に堆積した土砂・流木撤去の進み具合や河川の流れ、水位など、小赤川橋周辺の安全性を確認し避難指示解除を決めた。また、下北自然の家を訪れ、避難者と面会。生活再建の支援について説明した。宮下市長は同日…
カテゴリー:

“地滑り”発生から半年「この冬も帰れない…」 続.. - 09月07日(火)18:51 

“地滑り”発生から半年「この冬も帰れない…」 続く避難生活に募る不安【新潟・糸魚川市】 #FNNプライムオンライン #NST新潟総合テレビ
カテゴリー:

熱海土石流から2カ月 引っ越し決めた65歳の涙 今なお150人避難 - 09月04日(土)13:11 

 7月3日にあった熱海市伊豆山地区の土石流災害は9月3日、発生から2カ月となった。犠牲者は26人、行方不明者は1人。遺族が8月、土石流の起点となったとみられる盛り土の新旧所有者を刑事告訴したが、発生の原因や行政の責任を調査する県の動きは鈍い。今もなお、約150人が避難生活を続ける現場を歩くと、今後の
カテゴリー:

「いつまでここに…」大雨から1カ月以上続く避難生.. - 09月21日(火)19:12 

「いつまでここに…」大雨から1カ月以上続く避難生活【佐賀県】 #FNNプライムオンライン #サガテレビ
カテゴリー:

<診察室から>災害時の避難生活について エコノミークラス症候群の予防を - 09月11日(土)10:40 

「川の字の 順を決めたる 野分きかな」 この句は以前、大型台風が接近した夜の、わが家のリビングでの子どもたちの情景です。近年、毎年のように大雨や台風など各地で災害が起こり、避難生活を要する状況が続いています。
カテゴリー:

「早く日常生活を」 災害ボランティア受け入れ始.. - 09月07日(火)19:42 

「早く日常生活を」 災害ボランティア受け入れ始まる 今月12日まで募集予定 避難生活は長期化の様相  #FNNプライムオンライン #長野放送
カテゴリー:

土石流で64棟被害 ボランティアが泥出し 「早く.. - 09月07日(火)12:12 

土石流で64棟被害 ボランティアが泥出し 「早く日常生活取り戻して」 避難生活長期化の可能性 #FNNプライムオンライン #長野放送
カテゴリー:

可能なら自宅で避難生活を 災害に強い家 コンセ.. - 09月03日(金)12:21 

可能なら自宅で避難生活を 災害に強い家 コンセプトハウスも登場 静岡 #FNNプライムオンライン #テレビ静岡
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる