「遺伝子改変ブタ」とは?

関連ニュース

臓器移植専用のブタが誕生。国内初。これにはさすがの愛護家も・・・ - 02月13日(火)06:00  news

人間移植用の臓器持つブタ、国内初誕生 遺伝子改変、25年臨床研究 2024/2/13 00:01 毎日新聞 遺伝子が改変されて人間への移植用の臓器を持った状態の子ブタが11日、国内で初めて誕生した。 種の壁を越えた「異種移植」は、新たな移植医療につながると期待される。今後、国内の研究施設や医療機関でサルへの移植実験を始め、人間に移植する臨床研究を2025年中に始めることを目指す。 明治大発のベンチャー企業「ポル・メド・テック」(川崎市多摩区)は、米バイオ企業「イージェネシス」から輸入した遺伝子改変ブタの細胞を使い...
»続きを読む
カテゴリー:

【そもそも解説】なぜブタなのか? 動物の臓器を人間に「異種移植」 - 02月13日(火)00:01 

 明治大発のベンチャーが、日本で初めてとなるヒトに臓器を移植するための「遺伝子改変ブタ」が生まれた、と発表しました。米国では2021年から遺伝子改変ブタの臓器をヒトに移植する「異種移植」の研究が進んで…
カテゴリー:

「異種移植」用のブタ、国内で初めて誕生 今夏にもサルへ移植の計画 - 02月13日(火)00:21  newsplus

2/13(火) 0:01配信 朝日新聞デジタル  明治大発ベンチャーのポル・メド・テック社(川崎市)は13日、人間に臓器を移植しても拒絶反応が起きないように遺伝子改変したブタが、日本で初めて生まれたと発表した。国内では人への移植をめざす研究チームも立ち上がり、今夏にも、このブタの腎臓をサルに移植することを計画しているという。  ブタは、米国のバイオ企業eGenesis(イージェネシス)社が作製したもの。通常のブタの臓器は、人に移植すると激しい拒絶反応が起きる。今回のブタはこれを抑えるため、10種類のブタの遺伝子が改...
»続きを読む
カテゴリー:

こんなの見てる