「遺伝子改変」とは?

関連ニュース

まるでファンタジー世界「遺伝子操作で光る植物」が米国で販売開始 - 02月15日(木)12:00 

ファンタジー映画やゲームに登場する「幻想的に光る植物」は、今や架空の存在ではありません。 2020年に開発された「光る植物」は、光るキノコの遺伝子が組み込まれており、自ら生涯にわたって発光し続けます。 そしてこの度、アメリカの「ライトバイオ(Light Bio)」社によって開発された光るペチュニア「ホタル・ペチュニア」が、アメリカ合衆国農務省(USDA)の承認を受け、予約販売が開始されました。 夜に幻想的な輝きを放つ「ホタル・ペチュニア」は29ドル(約4300円)で購入でき、私たちをファンタジーの世界へと導いてくれます。 目次 光る植物のメカニズム光る観葉植物「ホタル・ペチュニア」の予約販売が開始!幻想世界が現実に 光る植物のメカニズム ファンタジー作品ではよく暗闇でほのかに発光する植物の姿が描かれますが、これを現実の植物で再現しようという試みは以前からありました。 ただ、それらは発光性の化学物質を植物に付着させるなどの方法によるもので、長くても数時間しか光が持続しません。 光る植物の開発に成功 / Credit:Karen S. Sarkisyan(Shemyakin-Ovchinnikov Institute of Bioorganic Chemistry)_Nature Biotechnology(2020) しかし、現実の世界にもホタルや発光キノコのように、光を放つ生...more
カテゴリー:

「異種移植」用のブタ、国内で初めて誕生 今夏にもサルへ移植の計画 - 02月13日(火)00:21  newsplus

2/13(火) 0:01配信 朝日新聞デジタル  明治大発ベンチャーのポル・メド・テック社(川崎市)は13日、人間に臓器を移植しても拒絶反応が起きないように遺伝子改変したブタが、日本で初めて生まれたと発表した。国内では人への移植をめざす研究チームも立ち上がり、今夏にも、このブタの腎臓をサルに移植することを計画しているという。  ブタは、米国のバイオ企業eGenesis(イージェネシス)社が作製したもの。通常のブタの臓器は、人に移植すると激しい拒絶反応が起きる。今回のブタはこれを抑えるため、10種類のブタの遺伝子が改...
»続きを読む
カテゴリー:

【そもそも解説】なぜブタなのか? 動物の臓器を人間に「異種移植」 - 02月13日(火)00:01 

 明治大発のベンチャーが、日本で初めてとなるヒトに臓器を移植するための「遺伝子改変ブタ」が生まれた、と発表しました。米国では2021年から遺伝子改変ブタの臓器をヒトに移植する「異種移植」の研究が進んで…
カテゴリー:

臓器移植専用のブタが誕生。国内初。これにはさすがの愛護家も・・・ - 02月13日(火)06:00  news

人間移植用の臓器持つブタ、国内初誕生 遺伝子改変、25年臨床研究 2024/2/13 00:01 毎日新聞 遺伝子が改変されて人間への移植用の臓器を持った状態の子ブタが11日、国内で初めて誕生した。 種の壁を越えた「異種移植」は、新たな移植医療につながると期待される。今後、国内の研究施設や医療機関でサルへの移植実験を始め、人間に移植する臨床研究を2025年中に始めることを目指す。 明治大発のベンチャー企業「ポル・メド・テック」(川崎市多摩区)は、米バイオ企業「イージェネシス」から輸入した遺伝子改変ブタの細胞を使い...
»続きを読む
カテゴリー:

人間移植用の臓器持つブタ、国内初誕生 遺伝子改変、25年臨床研究 - 02月13日(火)00:01 

 遺伝子が改変されて人間への移植用の臓器を持った状態の子ブタが11日、国内で初めて誕生した。種の壁を越えた「異種移植」は、新たな移植医療につながると期待される。今後、国内の研究施設や医療機関でサルへの移植実験を始め、人間に移植する臨床研究を2025年中に始めることを目指す。
カテゴリー:

「異種移植」用のブタ、国内で初めて誕生 今夏にもサルへ移植の計画 - 02月13日(火)00:01 

 明治大発ベンチャーのポル・メド・テック社(川崎市)は13日、人間に臓器を移植しても拒絶反応が起きないように遺伝子改変したブタが、日本で初めて生まれたと発表した。国内では人への移植をめざす研究チームも…
カテゴリー:

こんなの見てる