「遺伝子操作」とは?

関連ニュース

遺伝子いじってIQ300くらいの人間を量産・したら社会が発展するといえば発展するかもねえ - 12月10日(火)06:26  news4vip

ただ我々に服従するように、遺伝子レベルで埋め込まないといけないな オリジナル人類 神 遺伝子操作人間 奴隷 この序列はきっちりさせねばならない ...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】遺伝子操作で美男美女を産む行為、禁止されてしまう - 12月05日(木)19:52  livejupiter

ゲノム編集して妊娠、禁止へ デザイナーベビー懸念 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00000063-asahi-soci ゲノム編集技術を人間の受精卵に使い、子宮に戻す臨床利用について、厚生労働省の専門委員会は4日、禁止するための法規制を含めた制度をつくるべきだとする報告を大筋でまとめた。 政府は、具体的な規制の内容について検討し、法律や指針づくりを進める。 ゲノム編集は、狙った遺伝情報を変えられる技術。従来より格段に使いやすい手法が2012年に登場し、農水産業や食品開発などの研究に使われている。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

蚊取り線香の原料として知られる 「除虫菊」 のゲノム解読に世界で初めて成功 - 12月04日(水)10:30 

令和1年12月4日 大日本除虫菊株式会社 蚊取り線香の原料として知られる 「除虫菊」 のゲノム解読に世界で初めて成功  大日本除蟲菊株式会社(所在地:大阪府大阪市西区、代表取締役社長:上山直英)は、公益財団法人サントリー生命科学財団(所在地:京都府相楽郡精華町、理事長:垣見吉彦)と共同で、除虫菊(シロバナムシヨケギク、Tanacetum cinerariifolium)のゲノム解析に取り組み、今般、世界で初めてそのドラフトゲノム配列を得ることに成功しました。なお、大日本除蟲菊株式会社は、日本における殺虫剤産業のパイオニアで、ブランド名“金鳥”として知られ、一方、公益財団法人サントリー生命科学財団は、独自の次世代シーケンサー解析手法を開発し、2014年にビール香味を左右する「ホップ」のゲノム解読に貢献するなど、バイオテクノロジーの分野で先進的な研究活動に携わっています。  本研究成果は、Nature Research社の国際総合科学誌 “Scientific Reports” 電子版に、「蚊取り線香の天然産原料であるシロバナムシヨケギク(Tanacetum cinerariifolium)のドラフトゲノム」の表題で2019年12月3日に掲載されました。 【研究の背景】  デイジーに似た白色の花をつける多年生キク科植物の除虫菊は、ダルマチア地方(現 バルカン半島)が原産地...more
カテゴリー:

【中国】 世界で初めてヒト胚に遺伝子編集を行った中国の科学者が行方不明に、赤ちゃんの所在も不明 - 12月01日(日)14:26  poverty

2018年にゲノム配列を編集する技術を用いて、世界で初めてヒト受精卵に遺伝子操作を行う実験を行ったと、中国の科学者が発表しました。 この発表は世界中から大きな批判を受け、中国政府は科学者を捜査対象としたことを明らかにしています。 しかし、科学者が姿を見せなくなってから10カ月経っても科学者の行方は知れず、 世界初のデザイナーベビーとなった双子の赤ちゃんも所在がわからなくなっていると報じられています。 One Year After The 'CRISPR Babies' Scandal, The Chinese Scientist Is Still Missing https://www.sc...
»続きを読む
カテゴリー:

【中国】世界で初めてヒト胚に遺伝子編集を行った中国の科学者が行方不明に、赤ちゃんの所在も不明 - 11月27日(水)19:45  newsplus

2018年にゲノム配列を編集する技術を用いて、世界で初めてヒト受精卵に遺伝子操作を行う実験を行ったと、中国の科学者が発表しました。この発表は世界中から大きな批判を受け、中国政府は科学者を捜査対象としたことを明らかにしています。しかし、科学者が姿を見せなくなってから10カ月経っても科学者の行方は知れず、世界初のデザイナーベビーとなった双子の赤ちゃんも所在がわからなくなっていると報じられています。 One Year After The 'CRISPR Babies' Scandal, The Chinese Scientist Is Still Missing https://www.scienceale...
»続きを読む
カテゴリー:

「ジュラシック・ワールド」から遺伝子操作により誕生した怪物、『インドミナス・レックス』が迫力の1/15スケールで登場! - 12月06日(金)15:00 

スタチューメーカー株式会社プライム1スタジオ(東京都中央区新川1丁目18-11/代表取締役:松本理恵)は「ジュラシック・ワールド」より「レガシーミュージアムコレクション ジュラシック・ワールド インドミナス・レックス 1/15 Scale」の予約受付を開始しました。商品の発売は2021年1月~2021年4月を予定しています。 画像 : https://newscast.jp/attachments/GeFCzZFcXcxgYg7DHRg8.jpg 商品紹介 ...
カテゴリー:

遺伝子操作により二酸化炭素を食べる大腸菌が誕生。二酸化炭素の増加を抑える役割に期待 - 12月04日(水)15:28 

Anonymous Coward曰く、 糖分をエネルギーとする大腸菌に対し遺伝子操作を行うことで、二酸化炭素を生命活動のためのエネルギー源とする大腸菌を作り出すことに成功したことが報告されている(Cell誌掲載論文、Natureのニュース記事、GIGAZINE、Science、Slashdot)。 二酸化炭素を別の物質に変換できる手段としては、植物が持つ光合成がある。しかし、光合成は複雑なプロセスであるため、バクテリアに同等の仕組みを持たせるのは困難だそうだ。そこでその代わりに大腸菌がギ酸をエネルギー源として利用できるように酵素の遺伝子を埋め込んだという。その結果、ギ酸をエネルギー源となるATPという物質に変換して利用させることに成功。続いて研究者らは二酸化炭素を糖類や他の有機物に変換できるような酵素の遺伝子を同様に大腸菌に埋め込み、また通常の大腸菌がエネルギー源としているものを利用できなくするような遺伝子操作を行い、かつ二酸化炭素のみがエネルギー源として利用できるような環境に置くことで、二酸化炭素のみをエネルギー源として利用する大腸菌を作り出すことに成功したという。 こういった、植物やバクテリアを使って二酸化炭素を他の物質や燃料に変換する手法は長らく研究されており、低コストでエネルギーを生産する手段として期待されている。ただ、今回作り出された大腸菌は、地球大気程度の二酸化炭素濃...more
カテゴリー:

未来に責任をもつ“長期的思考”は、どうすれば身に付けられるか - 12月03日(火)07:00 

環境問題や遺伝子操作、核廃棄物まで、何世代にもわたる問題を考えるときに、どうすれば目先の解決だけでなく未来を見通した長期的思考ができるのか──。作家でありMITで教えるフューチャリストのビナ・ヴェンカタラマンに、『WIRED』US版編集長のニコラス・トンプソンがインタヴュー。彼女の新著『The Optimist's Telescope(楽観主義者のテレスコープ)』によれば、世代を超えて受け継がれる“家宝”にこそ、長期的思考のヒントがあるといういう。
カテゴリー:

「二酸化炭素を食べる大腸菌」が遺伝子操作で誕生 - 11月28日(木)14:00 

通常は有機物を消費して二酸化炭素を排出する大腸菌を、「二酸化炭素を吸収して成長する」ように遺伝子を操作することに成功したと、イスラエルの研究チームが発表しました。科学雑誌のNatureによると、二酸化炭素を食べる独立栄養生物となった大腸菌はバイオ燃料として、あるいは大気中の二酸化炭素の増加を抑えるアイデアとして期待できるとのことです。
カテゴリー:

【出たでたw】 世界で初めて遺伝子操作した人間の赤ちゃんを作った中国の科学者、行方不明 - 11月27日(水)15:58  news

世界で初めてヒト胚に遺伝子編集を行った中国の科学者が行方不明に、赤ちゃんの所在も不明 2018年にゲノム配列を編集する技術を用いて、世界で初めてヒト受精卵に遺伝子操作を行う 実験を行ったと、中国の科学者が発表しました。この発表は世界中から大きな批判を受け、 中国政府は科学者を捜査対象としたことを明らかにしています。しかし、科学者が姿を見せなく なってから10カ月経っても科学者の行方は知れず、世界初のデザイナーベビーとなった双子の 赤ちゃんも所在がわからなくなっていると報じられています。 2018年11...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「遺伝子操作」の画像

もっと見る

「遺伝子操作」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる