「遠隔地」とは?

関連ニュース

Techstarsが米国、オランダ、ノルウェーの軍や国防省と共同で商業宇宙産業向けアクセラレーターをローンチ - 11月14日(木)08:15 

Techstarsは、宇宙開発に特化したStarburstプログラムの第一段階に続いて、米空軍、オランダ国防省、ノルウェー国防省、ノルウェー宇宙センターと共同で、新しいバーチャルアクセラレータープログラムを実施している。これはTechstars Allied Space Acceleratorと呼ばれ、商業宇宙産業におけるスタートアップ支援に特化している。 他のTechstarsのプログラムと違って、このプログラムでは企業は13週間のプログラム期間中に、物理的なハブを中心にする必要がない。ほとんどが遠隔地で実施され、プログラムの政府機関のスポンサーを1週間に3回訪問し、バーチャルな指導とガイダンスで補われる。 Techstarsはすでに、Techstars Air Force Acceleratorを通じて米空軍と協力した経験があり、この新しいプログラムによって起業組織や、国際的なパートナーと協力する機会を得ることができる。このような産業界との協力は、商業宇宙産業が国境や国際協力に対してどのように活動するかという点に関して、より明確で広く受け入れられたルールを確立するのに役立つだろう。 この最初のプログラムは2020年6月から9月まで実施され、米国時間11月13日から申し込みが始まり、新規申し込みの締め切りは2020年3月3日までとなっている。 [原文へ] (翻訳:塚本直樹Twit...more
カテゴリー:

TechCrunch深圳2019のBattlefield勝者はモジュラー式エネルギーのスタートアップ「Okra Solar」 - 11月13日(水)11:30 

Disrupt Battlefieldカップを獲得すべく、TechCrunch深圳2019には10組のハードウェアスタートアップが参加した。どのチームも全力で自分たちの作品を審査員に売り込んだ結果、4組が選ばれイベント第2日に別の審査員チームに向けてアピールすることになった。 そして厳正かつ激烈な審査の結果、TechCrunch深圳2019ハードウェアバトルフィールドの勝者が決まった。優勝はOkra Solarだ。 Okra Solarはモジュラー式エネルギーのスタートアップで、エネルギー会社が簡単に設置できるプラグ&プレイのソリューションを使って遠隔地域に電力を供給することを目的にしている。分散エネルギー技術を使い、ソーラーパネルとバッテリーの相互システムネットワークを通じて地域社会にマイクログリッドを構築する。 [原文へ] (翻訳:Nob Takahashi / facebook )
カテゴリー:

JAL、成田でトーイングトラクターの自動運転実験 幹線空港で2020年度実用化へ - 11月13日(水)06:26 

日本航空(JAL)と成田国際空港(NAA)は、トーイングトラクターを自動運転する実証実験を成田空港で始めた。国土交通省と連携した取り組みの一環で、乗客の手荷物の運搬を想定し、2020年3月末までの5か月間、空港制限区域内で実施する。 国土交通省は2018年度にも、航空会社らと連携して空港ランプバスの自動運転化に向けた実証実験を行っており、官民一体の「航空イノベーション」に取り組んでいる。同省が空港車両の自動化を推し進める背景には、生産年齢人口の減少による労働力不足がある。先端技術を活用して地上業務を省力化することにより、旅客需要の増加に対応していく。 成田空港におけるJALの空港業務用車両はトーイングトラクターが最も多く、約250台を保有している。同社グランドハンドリング企画部GSEグループ長の清水弘一氏によると、1台の自動化で2〜3人分の省力化効果が出ることが理想だという。 実験車両は、仏TLD製の「TractEasy」を使用。GPSアンテナやセンサーで車両の位置情報や障害物との距離を検知し、あらかじめ設定した経路を自動で走行する。また、遠隔運行管理システムはSBドライブ製の「Dispatcher」を採用した。遠隔地で車両の速度や位置を管理でき、安全性の高い運行に向けた検証を実現する。 11月12日に公開された実験は、第2ターミナル本館の手荷物仕分け場からサテライトの手荷物仕分...more
カテゴリー:

東急、全車両にソフトバンク回線を使った通信機能付きの防犯カメラを設置へ - 11月08日(金)14:27 

nemui4曰く、東急電鉄が2020年7月までにLED蛍光灯一体型の防犯カメラを導入する(東急電鉄の発表、ITmedia)。さすが東急、電鉄系で一番稼いでるんでしたっけ。痴漢が多いとの噂のJR路線にもこれ入れないのかな。この防犯カメラはソフトバンクの4Gデータ通信モジュールを内蔵しており、トラブル発生時に遠隔地からでもほぼリアルタイムで記録映像を確認できるという。2019年に一部車両ですでに試験導入が行われていたが、今回正式導入が決まったとのこと。 すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 交通 | プライバシ | 関連ストーリー: ユナイテッド航空、プライバシーが懸念されていた機内エンターテインメントシステムのカメラにシールを貼る 2019年04月30日 中国の人工知能スタートアップ、歩き方で個人を特定する技術を開発 2019年03月01日 AIによる防犯カメラの解析で万引き犯逮捕 2018年12月13日 東京メトロと都営地下鉄、車内に監視カメラを設置へ 2017年03月16日 米国で鉄道やバスなどの公共交通機関が乗客の会話を録音していたことが発覚 2016年07月06日
カテゴリー:

シュナイダーエレクトリック、エッジのIT設備も監視するサブスクリプションITインフラ設備管理を提供開始 - 11月07日(木)11:00 

2019/11/7 シュナイダーエレクトリック シュナイダーエレクトリック、エッジのIT設備も監視するサブスクリプションITインフラ設備管理を提供開始 ● IT管理者が常駐していないエッジ環境、遠隔地や多拠点展開の施設にも対応 ● クラウド経由のため、リモートでの運用監視データの収集、監視、モニタリングが可能になり、IT設備の運用効率を最適化 ● 接続機器数単位での課金のため、スモールスタートが可能 エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、クラウドベースのITインフラ設備管理ソリューション「EcoStruxureTM IT Expert」(エコストラクチャー アイティ エキスパート)を12月1日に国内で販売を開始します。 シュナイダーエレクトリックのIoTプラットフォーム「EcoStruxure」アーキテクチャーの一部である「EcoStruxure IT Expert」は、クラウド経由でITスペースのインフラ設備の稼働状況、温湿度など環境情報、セキュリティ情報などのデータを収集し、監視や管理を行うITインフラ設備管理ソリューションです。常駐のIT管理者がいないオフィスや工場、店舗などの「エッジ」環境においてもIT設備がリアルタイムでリモートから監視できます。 クラウドベースのた...more
カテゴリー:

「レースまでの育成状況を知りたい」 疾走する馬の8K映像、馬主らに5G伝送 KDDIなど実験 - 11月13日(水)13:40 

5Gを活用し、馬のトレーニングや厩舎内の様子をリアルタイムで伝送する実証試験を、KDDIなどが実施。「遠隔地からでも仔馬を見守りたい」という生産牧場や馬主のニーズに応える。
カテゴリー:

マイクロソフトがインドでAIによる子宮頸がん診断の迅速化を支援 - 11月13日(水)07:45 

インドで子宮頸がんにより死亡する女性の割合は他国より高い。予防可能な病気だが、インドでは毎年約6万7000人の女性が死亡している。世界全体の死亡数26万人の25%以上を占める。 効果的な検査による早期発見によって死亡率は下げられるものの、当面の課題は発症を検出する検査に耐え難いほど時間がかかることだ。細胞病理医が採用する既存の検査方法では時間がかかる。その上国内に細胞病理医がほとんど存在しない。AIでもっと迅速に検査できないのか? インドで病理学および放射線学の診断サービスを提供する最大のチェーンであるSRL Diagnosticsでは、早くからこの状況を注視していた。昨年、Microsoft(マイクロソフト)がSRL Diagnosticsと提携して、病理学向けAIネットワークを共同で構築し、細胞病理医と組織病理医の負担を軽減した。 SRL Diagnosticsには、毎年10万を超えるPAP検査(細胞を顕微鏡で調べる検査)の検体が送られてくる。検体の約98%は正常で、残りの2%のみが詳細な検査などを必要とする。「細胞病理医が2%の異常な検体をいち早く見つける方法を探していた」とSRL Diagnosticsの新企画・ナレッジマネジメント担当技術責任者であるArnab Roy(アーナブ・ロイ)博士は説明する。 SRL Diagnosticsの細胞病理医が、デジタルスキャンしたホー...more
カテゴリー:

Mogura、法人商用利用可の「バーチャルキャスト」ライセンス販売開始 - 11月11日(月)09:00 

2019年11月11日、株式会社Mogura(東京都千代田区、代表取締役社長・久保田 瞬、以下、Mogura)は、株式会社バーチャルキャスト(北海道札幌市、代表取締役社長・松井 健太郎、以下バーチャルキャスト社)の代理店として、バーチャルキャスト社が開発運営する「バーチャルキャスト ビジネスエディション」のライセンスの販売を開始しました。バーチャルキャストについて「バーチャルキャスト」は、ユーザーがバーチャルキャラクターになって、VR空間のスタジオでリアルタイムにコミュニケーションできるVRライブ・コミュニケーションサービスです。https://www.youtube.com/watch?v=quqJPf6Ypt8ニコニコ生放送を始め、YouTube、SHOWROOM、REALITYなどの配信サービスを介してスタジオを公開したり、複数人のユーザーが遠隔地から同時に同じスタジオに集まってコミュニケーションを楽しむことができます。バーチャルキャスト ビジネスエディションについて法人ユーザーによる商用利用可能なライセンスです。Moguraが販売する「バーチャルキャスト ビジネスエディション 」は、番組配信を行うのに便利な「バーチャルカメラマン」(※1) や「透明人間AD」(※2) などの機能が使えるライセンスです。(※1)「バーチャルカメラマン」とは、両手コントローラーのボタンがカメラの...more
カテゴリー:

シュナイダーエレクトリック、 “エッジ”のIT設備も監視する“サブスクリプションモデル”のITインフラ設備管理ソリューション「EcoStruxure IT Expert」提供開始 - 11月07日(木)11:00 

● IT管理者が常駐していないエッジ環境、遠隔地や多拠点展開の施設にも対応● クラウド経由のため、リモートでの運用監視データの収集、監視、モニタリングが可能になり、IT設備の運用効率を最適化● 接続機器数単位での課金のため、スモールスタートが可能エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、クラウドベースのITインフラ設備管理ソリューション「EcoStruxureTM IT Expert」(エコストラクチャー アイティ エキスパート)を12月1日に国内で販売を開始します。シュナイダーエレクトリックのIoTプラットフォーム「EcoStruxure」アーキテクチャーの一部である「EcoStruxure IT Expert」は、クラウド経由でITスペースのインフラ設備の稼働状況、温湿度など環境情報、セキュリティ情報などのデータを収集し、監視や管理を行うITインフラ設備管理ソリューションです。常駐のIT管理者がいないオフィスや工場、店舗などの「エッジ」環境においてもIT設備がリアルタイムでリモートから監視できます。 クラウドベースのため、アプリケーションのインストールが不要で複雑な導入作業が生じないため簡単に利用が開始できます。 また、サブスクリプションでの提供のため、接続機器数単位での課金により、監視対象...more
カテゴリー:

オンライン契約を実現した売掛金を活用した見積先行型の資金調達スキーム。 スマートヘッジのインボイスPayオンライン※1 ~契約締結に係るコストの削減効果を買取手数料に反映~ - 11月06日(水)13:00 

スマートヘッジ株式会社(東京都千代田区、代表者 沢田 知規)は2019年11月1日、新たに電子契約のスキームを導入し、売掛金を活用した資金調達サービス「インボイスPay※1」の完全オンライン契約を可能といたしました。■全国どこからでもオンラインで契約締結が可能に売掛金を活用して資金調達を行うことは、既に中小企業の円滑な資金繰りのためのスキームとして定着してきており、ファクタリング (factoring)やABL(Asset Based Lending:動産担保融資)が有名です。これらの資金調達スキームにおいては、基本的には契約時に多くの書類への押印が必要となるため、対面や郵送での契約締結が一般的です。そのため、契約完了までの時間や対面契約に係る経費や事務手数料の問題などが課題となり、中小企業経営者が抱える資金繰り事情に対して充分に対応できているとは言えないのが現状です。そこでスマートヘッジは売掛金の売買契約の電子化を可能とすべくスキームの開発を進めて参りました。このスキームの開発により、売買契約の全てがクラウド上で完結するため、今まで遠隔地では数日間かかっていた契約作業を、わずか数分で終えることができます。契約締結がスピードアップすることで、売掛金を資金化するまでのスピードがさらに向上し、中小企業が抱える緊急の資金繰り事情に対してよりフレキシブルな対応を行うことができるようになりま...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「遠隔地」の画像

もっと見る

「遠隔地」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる