「遠隔地」とは?

関連ニュース

ロボットの遠隔操作による接客!分身ロボ「OriHime」がモスバーガー大崎店に導入へ - 07月13日(月)18:00 

株式会社オリィ研究所(以下、オリィ研究所)は、モスバーガーを運営する株式会社モスフードサービス(以下、モスフードサービス)と共同で、分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を用いた「ゆっくりレジ」の実験導入を発表。今月下旬からおよそ1カ月間、モスバーガー大崎店に導入する。 実験導入の概要 モスバーガー大崎店のゆっくりレジに、遠隔操作型の分身ロボットであるOriHimeを設置。難病などによって外出困難な「パイロット」が、遠隔地から同ロボットを操作して接客を行う。 ゆっくりレジでは、OriHimeと相談してメニューが選べる注文方式を採用。子どもがいる家族やシニアなど、時間をかけて注文内容を決めたい利用客への対応を想定している。OriHimeが利用客と話をしながら、それぞれの希望に応じたメニューを案内するとのことだ。 実験期間は今月27日~今年8月下旬を予定しており、期間内の平日14~18時が実験の時間帯となる。 2社がタッグを組んだ背景とは オリィ研究所は、OriHimeや「OriHime-D」などの遠隔操作型ロボットを開発し、提供してきた。また、遠隔地にいる人がロボットを通じて接客を行う「分身ロボットカフェ」を期間限定で開催するなど、ロボットを用いた新しい働き方の実証実験を進めている。 今回は、モスフードサービスがその取り組みに共感し、ゆっくりレジの導入につながった。同社はダイバー...more
カテゴリー:

「ポータブル電源」ってどうなの?災害に備えようと思うんだが500Wh以上20万mAh以上ってのを買えばいいんだろ? - 07月08日(水)21:41  poverty

災害時の避難所で太陽光発電活用へ 地域住民が発案、実証実験 千葉・勝浦 災害時に長期停電した避難所で最寄りの太陽光発電施設を非常用電源として活用する実証試験が28日、 千葉県勝浦市市野川地区で行われた。地域住民が独自に発案した防災対策だが、 他の多くの地域でも導入が可能で新たなライフライン確保として注目される。 地区の避難所に指定されている集会所と、約400メートル離れた場所にある太陽光発電施設とを市販の 延長用ケーブルリール8基で接続。発電施設の一部から100ボルトの電力を送り出し、 遠隔地でも...
»続きを読む
カテゴリー:

インドのティッパートラック市場ー車両タイプ別、トラックタイプ別、エンドユーザー別、トン数別(中型ティッパートラック、大型ティッパートラック)によって区分-業界の需要分析と機会の評価2018~2024年 - 07月07日(火)18:00 

Research Nester Private Limitedは調査レポート「インドのティッパートラック市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」2020年7月 06日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。インドのティッパートラック市場は、国内での石炭採掘の増加とCovid-19のパンデミックによる経済の衰退によって生じる機会の増加、およびGST実装の変更の増加傾向およびBS(Bharat Stage)標準の移行の増加により、成長すると予想されています。インド政府は、国の石炭採掘を増やすことを計画しています。これにより、来年はダンプカートラックの直接需要が生まれます。2018年には、ダンプカートラックの約15~20%が炭鉱でのみ使用され、市場にとって最も重要な顧客セグメントの一つとなっています。石炭インドは、さまざまな鉱山が州の遠隔地にあり、鉄道で接続することができないという事実として、石炭を道路で輸送することを計画しています。市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。● インドのティッパ...more
カテゴリー:

くら寿司、マグロの目利きにAI導入 熟練職人の精度を再現 - 07月07日(火)17:22 

 回転ずしチェーンのくら寿司は7日、すしネタのマグロの目利きにAI(人工知能)アプリを導入すると発表した。尾の断面をスマートフォンで撮影するだけで、遠隔地からでも質の判定が可能。新型コロナウイルスの感染拡大で海外の水産加工場などへ出向くのが困難になるなか、良質な魚を安定して仕入れる狙いがある。
カテゴリー:

LATAMサービスとしてのソフトウェア(SaaS)市場ータイプ別(ERP、CRM、HRM、SCM)、アプリケーション別(BFSI、ITおよび電気通信)ー産業別需要分析および機会評価2018-2026年 - 07月06日(月)18:00 

Research Nester Private Limitedは調査レポート「LATAMサービスとしてのソフトウェア(SaaS)市場:世界的な需要の分析及び機会展望2026年」2020年7月 06日 に発刊しました。このレポートは、予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。https://www.researchnester.jp/sample-request-2430IT業界における人工知能、機械学習などの新興技術、エンドユーザー企業からのSaaSソリューションに対する需要の増加、およびモバイルSaaSサービスの導入は、LATAMサービスとしてのソフトウェア(SaaS)市場の成長を牽引すると予測さられている要因の一部です。SaaSプロバイダーは、ソフトウェアアプリケーションをインターネット経由で遠隔地にあるクライアントに配信するのに役立ちます。これらのソフトウェアアプリケーションは、クライアント専用または共通のアプリケーションであり、インターネット接続機能が組み込まれたWebブラウザーまたはアプリケーションからアクセスできます。LATAMサ...more
カテゴリー:

渋谷の観光情報をサウンドとあわせてお届け!「SoundMap Shibuya」が登場 - 07月12日(日)08:00 

株式会社DGマーケティングデザインと株式会社ジュニは、「SoundMap Shibuya」の提供を開始した。一般財団法人渋谷区観光協会の協力のもと、渋谷区の観光情報を独自のサウンドコンテンツとあわせて楽しめるサービスとなっている。 位置情報と連動して情報を提供 「SoundMap Shibuya」は、「SoundMap」の技術を利用してリリースされた。「SoundMap」では、KDDI株式会社などが運営するオープンイノベーション型研究開発組織「DG Lab」のWeb AR技術を活用。同技術と、地図上の位置情報が一体となり、アプリを使わずに「音のAR体験」を提供する。 利用にあたっては、まず「SoundMap Shibuya」のWebサイトにアクセスしよう。ユーザーの位置情報にもとづいて、渋谷のさまざまな場所に関するエピソードなどが配信される。また、音声ガイドの利用も可能となっている。 リモートでも楽しめることがポイント 現地での利用だけでなく、遠隔地からの利用に対応していることもセールスポイントだ。Webサイトを訪れてみると、「FOCUS(注目の特集)」として明治神宮散策のプログラムが用意されている。プログラム内には「フォトジェニックスポットめぐり」や「歴史と自然を感じる2時間散策」などのコンテンツがあり、現地にいなくても雰囲気を味わえる仕組み。 また、「SoundMap Shib...more
カテゴリー:

技術相談リモート対応 県工業技術センター、コロナ感染対策 - 07月08日(水)11:50 

佐賀県工業技術センター(佐賀市)は、ウェブ会議システムを使った技術相談の対応を始めた。新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、接触機会を減らす狙い。遠隔地にある企業から相談が増えることも期待している。 センターには各種計測機器があり、企業が手掛けた原材料や部品などについて、成分の分析や設計通りの寸法かどうかを計測する業務を担っている。電話やメールでは計測機器が対応しているか判断するのが難しく、従来は企業の担当者がセンターを訪問して利用に関する相談をしていた。
カテゴリー:

くら寿司、マグロの目利きにAI導入 熟練職人の精度を再現 - 07月07日(火)17:57 

 回転ずしチェーンのくら寿司は7日、すしネタのマグロの目利きにAI(人工知能)アプリを導入すると発表した。尾の断面をスマートフォンで撮影するだけで、遠隔地からでも質の判定が可能。新型コロナウイルスの感染拡大で海外の水産加工場などへ出向くのが困難になるなか、良質な魚を安定して仕入れる狙いがある。
カテゴリー:

《FB用語解説》LC 貿易決済を円滑にする信用状 - 07月07日(火)06:22 

 Letter of Creditの略。貿易決済を円滑化するための手段として銀行が発行する支払い確約書のこと。貿易は相手が遠隔地にいるため、商品を発送しても買い手が支払うかどうかを確証する手段に乏しい。このために発...
カテゴリー:

ドローンプラットフォーム「docomo sky」の新機能および新料金プランの提供を開始 - 07月06日(月)15:30 

2020年7月6日 株式会社NTTドコモ    株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、ドローンを業務で利用するあらゆる企業のお客さまに幅広くご利用いただくことを目的として、ドローンプラットフォーム「docomo sky®※1」に、ドローンから撮影した静止画や動画を閲覧しやすくする機能やAIを活用した鉄塔のサビの自動検知機能など、新たに5つの機能を2020年7月6日(月)から追加いたします。また今回の機能拡張に合わせて料金プランも見直し、従来の1プランからお客さまの用途や使用頻度に応じて選択可能な3つの料金プランに変更して提供いたします。    新たに提供開始するのは、高層建造物等の静止画を高度や方角ごとに整列させて表示する「バーティカルビューワー」、撮影動画を管理・確認することが可能な「動画ビューワー」、ドローンの操縦者がタブレット端末からの簡易な操作でドローンをコントロールできる「鉄塔点検アプリ(高層建造物点検用)※2」、撮影映像を多拠点へ同時中継できる「ライブ配信アプリ※2」の4つの機能です。さらに鉄塔の保守作業向けのオプション機能として、ドローンで撮影した鉄塔の画像からAIを活用して自動でサビを検知する「AIサビ検知」も新たに提供いたします。    今回の5つの機能拡充により、鉄塔を含む高層建造物点検や橋梁点検における業務の効率...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「遠隔地」の画像

もっと見る

「遠隔地」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる