「過労死」とは?

関連ニュース

過労死ライン超え 7事業場で 30年度過重労働解消キャンペーン 和歌山労働局 - 05月20日(月)05:11 

 和歌山労働局は、平成30年11月に実施した「過重労働解消キャンペーン」における重点監督結果を取りまとめた。それによると、監督指導を実施した47事業場のうち、30事業場(63.8%)で労働基準関係法令違反があった。  違法な時間外労働は9事業場(19.1%)であった。そのうち過労死ラインである月80時間を超える時間外・休日労働は5事業場、100時間超は2事業場で認められている。  同キャンペー……[続きを読む]
カテゴリー:

調理師がウイルス性の心疾患で死亡→大阪労基「月250時間の残業?関係ないね。遺族補償は支給しません」→地裁「関係あるね。払えよ」 - 05月16日(木)06:37  newsplus

調理師死亡は「過労が原因」 大阪地裁が認定 ミシュラン掲載店に勤務  大阪市の人気フランス料理店で働いていた男性調理師(当時33歳)がウイルス性の心疾患で死亡したのは、過重労働が原因だとして、男性の妻が遺族補償年金などを不支給とした国の処分を取り消すよう求めた訴訟の判決で、大阪地裁は15日、取り消しを命じた。内藤裕之裁判長は、男性の時間外労働が月250時間に達していたと認定し、「過労で免疫に異常が生じた」として死亡との因果関係を認めた。  店は格付け本「ミシュランガイド」にも掲載された有名店で、男性...
»続きを読む
カテゴリー:

会社「新卒を裁量労働で働かせ放題や!」→労基「な訳ねーだろ」 173時間残業で労災認定 - 05月13日(月)20:20  news

東京都内の建築設計事務所で専門業務型の裁量労働制を適用されていた女性(20代)が、長時間労働が原因で適応障害を発症したとして、中央労働基準監督署が2019年3月18日付で労災認定していたことがわかった。 女性と女性が加入する労働組合「裁量労働制ユニオン」(坂倉昇平代表)が5月13日、東京・霞が関の厚生労働省で記者会見し、明らかにした。 ●発症1カ月前の残業時間は173時間15分 「(長時間労働に対する)違和感はずっとありましたが、まわりがみんなそうしていましたし、この業界はそれが当たり前だとすりこまれていま...
»続きを読む
カテゴリー:

「違法派遣」の労働者を受け入れた会社には、何が課されるのか - 05月10日(金)20:41 

労働者の健康管理を行うために改正された労働安全衛生法ですが、今回その中で、企業側のすべての労働者に対する労働時間の把握が義務化されました。これまでよりもさらに広くなった対象者の範囲といった注意点等が、今回の無料メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』で紹介・解説されています。 労働時間の状況 働き方改革関連法に基づき、労働安全衛生法も改正された。「健康管理時間」とは、2017年9月8日に厚生労働省が労働政策審議会に諮問した『働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案要綱』に盛り込まれた特定高度専門業務・成果型労働制(高度プロフェッショナル制度)が適用される労働者の健康管理を行うための時間をいう。 E子 「『健康管理時間』というのは、労働者が事業場内にいた時間と事業場外において労働した時間を合計した時間って覚えれば良いわ」 深田GL 「そういうことだな。労働基準法の規定に基づく労働時間管理がなじまない特定高度専門業務・成果型労働制の対象者について、過重労働を防止するために導入された考え方ってことだよ」 E子 「高度プロフェッショナル制度で働く人には労働時間という枠の考え方がないから、働く人の健康を保つ新たな時間管理が必要になるのよね」 大塚 「健康管理時間は実際に働いた時間ではなく、休憩時間を含めたより幅広い時間を計る物差しで、国会審議で野党は『実労働時間を把握しなくな...more
カテゴリー:

200時間超残業が34社 過重労働解消へ監督 厚労省 - 05月20日(月)05:11 

 厚生労働省は、昨年11月に実施した過重労働解消キャンペーンにおける重点監督の実施結果を取りまとめた。3割を超える事業場で違法な時間外労働が発覚している。34事業場では、月200時間を超える時間外・休日労働を行わせていた。  重点監督は、過重労働による過労死などの労災請求があった事業場や若者の「使い捨て」が疑われる事業場など8494事業場に実施した。67.3%に当たる5714事業場で労働基準関係……[続きを読む]
カテゴリー:

労基「残業300時間で死んだ?そんなもん過労死じゃねーよww」裁判所「なわけあるか死ね」 - 05月16日(木)06:18  poverty

大阪市の人気フランス料理店で働いていた男性調理師(当時33歳)がウイルス性の心疾患で死亡したのは、 過重労働が原因だとして、男性の妻が遺族補償年金などを不支給とした国の処分を取り消すよう求めた訴訟の判決で、大阪地裁は15日、取り消しを命じた。 内藤裕之裁判長は、男性の時間外労働が月250時間に達していたと認定し、「過労で免疫に異常が生じた」として死亡との因果関係を認めた。 店は格付け本「ミシュランガイド」にも掲載された有名店で、男性は2009年から正社員として勤務。 何らかのウイルスに感染し、14年6月に...
»続きを読む
カテゴリー:

過労死ラインを超える違法な時間外労働 運送業者を送検 武雄労基署 - 05月13日(月)05:11 

 佐賀・武雄労働基準監督署は、労働者1人に過労死ラインを超える違法な時間外労働をさせたとして、㈱宮崎運輸(佐賀県藤津郡)と同社の専務兼運行管理者を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで佐賀地検武雄支部に書類送検した。  同社は1カ月93時間、1日8時間を限度とする36協定を締結している。専務兼運行管理者は平成30年8月の1カ月間、労働者1人に100時間を超える時間外労働をさせた。他の労働者に……[続きを読む]
カテゴリー:

高橋まつりさんの母 過労死防止協に初参加 長時間労働監督強化など要望 - 05月09日(木)18:29 

 国の過労死防止対策などについて労使や遺族らが話し合う厚生労働省の「過労死等防止対策推進協議会」が9日開かれ、電通社員だった高橋まつりさん(当時24歳)を過労自殺で亡くした母幸美さん(56)が遺族委員として初めて参加した。2021年に見直される過労死防止大綱に向け、違法な長時間労働の監督指導強化や、
カテゴリー:

「過労死」の画像

もっと見る

「過労死」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる