「過労死」とは?

関連ニュース

医師ユニオンと過労死遺族、残業年2千時間案に反対 - 01月17日(木)23:40 

 医師の働き方改革を検討する厚生労働省が、一部の医師の残業上限時間を年1900~2千時間とする案を示したことを受け、勤務医の労働組合「全国医師ユニオン」が17日、緊急声明を出した。憲法や労働基準法に違…
カテゴリー:

「医者の不養生」を強要。残業上限2000hまで働かされる医師の悲惨 - 01月17日(木)04:30 

先日厚労省が明らかにした、2024年から適用される「医師の残業年間2,000時間上限案」が物議を醸しています。健康社会学者の河合薫さんは自身のメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』で、「医師の健康状態は患者に跳ね返る」と指摘。さらに現在医療の現場に長時間労働を強いる根本原因である「医師の偏在」の早急な解消を求めています。 人の命は重いが医師の命は? 2024年度から適用する医師の残業時間の上限規制が「2,000時間」まで容認される方針であるとの報道がありました。 2,000時間は年間の「総労働時間」ではありません。「残業」です。時間外労働です。それを地域医療に欠かせない病院に勤務する医師に限っては、2035年度まで「年間1,900~2,000時間」までオッケーだというのです。 理由は「一般の労働者並みに残業時間を規制すると、地域での医療の提供体制が損なわれる恐れがある」とのこと。 「一応、2035年までの期間限定だし~」 「一応、勤務間インターバルは9時間以上にしたし~」 「一応、連続勤務時間は28時間までだし~」 「最初はえっ?って思ったけど、よくよく考えると現実的だよね~」 「うん、そうだよ。だってさ、病院勤務医の1割に当たる約2万人が月160時間以上残業をしているんだからさ」 …といった具合でしょうか。 一部からは反対意見が出たものの、検討会では上記の厚労省...more
カテゴリー:

新聞労連大賞に琉球新報 疋田桂一郎賞は毎日の過労死報道 - 01月16日(水)17:00 

新聞労連は16日、平和・民主主義の確立や言論の自由に貢献した記事を表彰する第23回新聞労連ジャーナリズム大賞に、琉...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

これもっと給料やるべきだろって職業 - 01月12日(土)23:30  poverty

教育が職業に直結、ドイツ社会の「雇用哲学」 秘書も「職業資格」が無ければ採用されない https://toyokeizai.net/articles/-/215536 日本では新年度を迎え、職場に新入社員を迎えた人も多いだろう。毎年変わらぬ風景が見られる一方で、この20年ほどで就職・雇用をめぐる 状況は一変した。非正規社員の増加や新入社員の過労死など、働く環境を巡る問題が噴出し、「ブラック企業」という言葉も登場。今国会は 「働き方改革国会」と銘打たれ、労働時間規制を強化する法案の成立が目指されている。 こういった状況に対して、「生産性が...
»続きを読む
カテゴリー:

過労死遺族「怒り覚える」 勤労統計問題で過少給付 - 01月11日(金)18:23 

労災で家族を亡くした人が受け取る遺族年金も、支給額の算定に毎月勤労統計が使われている。統計の不適切な調査で支給額が...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

「勝手に残業する従業員」に企業はどう対処すべきか? (榊裕葵 社会保険労務士) - 01月17日(木)17:09 

サービス残業や長時間残業による過労死は、昔から日本企業のかかえる闇であり、大きな労働問題でした。しかしながら、ここ数年は働き方改革の流れの中で状況は急速に変わりつつあります。罰則付きの36協定の上限設定、サービス残業に対する、労働基準監督署による取り締まり強化や裁判所による厳しい判決など、国を挙げてサービス残業や長時間残業を撲滅する動きが進んでいます。社会保険労務士である筆者の実務感覚として、本気でサービス残業や長時間労働を無くしていこうという会社や経営者も増えてきていると思います。ところが、このような大きな動きの中で、逆に新たな問題も発生しています。それは、残業をしてはならないという会社の命令に従わない一部の従業員の存在です。コンプライアンスが重視される今、そうした社員がリスクともなりかねません。では、勝手に残業する従業員に対し、企業側はどのような対応をとることができるのでしょうか?■残業禁止命令に従わない従業員の存在私自身も経営者の方から「帰宅命令に従わない従業員にどう対応すればよいか」という相談を受けたことが一度や二度ではありませんし、同業者の仲間からも同様の相談を受けたという話を聞いたことがあります。強い責任感を持って仕事をしてくれる従業員は、会社にとっては大変ありがたいことです。過去の時代には、従業員のサービス残業や長時間残業を厭わない献身に助けられた会社も決して少なくは...more
カテゴリー:

新聞労連賞、疋田桂一郎賞を本社新潟支局の2記者が受賞 - 01月16日(水)18:03 

 新聞社の労働組合で作る新聞労連は16日、過去1年間の優れた新聞記事を表彰する新聞労連ジャーナリズム大賞を発表した。人権を守り、報道への信頼増進に寄与する報道が対象の疋田桂一郎賞には、毎日新聞新潟支局の南茂芽育、井口彩の2記者による「『過労に倒れた難病の妹』をはじめとする新潟県庁での過労死を巡る一連
カテゴリー:

「過労死するかも」急死した教諭 - 01月16日(水)06:00 

佐伯市立中学校の男性教諭が2017年6月に急死したのは「過労死」だったとして、公務災害の認定請求を行った遺族が同市内で会見を開き、男性の妻(46)は「夫が頑張っ...
カテゴリー:

過労死ラインの約2倍 医師の残業上限を緩和 - 01月12日(土)07:38 

過労死ラインの約2倍 医師の残業上限を緩和
カテゴリー:

医師の時間外労働2000時間上限も 過労死ライン2倍 厚労省案 - 01月11日(金)17:10 

医師の働き方改革について、厚生労働省は医師が不足している病院などは例外として時間外労働の上限を大幅に緩和する案を、専門家会議に提示しました。患者への影響を考慮した措置ですが、「長時間労働を防げない」という批判が出ることも予想されます。
カテゴリー:

もっと見る

「過労死」の画像

もっと見る

「過労死」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる