「運送会社」とは?

関連ニュース

【ソフトバンクG】唾液PCR検査、2000円で実施 - 09月24日(木)18:16  newsplus

ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長は24日、同社の新型コロナウイルスのPCR検査事業で検査費用を1人あたり配送料を除いて2000円にすると発表した。検査が保険適用されない無症状者が対象で、まず自治体や企業などの法人単位で受け付ける。現在は2万円から4万円ほどかかる場合が多い費用を下げて、潜在的な需要を取り込む。 孫氏は「経済の再起動と感染拡大の防止のために、いつでも誰でも高頻度で検査が受けられる体制作りが必要だ」と述べた。検査事業はSBGの検査事業会社、新型コロナウイルス検査センター(東京・港)が...
»続きを読む
カテゴリー:

運送会社の胴上げで落ちて亡くなった事件でたった罰金10万 - 09月22日(火)22:41  news4vip

「滋賀県栗東市の運送会社に勤めていた男性(当時60歳)が2007年11月、定年退職の送別会で胴上げされて床に落ち、約10か月後に死亡した事故で、大津区検は6日、30~40歳代の当時の同僚3人を過失致死罪で略式起訴したと発表した。  大津簡裁はそれぞれ罰金10万円の略式命令を出した。  県警草津署は重過失致死容疑で書類送検していたが、区検は「同罪に該当するほど、常軌を逸した危険な落とし方はしていなかった」として、適用を見送った。  起訴状によると、3人は07年11月18日夜、同県草津市の宴会場で...
»続きを読む
カテゴリー:

カーナビにAR技術 自動車業界で取り入れの動き相次ぐ - 09月21日(月)12:33  newsplus

カーナビゲーションシステムにドライバーが見ている景色とほぼ同じ映像を映し出して道案内をより安全にしようと、AR=拡張現実の技術を取り入れる動きが相次いでいます。 このうちドイツのメルセデス・ベンツは今月から売り出した新型車にAR=拡張現実の技術を使ったカーナビゲーションシステムを搭載しています。 車のフロント部分に取り付けたカメラでドライバーが実際に見ている景色とほぼ同じ映像をディスプレーに映し出し、道案内の機能では矢印を進路に重ねるように表示します。 交差点に近づくとARを使った画面に切り替わり...
»続きを読む
カテゴリー:

【視聴率】玉木宏主演「竜の道」最終回視聴率は関東7・6%、関西9・7%でフィニッシュ - 09月16日(水)09:49  mnewsplus

 15日放送の俳優・玉木宏(40)主演のフジテレビ系連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」(火曜・後9時)最終回2時間スペシャルの世帯平均視聴率が関東地区で7・6%だったことが16日、分かった。  4月期の放送が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で撮影が一時ストップ。6月上旬に再開し、7月28日にスタートした。視聴率は初回2時間スペシャルが9・1%。第2話は6・9%。第3話は7・2%。第4話は6・9%。第5話は5・9%。第6話が7・1%。第5話は5・4%。今回は2・2ポイントア...
»続きを読む
カテゴリー:

玉木宏と高橋一生は“どこへゆくんだ!?”破滅の道を歩む双子の兄弟に救いはあるのか『竜の道』最終話 - 09月14日(月)19:15 

『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系)の最終話が、9月15日(火)21時から2時間スペシャルで放送される。玉木宏と高橋一生演じる双子の兄弟が、両親の敵である遠藤憲一演じる運送会社社長にあの手この手で講じてきた復讐劇がついに完結する。小さな運送会社を営む夫妻の養子として育った竜一(玉木)と竜二(高橋)は、夫妻の実娘である妹・美佐(松本穂香)と仲良く暮らしていた。しかし、事業拡大を企むキリシマ急便の社長・霧島源平(遠藤)に会社を乗っ取られ、多額の借金を抱えた養父母は自殺。復讐を誓った竜一は、顔も名前も変えて裏社会の人間として、かたや竜二は国土交通省のエリート官僚として、裏と表から源平を追い込んでいく。近年、連続ドラマと言えば、刑事ものや医療ものによる1話完結型が主流になっている。だが『竜の道』は「復讐に成功するか、否か」という結末に向けて、ただひたすら回を重ねていく。1話たりとも見逃せない連続ドラマならではの復讐劇はこの時代では新鮮で、我々が惹かれる理由のひとつとなっている。さらには、配役の妙。玉木と高橋が、初共演作で双子役を演じるとは、一体誰が予想しただろう。笑顔が素敵で爽やかなイメージのある2人が、復讐のため悪に手を染めていく姿はゾクゾク必至。復讐への火を熱くたぎらせる竜一、冷静に火を灯し続ける竜二の、自在な眼差しと声色にしびれてしまう。そんな2人の敵役を演じる遠藤...more
カテゴリー:

【リーダーの視点 鶴田東洋彦が聞く】ホテル東京・中村忠正社長(2-2) - 09月23日(水)05:00 

 ■起業家精神発揮 「最大にして細心」追求 --「ホテル東京」開業までの経緯は 「歌舞伎役者の五代目中村歌右衛門の屋敷を、山梨県で運送会社『山梨通運』を経営し山梨県議会議員を数期務めた父親が縁あって取得した。その父から大学卒業後のあるとき、『本格的に旅館を経営してみたら』といわれたのが始まり。土地と建物を譲り受けて資本金400万円で、1962年に割烹(かっぽう)旅館『歌茶屋』としてスタート。69年に旅館を立て直して『ホテル東京』に商号変更した。その際に設計のため全国を回り、京都のホテルをみて雰囲気、イメージを固めた。大きなホテルを建てたかったが、建築基準法の関係で高さ制限から5階建てになったの…
カテゴリー:

米貨物運送UPS、ベトナム発着の航空貨物便を運航開始 [経済] - 09月22日(火)14:02 

 米国の貨物運送会社ユナイテッド・パーセル・サービス(United Parcel Service=UPS)はこのほど、ホーチミン市とハノイ市を発着する航空貨物便の...
カテゴリー:

顔を腫らした玉木宏と高橋一生に視聴者は意外な反応!?「ボコボコでもイケメン兄弟尊い」の声『竜の道』最終話 - 09月16日(水)11:10 

玉木宏主演のドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系)の最終話が、9月15日に放送。インターネット上では、玉木演じる竜一と高橋一生演じる竜二の兄弟が殴り合うシーンに反応が多くあった(以下、ネタバレが含まれます)。同作は、養父母を死に追いやった運送会社社長への復讐を誓った双子の兄弟を描いたサスペンスドラマ。復讐のために心を捨て、顔も名前も変え、裏社会に身を投じた主人公・矢端竜一(和田猛)を玉木が演じ、彼の双子の弟で、運送会社を監督する国土交通省のエリート官僚として権力を掌握していく竜二を高橋、竜一と竜二の血のつながらない妹・美佐を松本穂香が演じた。竜一は、フリーライターの沖和紀(落合モトキ)から、過去に斉藤一成と名乗っていたこと、さらに和田という名前ではなく竜一であることを指摘される。焦りを募らせる竜一に、竜二は作戦があり「任せてほしい」と説得する。竜二は、親の敵である霧島源平(遠藤憲一)に娘のまゆみ(松本まりか)との結婚を申し出た。結婚を許してもらえば復讐はせず、国土交通省の力や人脈を使ってキリシマ急便を業界のトップに押し上げ「後継ぎとして会社に尽くす」と申し出た。その頃、沖が美佐に接近。彼女に危機がせまる中、竜一は覚悟を決め、美佐に自分が兄であることを示唆。そして沖を手にかけるのだった。竜一のもとへ向かった竜二は「殺したのか?」と追及。後始末しておいたので時間は...more
カテゴリー:

玉木宏と高橋一生は“どこへゆくんだ!?”破滅の道を歩む双子の兄弟に救いはあるのか『竜の道』最終話 - 09月15日(火)06:00 

『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系)の最終話が、9月15日(火)21時から2時間スペシャルで放送される。玉木宏と高橋一生演じる双子の兄弟が、両親の敵である遠藤憲一演じる運送会社社長…
カテゴリー:

ユーザックシステム/9月25日、送り状発行業務改善セミナー - 09月14日(月)10:28 

ユーザックシステムは9月25日、オンラインで「送り状発行業務改善セミナー」を開催する。 セミナーで紹介する送り状発行システム「送り状名人」は、各運送会社向けの送り状を一つのシステムから発行が可能。複数の送り状発行システム […]
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「運送会社」の画像

もっと見る

「運送会社」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる