「運用資金」とは?

関連ニュース

不正受給、前社長に懲役8年求刑 - 12月03日(火)13:20 

 スーパーコンピューターの開発をめぐり、助成金を不正受給したとして詐欺などの罪に問われている開発会社前社長の裁判で、検察側は懲役8年を求刑しました。  東京のベンチャー企業「ペジーコンピューティング」の前社長、斉藤元章被告(51)は、2014年、スーパーコンピューターの開発費を水増しし、経済産業省所管のNEDOから助成金およそ6億5300万円をだまし取った罪などに問われています。  3日の裁判で、検察側は「極めて高額な助成金をだまし取った責任は重大」「助成金の相当部分を個人の借入金の返済や株式の運用資金に使っていて、極めて利己的だ」と指摘し、斉藤被告に懲役8年を求刑しました。(03日11:30)
カテゴリー:

【2019年12月最新】ソーシャルレンディング徹底比較!利回り・特徴・リスクなど - 12月02日(月)20:04 

国内には複数のソーシャルレンディング、また、それに類するクラウドファンディング投資ができる会社があります。投資ができる会社が多いため、投資初心者の方はどの会社を使って投資すれば良いのか、迷ってしまうこともあるでしょう。 そこで、ここではソーシャルレンディング会社やクラウドファンディング会社の中から自分に合った投資対象を選べるようにするため、それぞれの特徴をまとめてみました。利回りや特徴などを参考にしながら、ぜひ今後の投資の参考にしてください。 ※記載の情報はすべて2019年8月調査時点のものです。 目次 ソーシャルレンディング会社の特徴・比較 1-1.ネクストシフトファンド 1-2.クラウドバンク 1-3.OwnersBook(オーナーズブック) 1-4.SBIソーシャルレンディング 1-5.Funds 1-6.クラウドクレジット 1-7.LENDEX(レンデックス) 不動産投資型クラドファンディング会社の特徴 2-1.CREAL(クリアル) 株式投資型クラウドファンディング会社の特徴・比較 3-1.FUNDINNO(ファンディーノ) 3-2.Unicorn(ユニコーン) まとめ 1.ソーシャルレンディング会社の特徴・比較 以下では、ソーシャルレンディング投資を提供しているサイトの中でも、運営企業や運用実績などの面から比較的安全に投資することができるサービスをご紹介します。それ...more
カテゴリー:

「運用資金」の画像

もっと見る

「運用資金」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる