「運営企業」とは?

関連ニュース

フードデリバリー「エニキャリ」 北海道産バターと小麦を使った最高級デニッシュ専門店「Laekker」オープンのお知らせ - 02月25日(火)15:00 

 シェアリングプラットフォーム運営企業である株式会社エニキャリ(東京都港区)は、代官山のデニッシュ専門店「Laekker」が、フードデリバリーサイト「エニキャリ(anyCarry)」に新規オープンしたことをご報告します。北海道産の材料をふんだんに盛り込んだこだわりのデニッシュを、出前でご自宅・職場にてお楽しみ頂けるようになりました。
カテゴリー:

ウェルスナビとTHEOどっちが良い?利回りや手数料、実績を徹底比較 - 02月20日(木)18:47 

近年、ウェルスナビとTHEOは、投資一任型ロボアドバイザー(以下、ロボアド)の代表格として注目されており、ロボアド業界を牽引する存在として競い合っています。しかし、投資一任型のロボアドサービスを始めたい場合に、どちらを選べば良いのかで迷っている方も多くいるでしょう。 そこでこの記事ではウェルスナビとTHEOのどちらを選べばよいかについて、「利回り」「コスト」「最低投資額」などさまざまな視点から徹底的に比較します。ロボアド選びの参考としてぜひご活用ください。 目次 ウェルスナビとTHEOの概要 1-1.ウェルスナビとは 1-2.THEOとは ウェルスナビとTHEOを徹底比較 2-1.投資戦略の比較 2-2.ポートフォリオの比較 2-3.コスト面(手数料)の比較 2-4.利回りの比較 2-5.最低投資額の比較 2-6.節税機能の比較 どっちのロボアドを選べばいいの? 3-1.ウェルスナビが向いている人 3-2.THEOが向いている人 まとめ 1 ウェルスナビとTHEOの概要 まずは、ウェルスナビとTHEOのサービス概要、それぞれの運営企業について簡単にご紹介します。 1-1 ウェルスナビとは ウェルスナビは投資一任型のロボアドで、ウェルスナビ株式会社が提供しているサービスです。投資一任型とは、顧客の年収や資産額などの投資環境、投資を行う場合のリスク許容度を自動的に判定、個人に最適な...more
カテゴリー:

フードデリバリー「エニキャリ」 味と食感にこだわったローストビーフ専門店「鬼ビーフ 宮益坂本店」オープンのお知らせ - 02月19日(水)14:00 

 シェアリングプラットフォーム運営企業である株式会社エニキャリ(東京都港区)は、渋谷のローストビーフ専門店「鬼ビーフ 宮益坂本店」が、フードデリバリーサイト「エニキャリ(anyCarry)」に新規オープンしたことをご報告します。こだわりのダブルオニオンソースと特選もも肉ローストビーフの丼を、出前でご自宅・職場にてお楽しみ頂けるようになりました。
カテゴリー:

AIポータルメディア「AIsmily」が「コールセンター向けAIソリューション カオスマップ2020」を公開 - 02月18日(火)10:30 

人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリー(東京都渋谷区、代表取締役:板羽晃司)は、「コールセンター向けAIソリューション カオスマップ2020」を2020年2月18日に提供開始しました。掲載数は合計で58サービス。■コールセンター向けAIソリューションとは?コールセンター向けAIソリューションとは、AIを活用したコールセンターの人手不足解決やオペレータの業務支援、お客様の声分析などの総称を言います。「コールセンター」と「AI」の親和性は高く、AIチャットボットによる自動応答をはじめ、音声認識と自然言語処理を組み合わせた会話の可視化、オペレーターのナレッジ共有など、従来のコールセンター業務でAIソリューションによる課題解決が期待されています。■コールセンター向けAIソリューション カオスマップ作成の背景AIsmileyではこれまで、「チャットボット」や「画像認識」、「検索システム」などの分野でカオスマップを作成し、AI導入を検討している企業に向けて製品情報を提供してきました。今回のカオスマップでは、コールセンター業界に焦点を当て、様々な導入目的の観点から、AIsmileyが独自に選定した計58社の製品をマッピングしたものです。このカオスマップは、「コールセンター(コンタクトセンター)」向けの製品、かつ「AI搭載製品」...more
カテゴリー:

不動産投資ローンの審査を通すには?融資相談前に対策したい5つのこと - 02月15日(土)21:55 

不動産投資は投資物件を担保に金融機関の融資を利用することが出来る投資方法です。金融機関の与信が投資資金に影響する点は、自己資金で行われる株式投資やFX投資などと大きく異なっています。 しかし、金融機関から融資が受けられない方にとって不動産投資をスタートさせる最初のハードルは高いと言えるでしょう。不動産投資に興味があるものの、購入前に諦めている方も多いのではないでしょうか。 今回は、不動産投資ローンの審査で悩んでいる方向けに、融資相談前に対策しておきたい5つのことをご紹介します。 不動産投資ローンの融資額を決める審査基準 不動産投資ローンの融資相談前に対策しておきたい5つのこと 2-1.融資相談前に現金資産を貯蓄しておく 2-2.正社員としての勤続年数を増やす 2-3.過去3年間の年収にばらつきが無いよう注意する 2-4.積算評価や収益性の高い物件を探す 2-5.不動産投資に積極的な金融機関を探す 年収によって不動産投資用ローンが利用できない場合の対応策 3-1.不動産投資型クラウドファンディングで少額投資をする まとめ 1.不動産投資ローンの融資額を決める審査基準 不動産投資ローンの融資審査を行う金融機関は、物件の担保評価と、貸付先である借主の評価をそれぞれ行います。 投資物件の担保評価の基準は金融機関によって異なりますが、主に「安定的な家賃収入を得ることができるか」「返済が滞...more
カテゴリー:

クラウドバンクの評判は?メリット・デメリットを徹底比較! - 02月24日(月)18:01 

ソーシャルレンディングは、運営会社が投資家から集めた資金を企業に融資し、運用益の一部を分配するサービスで、貸付型のクラウドファンディングとも言われます。中でも日本クラウド証券株式会社が運営する「クラウドバンク」は、2020年1月に応募総額800億円を突破し、国内の代表的なソーシャルレンディングサービスの一つとして広く認知されています。 この記事ではクラウドバンクの仕組みやメリット・デメリットのほか、クラウドバンクの評判についても詳しくご紹介していますので、ソーシャルレンディングやクラウドバンクへの投資を検討されている方は参考にしてみてください。 目次 クラウドバンクとは クラウドバンクのメリット 2-1.利回りの水準が6.99%と高め 2-2.1万円から少額で投資ができる 2-3.運用の手間がかからない 2-4.審査や担保などリスク対策が図られている クラウドバンクのデメリット・注意点 3-1.元本が保証されない 3-2.運用期間中は自由に決済できない 3-3.予定より早めに償還されることがある 3-4.融資先の情報が開示されていないこともある クラウドバンクの評判・口コミ 4-1.短期償還、高利回りに利点を感じるユーザー 4-2.改善を望む声もある まとめ 1 クラウドバンクとは サイト名 クラウドバンク URL https://crowdbank.jp/ 運...more
カテゴリー:

政府、デジタルプラットフォーマー規制法案を閣議決定 取引条件の開示など義務付け - 02月19日(水)14:46 

政府が「デジタルプラットフォーマー」を規制する新法案を閣議決定。ECサイトやアプリストアなどの運営企業に対し、取引条件の開示や運営状況の報告などを求める。
カテゴリー:

クラウドファンディング投資の5つのリスクとは?対策や注意点も - 02月18日(火)18:54 

将来性のある未上場企業や事業が対象となるクラウドファンディング投資は、少額から参加できる上、10%以上の高利回りを狙える案件もあるため、投資家数や投資額が年々増えてきています。 しかし、新規性の高い事業にチャレンジするが故に失敗する可能性もあるため、投資先企業の倒産や元本割れ・貸し倒れなどのリスクに十分注意して、案件を選ぶ必要があります。 そこでこの記事では、クラウドファンディング投資を検討している方のために、クラウドファンディング投資の特徴やリスク・注意点、その対策方法を詳しく解説するので、ご参考ください。 目次 クラウドファンディング投資の特徴・種類 1-1.融資型クラウドファンディングの特徴 1-2.ファンド型クラウドファンディングの特徴 1-3.株式型クラウドファンディングの特徴 クラウドファンディング投資のリスクと対策 2-1.元本割れ・貸し倒れリスク 2-2.運営事業者の倒産リスク 2-3.満期まで途中解約ができない 2-4.株式型は流動性・換金性が悪い 2-5.投資先の審査基準は各運営企業で異なる クラウドファンディング投資を始める際の注意点 3-1.自分の投資方針に合うクラウドファンディングサービスを選ぶ 3-2.投資案件のメリット・リスクは必ず確認する まとめ 1.クラウドファンディング投資の種類 crowd(群集)とfunding(資金調達)の造語であるクラ...more
カテゴリー:

ウェルスナビ、預かり資産2300億円・口座数28万突破。拡大ペースが加速 - 02月17日(月)12:19 

ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」の預かり資産が2300億円を突破した。運営元のウェルスナビ株式会社が2月13日に発表したもので、同日付で口座数も28万超えとなった。2019年12月に預かり資産2000億円を達成以来、2ヶ月強で300億円を上積みしており、今年に入って拡大ペースを上げている。 ウェルスナビは、資産運用をテクノロジーの力で、一部の富裕層や機関投資家など、特別な層から広く一般に広げる目的で開発された。ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた「長期・積立・分散」の資産運用を自動で実現。機能性、透明性、シンプルな手数料が評価され、働く世代の支持が拡大しています。強固な顧客基盤を持つパートナー企業を通じた利用も広がっている。 同社は、資産形成のパーソナルサポートで「資産運用3.0」の実現を目標に掲げる。柴山和久代表取締役CEOは2019年、クレジットカードや住宅ローン、保険など、個人が運用する金融資産を総合的に提案する本格的なPFM(個人財務管理事業)への参入を目指す意向を示し、ライフプランの作成や人工知能(AI)によるアドバイス機能の拡充、個人向け金融サービスの最適化などを拡充してきた。19年に表層化した「老後資金2000万円問題」も追い風に、ウェルスナビの快進撃は続きそうだ。 【関連サイト】ウェルスナビ(WealthNavi) 【関連記事】ウェルスナ...more
カテゴリー:

創業105年の旅館運営企業が実現した 毎週リリースするチームの作り方 - 02月15日(土)01:40 

創業105年の旅館運営企業が実現した 毎週リリースするチームの作り方創業105年の旅館運営企業が実現した 毎週リリースするチームの作り方 1. 【13-D-4】創業105年の旅館運営企業が実現した 毎週リリースするチームの作り方 ( Developers Summit 2020) 2020/02/13 藤井 崇介 1 2. 自己紹介 名前・所属: 星野リゾート 情報システムグループ 藤井 崇介(2018年入社、京都勤務) 資格:...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「運営企業」の画像

もっと見る

「運営企業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる