「週刊新潮」とは?

関連ニュース

【野球】イチロー3度目の国民栄誉賞辞退は松井秀喜を意識したせい? - 04月21日(日)06:49  mnewsplus

 イチロー(45)が国民栄誉賞受賞を辞退した。  菅官房長官によると、 「“人生の幕を下ろした時に頂けるよう励みます”との返答があった」  とのことである。  イチローが国民栄誉賞を辞退したのは今回で3回目。1回目は大リーグ1年目で首位打者になった2001年。2回目はシーズン最多安打記録を樹立した04年だ。それぞれ「まだ若いので」「プレーを続けているので」と断っている。  いったいなぜこれほど受賞を拒むのか。 「13年に受賞している松井秀喜(44)と同格扱いされたくないのでは」  とは大手紙大リーグ記者。...
»続きを読む
カテゴリー:

「娘をレイプした父親を無罪」バカ判決の裁判長は他にも… - 04月19日(金)08:50 

 週刊新潮が2019年4月18日号で『娘を性のはけ口にした父が無罪というバカ判決「裁判長」』という記事を出した。名古屋地裁岡崎支部の鵜飼祐充裁判長(59)が父親による凌辱事件を判決で「事実」と認めながら、最終的には「無罪 […]
カテゴリー:

娘に性交を強要したとされる父親が無罪になった件で週刊新潮が裁判官に直撃「広報を通して下さい」そう繰り返しながら全力で逃げる★3 - 04月18日(木)20:19  newsplus

 ところが、名古屋地方裁判所岡崎支部の裁判官・鵜飼祐充(うかいひろみつ)裁判長(59)の場合はといえば、どうだろう。  法服を脱ぎ捨て、帰宅するため自転車に跨った彼は、裁判所の外にいた「週刊新潮」記者の問いかけに、思わずギョッとした表情を見せた。 「広報を通して下さい」  そう繰り返すばかりの鵜飼裁判長は、細い路地にもかかわらず、ペダルを漕ぐスピードをどんどん上げていく。全力疾走で追いすがる記者を交差点で振り切り、散り始めた桜の花びらが舞う中、身を屈めながら街中へと姿を消してしまった。心の奥底...
»続きを読む
カテゴリー:

娘に性交を強要したとされる父親が無罪になった件で週刊新潮が裁判官に直撃「広報を通して下さい」そう繰り返しながら全力で逃げる - 04月18日(木)13:36  newsplus

 ところが、名古屋地方裁判所岡崎支部の裁判官・鵜飼祐充(うかいひろみつ)裁判長(59)の場合はといえば、どうだろう。  法服を脱ぎ捨て、帰宅するため自転車に跨った彼は、裁判所の外にいた「週刊新潮」記者の問いかけに、思わずギョッとした表情を見せた。 「広報を通して下さい」  そう繰り返すばかりの鵜飼裁判長は、細い路地にもかかわらず、ペダルを漕ぐスピードをどんどん上げていく。全力疾走で追いすがる記者を交差点で振り切り、散り始めた桜の花びらが舞う中、身を屈めながら街中へと姿を消してしまった。心の奥底...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】NHKの中に「大人計画」がめっちゃ好きな人がいるんだろうなということがよくわかる番組 - 04月17日(水)22:04  mnewsplus

芸能週刊新潮 2019年4月18日号掲載  そんな大人計画が結成30周年を迎え、「朝まで『大人計画テレビ』~松尾スズキと25人の仲間たち~」が放送された(NHK BSプレミアム・3月31日)。主宰・松尾スズキと劇団員14人、所属タレント11人が一堂に会し、昔の映像とともに大人計画の歴史を振り返る6時間強、という暴挙だった。NHKの中に、大人計画がめっちゃ好きな人がいるんだろうなということがよくわかる番組だった。私自身はごくたまに舞台を観に行き、DVDを買う程度のにわかファンだ。30年来の古参ファンではないし、歴史をほぼ知らなか...
»続きを読む
カテゴリー:

常盤貴子(47)が平成最後の日に締まり抜群の超名器でナマ中出し妊活SEXの予定 - 04月19日(金)14:58  news

ミラクルセクシー常盤貴子 4億円豪邸で「妊活」再始動!  とびっきりの美人というわけでもない、あのセクシーさはどこから生まれてくるのだろう。常盤貴子(46)の色気がハンパない!  平成最後の日となる4月30日、常盤が47歳の誕生日を迎えるのを節目に、離婚寸前とされた夫の長塚圭史(43)と新居4億円豪邸で「復縁妊活SEX」をスタートするという。  「常盤は3月まで日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系)で久々の連ドラ主演。最終回の平均視聴率が11・5%と理想的な終わり方で、内容も面白いと評判でした。そうした中、3月20日発売...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】長渕剛、20年ぶり主演映画の劇場公開が微妙? 内容もスタッフも本人の独断か - 04月19日(金)08:40  mnewsplus

歌手の長渕剛が99年公開の「英二」以来、20年ぶりに映画主演を務める映画「太陽の家」(権野元監督、来年公開)の製作が発表されていたが、 現状では配給会社が決まっていないことを、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。 長渕が同作で演じるのは、神技的な腕を持つ大工の棟梁・川崎役。しっかり者の女房&年ごろの娘と幸せに暮らし、弟子たちと仕事に励んでいるが、 ある日、シングルマザーと少年と出会った川崎は、父親を知らずに育ったという少年と次第に距離を縮めて心を通わせるように。そして、この親子に家を作ろうと思...
»続きを読む
カテゴリー:

娘に性交を強要したとされる父親が無罪になった件で週刊新潮が裁判官に直撃「広報を通して下さい」そう繰り返しながら全力で逃げる★2 - 04月18日(木)15:45  newsplus

 ところが、名古屋地方裁判所岡崎支部の裁判官・鵜飼祐充(うかいひろみつ)裁判長(59)の場合はといえば、どうだろう。  法服を脱ぎ捨て、帰宅するため自転車に跨った彼は、裁判所の外にいた「週刊新潮」記者の問いかけに、思わずギョッとした表情を見せた。 「広報を通して下さい」  そう繰り返すばかりの鵜飼裁判長は、細い路地にもかかわらず、ペダルを漕ぐスピードをどんどん上げていく。全力疾走で追いすがる記者を交差点で振り切り、散り始めた桜の花びらが舞う中、身を屈めながら街中へと姿を消してしまった。心の奥底...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】「のん」こと能年玲奈、“東北”ではなく“兵庫愛”前面押しのご当地アイドルに - 04月18日(木)11:02  mnewsplus

 何しろ、「じぇじぇじぇ!」なる北三陸方言を全国区にした立役者である。そんな「のん」こと能年玲奈(25)に、「家族と話す時は関西弁」(本人のインスタより)と言われても違和感を覚えるばかり。 独立騒動でめっきり露出の減った彼女だが、実はいま、東北ではなく「関西」でご当地アイドルになっていた。  そもそも、のんが出身地を「兵庫県神河町」と公表したのは2017年のこと。  13年に放映されたNHKの朝ドラ「あまちゃん」でブレイクし、「東北の素朴な美少女」のイメージが定着したワケで、あえて関西出身を公言してこな...
»続きを読む
カテゴリー:

新潮「中2の実娘を5年間強姦し続けた父親に無罪判決の裁判官が自転車で逃げるので追いかけてみた」 - 04月17日(水)12:29  news

娘を性のはけ口にした父がまさかの無罪! 判決文に見る「鬼畜の所業」 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190417-00559996-shincho-soci&p=1 最難関の司法試験を通過した秀英の中で、最もエリートとされるのが裁判官らしい。法に基づき裁きを下し、社会秩序に貢献する。だが、この世評も今一度、疑ってみた方がよさそうだ。娘を性のはけ口にした父が、まさかの無罪というバカ判決はなぜ下されたのか。  *** 「被告人は無罪」――。そう裁判長が口にすれば、罪を犯したとされた人間は一転、大手を振って街を闊歩でき...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「週刊新潮」の画像

もっと見る

「週刊新潮」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる