「連邦取引委員会」とは?

関連ニュース

Youtubeでムカつく広告 - 11月13日(水)23:34  poverty

Tiktok 2019年9月、YouTubeは「保護者の同意なしに子どもの個人情報を違法に収集し、児童オンラインプライバシー保護法(COPPA)に違反した」として、連邦取引委員会(FTC)に1億7000万ドル(約180億円)の和解金を支払うことに合意しました。 こうした点を背景に、YouTubeはCOPPAの遵守を徹底する方針を固めており、「YouTubeのクリエイターは自分の投稿したムービーが子ども向けかどうかを選択し、YouTubeに申告する必要がある」と訴え、既に投稿したムービーについても設定変更を呼びかけています。 YouTubeがクリエイターに「動画...
»続きを読む
カテゴリー:

「FRBは即時決済システムの早期導入を」、米政府高官が仮想通貨リブラやウォール街の独占に危機感【ニュース】 - 11月09日(土)11:30 

11月7日、米連邦取引委員会(FTC)のロヒット・チョプラ委員が、米連邦制度理事会(FRB)に対して、即時決済システム「FedNow」を早期に導入するよう要請する書簡を出した。
カテゴリー:

インフルエンサー向けガイド、米当局が公開--スポンサード投稿の情報開示など - 11月07日(木)11:14 

米連邦取引委員会(FTC)がソーシャルメディア上のインフルエンサー向けのガイドを公開した。主に宣伝投稿にまつわるトラブルの回避を目的とし、スポンサーシップを開示すべき状況などについて、具体的にアドバイスしている。
カテゴリー:

YouTubeがクリエイターに「動画が子ども向けかどうか選択するように」と呼びかけ - 11月13日(水)13:10 

2019年9月、YouTubeは「保護者の同意なしに子どもの個人情報を違法に収集し、児童オンラインプライバシー保護法(COPPA)に違反した」として、連邦取引委員会(FTC)に1億7000万ドル(約180億円)の和解金を支払うことに合意しました。こうした点を背景に、YouTubeはCOPPAの遵守を徹底する方針を固めており、「YouTubeのクリエイターは自分の投稿したムービーが子ども向けかどうかを選択し、YouTubeに申告する必要がある」と訴え、既に投稿したムービーについても設定変更を呼びかけています。
カテゴリー:

カリフォルニア州が調査への協力不十分としてFacebookを提訴 - 11月07日(木)20:15 

米国カリフォルニア州のXavier Becerra(ザビエル・べセラ)司法長官は、Facebook(フェイスッブック)とCambridge Analytica(ケンブリッジ・アナリティカ)に関する州の調査に資料を提出せず「調査の足を引っ張り続けている」としてFacebookを提訴した。 べセラ司法長官は11月6日、訴状の中でFacebookが1年以上前に始まった非公開の調査にかかる2回にわたる召喚状への対応が「明らかに不十分」だったと述べている。訴状には「Facebookは19件の質問に対して答えておらず、6件の提出要求では書類を出さなかった」と書かれている。 対象となる書類は、CEOのMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏やCOOのSheryl Sandberg(シェリル・サンドバーグ)氏を含む役員のやり取り、そして同社のプライバシー変更に関係する資料だ。 訴状ではFacebookに関して、司法長官が言うところの「世界で最も金を持っている企業の1社による非合法的な事業プラクティスについての深刻な疑惑」にかかる「正当に発行された召喚状と質問にFacebookは対応しなかった」と説明している。そしてべセラ司法長官はいま、Facebookに書類を提出させるよう裁判所に求めている。 今はなきCambridge Analyticaは、米大統領選時に選挙関連の広告でどうい...more
カテゴリー:

個人情報の漏洩を防ぐ方法とは? - 10月31日(木)06:09 

United States Computer Emergency Readiness Team (US-CERT)は10月29日(米国時間)、米国連邦取引委員会(FTC: Federal Trade Commission)が個人情報の窃取を防止するためのヒントをまとめた記事を公開したと伝えた。
カテゴリー:

「連邦取引委員会」の画像

もっと見る

「連邦取引委員会」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる