「連絡手段」とは?

関連ニュース

【ビジネスマナー】やってはいけないNG行動は? “電話応対”の基本マナー | ananweb - マガジンハウス - 04月22日(月)20:00 

リモートワークが定着したことで、以前より電話を使う機会は少なくなったが、取引先と最初にやりとりをする際や緊急時の連絡手段は電話がまだまだ主流。電話応対は会社のイメージを左右しかねない重要なスキルなので、明るい応対を心がけて。またかける時は、こちらの都合で相手の時間に割り込むということを念頭に置いて、心配りを忘れずに。電話 編出る時は明るい応対を、かける時は配慮を。基本原則1. 電話応対は会社のことを知るチャンス!会社の顔として電話応対するので、いつでも会社の代表として出る意識を。「電話に出ると、働いている会社がどのような顧客を抱えているか、社内の人がどんな仕事をしているのかが分かり、社内の事情をよく知れます。また、電話に出るのが苦手な人も多いので、率先して出るようにすると、社内での評価もグッと上がります」(ライフスタイリスト・北條久美子さん)基本原則2. 明るく元気な声のトーンで好印象を狙おう。電話は相手の顔が見えないので、声だけが頼り。「電話応対時の体勢や表情が、声や言い回しに影響するので、明るく元気に気持ちのよい応対を心がけて。電話での声は実際より低く聞こえるため、いつもより高い声で話すのがベター」。周りの話し声や雑音が筒抜けになっている場合もあるので、かける場合は静かな環境を選ぶことも大切。基本原則3. 用件を聞き漏らさないようにメモ必須。どこの会社から、誰宛てで、どんな用件...more
カテゴリー:

AIは正しい?スペースワンの小型ロケット「カイロス」はなぜ自爆を選択したのか - 04月10日(水)18:48 

3月13日、日本の民間ロケットで初めて人工衛星を軌道に乗せるべく打ち上げられた宇宙事業会社スペースワンの「カイロス」初号機は、上昇から約5秒後に爆発しました。爆発の理由は、搭載されたコンピューターの判断と伝えられています。この出来事について、その後の報道量が少なく詳細がわからないことに「憤っている」と語るのは、施術家の吉田正幸さん。今回のメルマガ『施術家・吉田正幸の「ストレス・スルー術」』では、そもそも爆発を判断したのが人間ではなかったことに注目。Googleの生成AI「Gemini」が炎上した件などにも触れ、AIへの過信に疑問を投げかけています。 小型ロケット「カイロス」の爆発とAI 宇宙開発ベンチャー企業「スペースワン」の小型ロケット「カイロス」初号機が先月13日、同社の発射場「スペースポート紀伊」(和歌山県串本町)から打ち上げられたが、直後に爆発し失敗した。ここから日本の新しい宇宙開発の未来が広がるはずだったのに、もっと報道されてもいい事故だと思い憤りを感じた。 飛行中断処置が行われたといい、搭載した政府の小型実証衛星は失われた。同社によると負傷者はいない。原因は不明で、飛行データなどを基に今後、解明を進める。 日本の民間宇宙利用の“先兵”の一つとして期待されたが、技術の壁を認識する事態となった。イーロン・マスク氏も「ロケットは難しい」とXエックスに投稿した。 世間ではそんな...more
カテゴリー:

こんなの見てる