「通販事業」とは?

関連ニュース

睡眠の悩みをプロが解決【通販責任者に聞く nishikawaの戦略と展望㊥】 通販から「相談所」への送客も - 07月18日(木)12:00 

 前号に引き続き、寝具メーカーのnishikawa(=西川)が強化を進めている通販事業での戦略や今後の展望について、責任者の大川裕史部長(写真(右))と須藤健二朗課長に聞いた。                                                                                 ◇  ――ECの集客で行っていることは。  須藤「通販サイトに来てもらうための情報発信はかなり強化している。あとはEC限定商品や企画商品のように当社ならではの特別感を提供することで、しっかりと購入してもらえるファンを作ること」  大川「寝具は特に消費の二極化が進んでいる分野だと思う。寝具であればどんなものでも良いという顧客がいる一方で、『睡眠』というキーワードで価値を求められている顧客については、私たちのようなメーカーから直接購入したいという想いが強...more
カテゴリー:

PayPayに勝つためには必要不可欠。NTTドコモの新社長が「銀行業参入」に超前向きな理由 - 07月16日(火)15:34 

6月14日にNTTドコモの新社長に54歳という若さで就任した前田義晃氏。NTTドコモといえば携帯大手にあって唯一銀行を持たないことで知られますが、新社長はどのような展開を頭に描いているのでしょうか。今回のメルマガ『石川温の「スマホ業界新聞」』ではケータイ/スマートフォンジャーナリストの石川さんが、前田氏へのインタビューを通して得た同社の銀行業参入に対する「温度感」を紹介しています。※本記事のタイトルはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:d払いがPayPay、楽天ペイに勝つためには―-顧客囲い込みだけじゃない銀行業の必要性 ドコモがPayPayに勝つには銀行が必要なワケ 先日、NTTドコモの新社長、前田義晃氏のインタビュー取材をしてきた。吉澤和弘社長時代まで、毎年、夏頃に様々なメディアからインタビューを数日間にわたって受け続けるという、修行のような期間がNTTドコモの社長には設けられていたのだが、井伊基之社長時代には一切、行われていなかった。それが前田社長なって即復活。先週から今週にかけて、各メディアにインタビュー記事が大量に掲載されている。 NTTドコモが金融事業を強化していくなかで、銀行業への参入を窺っているというのは、これまでの記者会見や今回のインタビューでも登場してきた話だ。 筆者もインタビューの中で前田社長に銀行業参入に対する「温度感」を確かめたかった。 実際、すで...more
カテゴリー:

通販シェアの拡大図る【通販責任者に聞く nishikawaの戦略と展望㊤】 マットレスやクッション好調 - 07月11日(木)12:00 

 寝具メーカーのnishikawa(=西川)では、実店舗をはじめECやテレビ、カタログなど様々なチャネルで通販事業を展開しており、最近では直販による顧客接点の強化にも乗り出している。また、販路拡大と並行して、実店舗を使って眠りに関する相談を受け付けるアドバイザーサービスの全国展開も本格化。商品とサービスの両面で睡眠市場に挑む同社の取り組みについて、通販責任者の大川裕史部長(写真(右))と須藤健二朗課長に聞いた。  
カテゴリー:

クオリティア、レバレッジが個人情報保護に「Active!gate SS」を導入(BCN) - 07月10日(水)15:24 

 クオリティアは7月9日、レバレッジによるクラウド型メール誤送信防止サービス「Active!gate SS」の導入事例を発表した。  レバレッジは、フィットネスブランド「VALX」の通販事業や24時
カテゴリー:

売上をあげるブランディングとは【「D2Cの会フォーラム2024」より 注目事業者のブランディング戦略】 有力3社が取り組み語る - 07月01日(月)11:00 

 売れるネット広告社が6月13日に都内で開催した通販事業者向けイベント「D2Cの会フォーラム2024」で実施したセミナーの中から、I‐ne執行役員CSOの伊藤翔哉氏、ランクアップ取締役副社長の日髙由紀子氏、DINETTE代表取締役CEOの尾﨑美紀氏とモデレーターのofficeK代表取締役の田岡敬氏によるトークセッション「売上をアップする『ブランディング』」を紹介する。D2Cに欠かせないブランディングについて、有力各社の取り組みを見ていく。(内容の一部を抜粋・要約)  
カテゴリー:

高島屋、第1四半期の通販売上は5%減 今期中に化粧品ECサイト構築へ - 07月18日(木)12:00 

高島屋の2024年3ー5月期(第1四半期)における、通販事業の売上高は、前年同期比5%減の約75億円だった。2025年2月期中には、化粧品の独立したECサイトを構築する予定だという。 通販全体の売上高のうち、「EC事業」の売上高は、前年同期・・・
カテゴリー:

寝具メーカー 西川の挑戦、販路拡大とアドバイザーサービスの本格化の裏側 - 07月15日(月)08:59 

寝具メーカーのnishikawa(=西川)では、実店舗をはじめECやテレビ、カタログなど様々なチャネルで通販事業を展開しており、最近では直販による顧客接点の強化にも乗り出している。また、販路拡大と並行して、実店舗を使って眠りに関する相談を受け付けるアドバイザーサービスの全国展開も本格化。商品とサービスの両面で睡眠市場に挑む同社の取り組みについて、通販責任者の大川裕史部長(写真右)と須藤健二... このコンテンツは FASHIONSNAP が配信しています。
カテゴリー:

コスト削減、商品育成で復調 食品取扱もスタート、CRM強化も - 07月11日(木)12:00 

 テレビ通販事業などを展開するオークローンマーケティングが攻勢に打って出る。コロナ禍による巣ごもり特需の反動減の影響や主力商品の不振などで2022年3月期から2期連続で2桁減収および赤字となり、立て直しを図るため、テレビ通販枠を含むマス媒体への広告出稿量削減や東京事務所の縮小、早期退職募集などなりふりかまわないコスト削減を断行せざるを得ない状況に陥ったものの、そうした構造改革が実を結んだことで前期(2024年3月期)は売上高は前年実績を下回ったものの減収幅は1桁台と下げ止まりつつあり、利益面も黒字回復した。基礎体力が整ったことで今期(2025年3月期)からは反転攻勢に転じ、次代の主力商品の本格展開や売れ筋商品のテコ入れほか、前期後半から着手し始めた食品の取り扱いを本格化されることなどを含む既存顧客の囲い込みやCRM戦略強化に本腰を入れるなどの取り組みを積極化。再成長に向けた戦略を強化していく考えだ。  
カテゴリー:

「Suicaのペンギン」トラベルグッズ発売。ace.スーツケース/手編みショルダーバッグ/10気圧防水フックウォッチ - 07月09日(火)11:59 

 千趣会の通販事業ベルメゾンは、JR東日本「Suicaのペンギン」とコラボした新作トラベルグッズを7月9日に発売する。
カテゴリー:

こんなの見てる