「通貨」とは?

関連ニュース

Google、Ethereumを仮想通貨だとして広告ブラックリストに登録 - 01月18日(金)08:00 

あるAnonymous Coward曰く、Googleは昨年6月に仮想通貨関連サービスの広告出稿を禁止したが(過去記事)、その後日本と米国においては条件付きで広告出稿が解禁された(Forbes)。そのため、仮想通貨と言うよりは分散処理プラットフォームとしての位置付けが強いEthereumに関しても日米以外では広告が出稿できない状態になっているという(Yahoo!News、Slashdot)。 スマート・コントラクトのセキュリティ監査をしているDecenterのツイートによって判明した。GoogleがDecenterのツイートに回答した内容によれば、Ethereumを含む仮想通貨の広告は日本および米国のみで認めており、それ以外の国で広告を打つことは適切ではないため行った対応であるとしている。 Decenterのツイートによると、広告に「ethereum security audits」や「ethereum development services」といった単語を入れるとエラーになったそうだ。 すべて読む | ITセクション | テクノロジー | Google | 広告 | 関連ストーリー: 世界銀行、債券の発行にブロックチェーンを活用へ 2018年08月15日 BitTorrentを...more
カテゴリー:

ゴールドマンサックス「今ビットコインを富裕層がどんどん買ってる!取引量が上がってる!お前らもビットコインを買ってくれええ!」 - 01月17日(木)21:27  poverty

ゴールドマンサックス「今ビットコインを富裕層がどんどん買ってる!取引量が上がってる!お前らもビットコインを買ってくれええええええ!」 ビットコインのOTC取引量増加=ゴールドマン・サックス関係者 大手投資銀行ゴールドマン・サックスが、UHNW(超富裕層)の顧客による ビットコイン(BTC)の買いが増加していると仮想通貨情報サイトのアバカス・ジャーナルの報道で明らかになった。 報道によればゴールドマン・サックスのOTC市場担当者2名が、 2018年末~2019年にかけて超富裕層の顧客によるビットコイン購入の増加...
»続きを読む
カテゴリー:

ICOプロジェクト実施チームの独自トークン保有アドレスを調査、トークン価値はおよそ5分の1に - 01月17日(木)20:07 

海外大手の仮想通貨取引所BITMEXが1月16日、ICOプロジェクトチームの独自発行トークンを保有するアドレスに関する調査レポートを公開した。 BITMEXはこれまでICOに関して2017年9月と2018年10月に調査を行なっている。2回の調査により、過去にICOで発行されたトークン価格は総額242億米ドルに上るが、現在の価格に換算すると約50億米ドルにまで落ち込んでいることが判明した。価格下落の主な原因として、トークンの市場価格の下落とICOプロジェクトチームが保有するアドレスから15億米ドルの移動があったことを指摘している。 レポートでは、①プロジェクトチームの管理するアドレス宛に発行されたトークンの価格、②価値の損失が大きいトークン、③チームの管理するコイン総量に応じた損失が大きいプロジェクト、③チームの管理するアドレスに残存するコインの価格、④チーム管理のアドレスから移転したコインの価格、⑤チームの管理するトークンの現在価格、⑥プロジェクトチームの独自トークン保有数、の6つが公開されている。 BITMEXでは、データ収集方法にあたってイーサリアムブロックチェーン上のスマートコントラクトとトランザクションパターンを分析し、機械学習の手法を適用することによって各プロジェクトチームアドレスを特定している。しかし、データは確率論的な推定の域を出ておらず、個々のプロジェクトレベルでは...more
カテゴリー:

世界初の仮想通貨XRP採用銀行に大手メディアも注目 |「大手銀行じゃない」との指摘にリップルのクジラが反論 - 01月17日(木)18:45 

英国のEuro Exim銀行のXRP採用は、XRPにとってどれほど大きなニュースなのだろうか?仮想通貨XRPのクジラ(大口投資家)セス・リム氏がコインテレグラフ日本版の取材に答えた。
カテゴリー:

仮想通貨カストディのビットゴーがOTC取引大手のジェネシスと提携 | コールドストレージから直接売買 - 01月17日(木)17:24 

ブロックチェーンセキュリティ企業のビットゴー(BitGo)は、仮想通貨の店頭(OTC)取引プラットフォームであるジェネシス・グローバル・トレーディングと提携を結んだ。
カテゴリー:

【トルコ】売り止まぬトルコリラ、「危機の傷」癒えず - 01月18日(金)06:40  newsplus

https://jp.reuters.com/article/turkish-lira-idJPKCN1PA0LI ビジネス 2019年1月16日 / 10:01 / 21時間前更新 売り止まぬトルコリラ、「危機の傷」癒えず Reuters Staff [ロンドン 15日 ロイター] - 昨年約20年ぶりの大幅な下落を記録したトルコリラだが、金融政策当局の信認がかろうじて崩壊を免れ、為替市場が世界的に落ち着きを取り戻したことから、今年は持ち直しを予想する声が多かった。しかし年初からの動きは期待を大きく裏切っている。 トルコは政治的な緊張やガバナンスへの不安、金融・財政政策の不透明さな...
»続きを読む
カテゴリー:

【アルゼンチン】 日本向け「サムライ債」償還の和解案公表 - 01月17日(木)20:45  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190117/k10011781621000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005 アルゼンチン 日本向け「サムライ債」償還の和解案公表 2019年1月17日 19時49分 南米のアルゼンチンは、2001年の経済危機で債務不履行を起こした円建ての国債を償還する和解案を公表し、長年に及ぶ債務問題の解決を急ぐ考えを示しました。 これは、アルゼンチン政府が17日、都内で記者会見して明らかにしました。アルゼンチンは1996年から2000年にかけて、日本の投資家向けに円建ての国債「サムライ債」を1900億円余り...
»続きを読む
カテゴリー:

南アフリカ中央銀行、仮想通貨に関する政策提言を公表。仮想通貨に関するサービス提供事業者に対して登録制の導入へ - 01月17日(木)19:53 

南アフリカの中央銀行South African Reserve Bank(以下、SARB)が1月16日、仮想通貨の政策提言に関する「Consultation paper」を公開した。Consultation paperの目的は、仮想通貨についてのリスクと利点の説明を行い適切な規制アプローチについての議論を行った上で、業界参加者および利害関係者に政策提案を提示することだ。 SARBによると、現時点で仮想通貨に脅威のないものの、仮想通貨によってもたらされる一般的なリスクや仮想通貨特有のリスクなど、想定されるさまざまなリスクがあるとされている。 仮想通貨によってもたらされるリスクには、①仮想通貨が中央銀行の通貨発行権に及ぼすリスク、②利用者保護の欠如やマネーロンダリング・テロ資金供与などの不正行為の増加リスク、が挙げられている。南アフリカでは仮想通貨の価格上昇に伴って顧客数や取引量が過去3年で大幅に増加してきており、市場の不完全さから潜在的なリスクがある可能性を把握しながらも、顕在化するリスクに対して優先的に対処していくとしている。仮想通貨特有のリスクについては、①法規制などが定まっていない中での仮想通貨売買がもたらすリスク、②決済・支払手段としてすらも十分に機能していないことのリスク、について述べられている。 仮想通貨には投資家および利用者の両面で利点がある。投資家としては特定の国の政...more
カテゴリー:

「HUNTER×HUNTER グリードアドベンチャー」がサービス再開。お詫びとしてGストーンの配付や,Sランクカードが確定するガシャなどを提供 - 01月17日(木)18:21 

 バンダイナムコエンターテインメントが配信するスマホアプリ「HUNTER×HUNTERグリードアドベンチャー」の公式Twitterアカウントで,本日(2019年1月17日)サービス再開が発表された。これに伴い,ゲーム内通貨「Gストーン」,Sランクカードが確定し,かつ無料で実行可能なガシャ「長期メンテナンスのお詫び」が提供される。
カテゴリー:

【単独】仮想通貨取引所バイナンス、スマートコントラクト監査のサーティックと提携 | さらなるセキュリティ向上が狙い - 01月17日(木)17:00 

仮想通貨取引所バイナンスがブロックチェーンセキュリティー企業CertiK(サーティック)と提携した。
カテゴリー:

もっと見る

「通貨」の画像

もっと見る

「通貨」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる