「通信事業」とは?

関連ニュース

TOKAIコミュニケーションズ、ホステッド・ プライベートクラウドサービス基盤にNutanixを採用 - 08月04日(火)16:00 

リモート対応が柔軟に実施できる安定した環境構築により、新型コロナウイルスの影響下における運用管理の心理的負担軽減にも寄与ニュータニックス・ジャパン合同会社 (本社: 東京都千代田区、社長: 町田 栄作、以下Nutanix) は本日、 株式会社TOKAIコミュニケーションズ(本社:静岡県静岡市、代表取締役社長: 福田 安広)が提供しているホステッド・プライベートクラウドサービス「Praclaホステッド プライベートクラウド」の基盤にNutanix Enterprise Cloud OSが導入されたことを発表しました。TOKAIコミュニケーションズは、TOKAIグループの情報通信事業を担う企業として1977年3月に設立されました。総延長約7,000kmの光ファイバーを活用してキャリア・企業向け通信サービスを展開する通信事業をはじめ、静岡および岡山に設置されたデータセンターにてシステムの運用管理を手掛けるデータセンター事業、そしてビジネスに必要な環境整備を行うシステムインテグレーション事業を三位一体となって提供しています。「Praclaホステッド プライベートクラウド」の基盤として利用してきたハイパーバイザーのサービス終了に伴い、新たな基盤を導入することになりました。新たな基盤づくりにあたって、迅速な環境構築だけでなく、旧基盤で生じていたバージョンアップ時のサービス停止、限定的なスナップ...more
カテゴリー:

国内初、TVCM・WEB広告・DOOH 接触~購買の効果測定をID単位で可能とする「docomo data square」提供開始 - 08月04日(火)15:00 

  国内初、TVCMやWEB広告、デジタルOOHの接触から購買までの効果測定を ID単位で可能とする「docomo data square」を提供開始                                  株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、株式会社電通(以下、電通)、株式会社電通デジタル(以下、電通デジタル)、株式会社LIVE BOARD(以下、LIVE BOARD)、株式会社D2C(以下、D2C)の5社は、国内初※1の取り組みとして、TVCM、WEB広告やデジタルOOH広告の接触から商品購買までの効果測定がID単位※2で可能となる「docomo data squareTM(ドコモデータスクエア)」を2020年8月4日(火)から提供開始します。    「docomo data square」は、ドコモが保有する位置情報データやdポイント会員データと、電通グループが「People Driven DMP®※3」で保有する「STADIA※4」をはじめとしたテレビ・デジタル等のメディア接触データ、LIVE BOARDが配信可能なデジタルOOH※5(LIVE BOARD マーケットプレイス※6)の配信ログ、及びD2Cの広告配信ログを、ドコモが保有する基盤にて統合することで、ID単位をキーとしたデータベースとして分析※7が可能となります。  ...more
カテゴリー:

【悲報】キャリアスマホの販売不振が深刻…ドコモ130万台減、KDDI45万台減 - 08月03日(月)19:43  poverty

ドコモのスマホ販売が約130万台減る、販売費用は849億円減 端末販売台数は、約215万台と前年同期の約344万台に比べて大幅な落ち込みを見せた。 端末の販売数について同社代表取締役社長の吉澤和弘氏は、新型コロナウイルスによる影響と昨年の新プラン導入前に端末販売が非常に売れたことの2つの要因があると説明。 ↓全文 https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1269034.html KDDIの端末販売数が前年同期比45万台減、高橋社長「少々焦りを感じている」 KDDIの高橋誠代表取締役社長は31日、2020年度の第1四半期決算の説...
»続きを読む
カテゴリー:

「QuickQA」「QuickSummary」搭載の「Enour CallAssistant」提供開始 - 08月03日(月)11:30 

2020年8月3日 株式会社エーアイスクエア (報道発表資料) 2020年8月3日 株式会社エーアイスクエア   「QuickQA」「QuickSummary」搭載の「Enour CallAssistant」提供開始 ~お客さまとの会話をテキスト化し、適切な回答もアシスト~ 人工知能(AI)を活用した各種ITサービスとコンサルティングを提供する株式会社エーアイスクエア(本社:東京都千代田区、代表取締役:石田正樹)は、株式会社オプテージ(本社:大阪府中央区、代表取締役:荒木 誠)が本日より提供を開始する「Enour(エナー)CallAssistant」のFAQレコメンド機能、自動要約・分類サポート機能に、当社の自動応答エンジン「QuickQA」と自動要約・分類エンジン「QuickSummary」が採択されたことを発表いたします 。   ●Enour CallAssistantサービス詳細ページ URL:http://optage.co.jp/business/service/application/chatsolution/callassistant/    「Enour CallAssistant」は、お客さまとオペレーターの会話内容をリアルタイムにテキスト化し、お客さまからの質問に対して適切な回答をレコメンドします。そのため、新人オペレ...more
カテゴリー:

【スマホ】大躍進「中国スマホOPPO」が見つけた日本人のニーズ - 08月02日(日)23:31  bizplus

2018年に日本市場に参入した中国のOPPO(オッポ)が、SIMフリースマホ市場でシェアを伸ばしている。おサイフケータイ対応など日本を研究したことが大きい。ケータイジャーナリスト・石野純也さんのリポートです。【毎日新聞経済プレミア】  家電調査会社BCNによると、20年6月にはSIMフリーでシェア2位に浮上。同1位のファーウェイ、3位のシャープとともに、最近はこの3社がトップ3の地位を固めている。オッポ躍進の理由は、日本市場のニーズを的確に読み取ったことだ。  19年には、日本市場の専用機「リノA」を投入。おサイフケー...
»続きを読む
カテゴリー:

国内初、TVCMやWEB広告、DOOHの接触から購買までの効果測定をID単位で可能とするdocomo data squareを開始 - 08月04日(火)15:15 

2020年8月4日 株式会社NTTドコモ 株式会社 電 通 株式会社電通デジタル 株式会社LIVE BOARD 株式会社D2C  株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、株式会社電通(以下、電通)、株式会社電通デジタル(以下、電通デジタル)、株式会社LIVE BOARD(以下、LIVE BOARD)、株式会社D2C(以下、D2C)の5社は、国内初※1の取り組みとして、TVCM、WEB広告やデジタルOOH広告の接触から商品購買までの効果測定がID単位※2で可能となる「docomo data squareTM(ドコモデータスクエア)」を2020年8月4日(火)から提供開始します。    「docomo data square」は、ドコモが保有する位置情報データやdポイント会員データと、電通グループが「People Driven DMP®※3」で保有する「STADIA※4」をはじめとしたテレビ・デジタル等のメディア接触データ、LIVE BOARDが配信可能なデジタルOOH※5(LIVE BOARD マーケットプレイス※6)の配信ログ、及びD2Cの広告配信ログを、ドコモが保有する基盤にて統合することで、ID単位をキーとしたデータベースとして分析※7が可能となります。    これにより、従来のマーケティングで課題であった「オフラインデータとオンラインデータの統...more
カテゴリー:

「docomo data square」を提供開始 - 08月04日(火)15:00 

2020年8月4日 株式会社電通デジタル 国内初、TVCMやWEB広告、デジタルOOHの接触から購買までの 効果測定をID単位で可能とする「docomo data square」を提供開始 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、株式会社電通(以下、電通)、株式会社電通デジタル(以下、電通デジタル)、株式会社LIVE BOARD(以下、LIVE BOARD)、株式会社D2C(以下、D2C)の5社は、国内初※1の取り組みとして、TVCM、WEB広告やデジタルOOH広告の接触から商品購買までの効果測定がID単位※2で可能となる「docomo data square™️(ドコモデータスクエア)」を2020年8月4日(火)から提供開始します。 「docomo data square」は、ドコモが保有する位置情報データやdポイント会員データと、電通グループが「People Driven DMP®※3」で保有する「STADIA※4」をはじめとしたテレビ・デジタル等のメディア接触データ、LIVE BOARDが配信可能なデジタルOOH※5(LIVE BOARD マーケットプレイス※6)の配信ログ、及びD2Cの広告配信ログを、ドコモが保有する基盤にて統合することで、ID単位をキーとしたデータベースとして分析※7が可能となります。 これにより、従来のマーケティングで課題であった「オフライ...more
カテゴリー:

MOVUブランド 光学式眼内寸法測定装置 SS-OCT バイオメータ ARGOS(モデル名:ARGOS(R) Ver.1.5)の日本国内での発売開始について - 08月03日(月)13:00 

当社医療機器ブランド「MOVU」は、光学式眼内寸法測定装置 SS-OCT バイオメータ ARGOS (R)(モデル名:ARGOS (R) ver1.5。以下、「ARGOS (R) ver1.5」と言います)について、下記の通り日本国内での発売を開始しましたので、お知らせいたします。                        記当社は、当社の開発したARGOS(R)と、Alcon, Inc.(本社: スイスジュネーブ、以下「アルコン」)の製造販売する白内障手術ガイドシステム「VERIONTM」(べリオン)の生体計測機能、手術計画作成機能を統合し、「ARGOS(R) Ver.1.5」として、本日8月3日に日本国内での発売を開始いたします。本製品は、当社とアルコンとのグローバル戦略的アライアンスにより、アルコンが全世界での独占販売代理店となります。同製品により、白内障手術に必要とされる眼軸長(眼球の長さ)を含む生体計測から手術計画まで、1台でよりシームレスかつ精度の高い白内障手術前の検査・計画が可能になります。本製品の詳細については、以下の日本アルコン株式会社のプレスリリースを併せてご覧ください。「日本アルコン、白内障手術前検査向け光学式眼軸長測定器「ARGOS(R) Ver.1.5」8月3日発売」(2020年8月3日発表)https://www.alcon.co.jp/press-...more
カテゴリー:

中国のOPPO(オッポ)SIMフリースマホ市場でシェア2位に浮上 - 08月03日(月)08:01  poverty

中国のOPPO(オッポ)が SIMフリースマホ市場でシェアを伸ばしている。 おサイフケータイ対応など日本を研究したことが大きい。 20年6月にはSIMフリーでシェア2位に浮上。 同1位のファーウェイ、3位のシャープとともに、 最近はこの3社がトップ3の地位を固めている。 オッポ躍進の理由は、 日本市場のニーズを的確に読み取ったことだ。 19年には、日本市場の専用機「リノA」を投入。 おサイフケータイ対応で、 高性能の中央演算処理装置(CPU)だが、 4万円を切る価格で人気を集めている。 費用対効果の高いおサイフ...
»続きを読む
カテゴリー:

スマホプランR(10GB月額2980円)が好評でUQモバイルが絶好調 6月は純増数前年比2.4倍 - 08月01日(土)13:21  poverty

このほか高橋氏は、通信事業について、10月の事業承継を予定している「UQ mobile」と、「au」のダブルブランド戦略を拡大する方針を改めて説明。 顧客からは低廉よりもサービスの安定や充実を求める声と、サービスはほどほどでも低廉な料金を求めるという2つの声があるという。 そこで、auでは大容量通信に対応する5Gに注力する一方、UQ mobileで低廉なサービスを求める声に応えていく考えのようだ。 ちなみにUQモバイルの純増数は前年同期比で1.5倍に達するなど好調とのこと。とりわけ6月1日にサービスを開始した「スマホプランR...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「通信事業」の画像

もっと見る

「通信事業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる