「透析治療」とは?

関連ニュース

進まぬ腎移植 中国で手術の女性「助かる命ある」…透析問題の背景を探る - 05月19日(日)21:47 

 人工透析治療を巡る一連の問題の背景にあるのは、国内で進まない腎臓移植だ。  金沢市の石崎真理さん(59)は、腎機能が徐々に低下する「慢性糸球体腎炎」を13歳で発症。37歳の時にがんが見つかり、右腎臓と副腎を摘出した。その後も腎不全の症状は好転せず、2000年に透析生活が始まった。
カテゴリー:

AI駆使で要介護者見守りや在宅透析治療管理、学生スタートアップが8000万円調達 - 05月17日(金)17:24 

METRICA(メトリカ)は、インキュベイトファンドとライフタイムベンチャーズ、およびエンジェル投資家を引受先とした第三者割当増資などにより、総額8000万円の資金調達を完了した。 METRICAは、慶應義塾大学に通う現役学生である西村宇貴氏らが立ち上げた医療系スタートアップ。高齢化により医療に対する需要が高まっている半面、国内の約40%の病院が赤字経営。しかも医師や看護師、介護士の労働時間は一般企業に比べて極めて長時間。そのため人件費がかさむ。同社は、この悪循環をAIを駆使して解決することを目指す。 人手不足を補う手段の1つとして海外からのスタッフの受け入れがあるが、言語の問題で情報の共有が難しい。そこでMETRICAは、外国人介護スタッフ向け電子介護記録を開発。具体的には、医療・介護向けにチューニングした自動翻訳機能を備えた介護記録アプリと、サーバーサイドでの翻訳精度の学習機能により、情報の共有を容易にする。 要介護者がベッドにいるか、部屋にいるか、どれぐらいの速度で歩いているか、きちんと歩けているかなどをカメラとAIを駆使して分析し、転倒や夜間の離室、認知症による異常行動を検知するシステムも開発中だ。これにより、介護士が常時監視しなければならない精神的負担を軽減するという。 さらに近年増加傾向にある透析患者向けのソリューションもある。知的財産権を申請中とのことで具体的な仕組み...more
カテゴリー:

生と死 果てなき問い 透析中止、読者の声 - 05月19日(日)21:41 

 「医師の責務に反する」「仕方なかったのでは」――。公立福生病院(東京都福生市)で昨年8月、腎臓病患者の女性(当時44歳)が外科医(50)から示された人工透析治療の中止に同意して亡くなった問題は、命について、重く鋭く社会に問いかけた。監督官庁の東京都は4月、女性らの説明記録に不備があったなどとして医
カテゴリー:

「透析治療」の画像

もっと見る

「透析治療」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる