「透析治療」とは?

関連ニュース

透析中止判断、提言改訂へ 福生病院問題で専門医ら学会 - 03月25日(月)22:52 

 公立福生(ふっさ)病院(東京都福生市)の人工透析治療をめぐり、透析の専門医らで作る日本透析医学会(理事長=中元秀友・埼玉医科大教授)は25日、透析治療の中止を検討するための提言を今年中に見直す方針を…
カテゴリー:

ベネトクラクスの慢性リンパ性白血病に対する一定投与期間治療を評価する試験の複数のマイルストーンを発表 - 03月25日(月)16:00 

2019年3月25日 アッヴィ合同会社 治療歴のない慢性リンパ性白血病の治療薬として、ベネトクラクスの一定投与期間治療を評価する第III相試験の複数のマイルストーンを発表 ●ベネトクラクスとオビヌツズマブの併用療法を評価する第III相CLL14試験は、併存疾患があり、治療歴のない慢性リンパ性白血病(CLL)に対し、化学療法を含まない一定投与期間の治療を検討する、初めての無作為化臨床試験 ●治療歴のないCLL治療薬として、ベネトクラクスとオビヌツズマブ併用療法の適応追加申請(sNDA)を米国食品医薬品局(FDA)に提出 ●FDAは、本申請の審査にReal-Time Oncology Review(RTOR)パイロットプログラムを適用する予定で、審査を迅速化する意向 ●第III相CLL14試験結果に基づき、ベネトクラクスは5つ目の画期的治療薬(ブレークスルー・セラピー)の指定をFDAより取得 イリノイ州ノースシカゴ、2019年3月7日(米国時間)-グローバルな研究開発型のバイオ医薬品企業であるアッヴィ(NYSE: ABBV)は、治療歴のない慢性リンパ性白血病(CLL)の成人患者さんを対象に、一定投与期間の治療として検討されているオビヌツズマブ併用療法について、ベネトクラクスが米国食品医薬品局(FDA)より5つ目の画期的治療薬(ブレークスルー・セラピー)の指定を受けたことを...more
カテゴリー:

腎臓病に関する情報誌「そらまめ通信」103号が発刊されました。 - 03月22日(金)16:00 

腎臓サポート協会は、腎不全を病む患者さんとそのご家族のQOL(生活の質)を高めるため、腎臓疾患療法に関する情報提供とその普及活動を行う団体として2001年10月1日に設立し、2005年7月2日にNPO法人の認可をうけました。 NPO法人腎臓サポート協会の情報誌「そらまめ通信」は、患者さんのインタビュー記事、腎臓病に関する最新情報、コラム、お料理レシピなどを掲載しています。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 最新号「そらまめ通信」VOL.103号ご紹介 ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ NPO法人腎臓サポート協会の情報誌「そらまめ通信」は、患者さんのインタビュー記事、腎臓病に関する最新情報、コラム、お料理レシピなどを掲載しています。 ▼最新号の103号が発行されましたhttp://www.kidneydirections.ne.jp/support/soramame/tsusin/no103.html2019年3月1日にサイトでご案内しております。 【index】〔1〕 松村満美子のインタビュー「一病息災」〔2〕 心に残る患者さん〔3〕 おいしくたのしく腎健メニュー〔4〕 腎臓教室「新しい血液透析治療    ~健常な腎臓のはたらきに近づくために~」〔5〕 本のご紹介 …………………………………………………【1】 一病息災(患者さんの体験談)…………………...more
カテゴリー:

透析中止問題、東京都が月内にも文書指導へ 福生病院 - 03月20日(水)23:00 

 公立福生(ふっさ)病院(東京都福生市)で腎臓病患者の女性(当時44)が人工透析治療を中止して死亡した問題で、東京都は月内にも、医療法に基づき病院を文書で指導する方針を固めた。女性は死亡前に「透析を再…
カテゴリー:

患者「やっぱ透析再開してほしいんよ…」医師「うるさい!お前はもう死ぬんだ!」→20人が死亡 これもう人殺しだろ… - 03月20日(水)11:12  poverty

「再開要請」聞き入れず、都が認定 病院を指導へ 透析中止女性死亡 3/20(水) 7:00配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00000002-mai-soci 公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療を巡る問題で、 透析治療をやめる選択肢を外科医(50)から提示されて亡くなった女性(当時44歳)について、 都が実施した立ち入り検査の結果が判明した。 都は、女性が何度も治療中止を撤回したいと訴えたにもかかわらず、 外科医は治療再開の要請を聞き入れなかったと認定。 (中略) 外科医は「透析治療を受けている患...
»続きを読む
カテゴリー:

透析中止に新ガイドライン策定へ 医学会、福生病院の主張否定 - 03月25日(月)20:16 

 公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療を巡る問題で、日本透析医学会(理事長=中元秀友・埼玉医大教授)は25日発表した声明で「協働意思決定や人生会議、終末期でない患者の意思決定プロセスなどを追加して改訂する時期に来ている」として、透析中止に関する学会の新たなガイドラインを年内に策定する方針を示し
カテゴリー:

透析中止「患者の意思最優先を」 障害者団体が声明 - 03月22日(金)19:07 

 公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療を巡る問題で、全国の障害者団体でつくる「DPI(障害者インターナショナル)日本会議」(平野みどり議長)は22日、患者の意思の最優先を求める声明を発表した。
カテゴリー:

透析中止報道で露呈。遺族の気持ちを顧みない大メディアの無神経 - 03月21日(木)04:45 

多くの報道がなされている、公立福生病院で起きた人工透析中止による女性患者の死亡事故。しかしその伝え方のほとんどは、ワイドショーのみならず主要新聞各紙までもがセンセーショナルな形となっています。この状況に「違和感を抱く」とするのは、健康社会学者の河合薫さん。河合さんはメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』でその理由を明らかにするとともに、メディア全体に対する自身の要望を記しています。 家族の気持ち、わかりますか? 腎臓病の女性(当時44才)が、昨年8月人工透析を取りやめて死亡した公立福生病院で、透析を中止したり透析を始めない選択をしたりして死亡した患者が、女性を含め計21人に上ることがわかったと、19日共同通信が報じました。 先週15日には、日本透析医学会が立ち上げた調査委員会が、立ち入り調査を実施。調査委の報告に基づき倫理委員会で審議し、正式な見解を示すとしています。 この問題は3月7日に毎日新聞が、「医師、『死』の選択肢提示 透析中止、患者死亡」という見出しで報じたことに端を発しています。 「毎日新聞の取材により明らかになった」と書かれている文面には、 昨年8月、外科医(50)が、患者に対し人工透析治療をやめる選択肢を示した 透析治療中止を選んだ女性が1週間後に死亡した 30代と55歳の男性患者も治療を中止し、55歳の男性が死亡した などが書かれていました。 そ...more
カテゴリー:

透析中止や「非導入」 23%ガイドライン従わず 学会理事調査 - 03月20日(水)22:49 

 公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療を巡る問題で、専門医でつくる日本透析医学会の理事が全国の病院などにアンケート調査したところ、学会のガイドライン(2014年)に従った透析治療中止や「非導入」は76.6%で、4分の1近くが従っていなかった。調査した川島病院(徳島市)の岡田一義副院長は「認知症
カテゴリー:

「再開要請」聞き入れず、都が認定 病院を指導へ 透析中止女性死亡 - 03月20日(水)07:00 

 公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療を巡る問題で、透析治療をやめる選択肢を外科医(50)から提示されて亡くなった女性(当時44歳)について、都が実施した立ち入り検査の結果が判明した。都は、女性が何度も治療中止を撤回したいと訴えたにもかかわらず、外科医は治療再開の要請を聞き入れなかったと認定。
カテゴリー:

もっと見る

「透析治療」の画像

もっと見る

「透析治療」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる