「追加発注」とは?

関連ニュース

アビガン備蓄3倍に 新型コロナ対策で政府 - 04月05日(日)01:17 

 新型コロナウイルス感染症の治療効果が期待されている新型インフルエンザ治療薬「アビガン」について、政府が現在の約3倍に当たる200万人分を備蓄する方向で検討していることが4日、分かった。現在は新型インフルエンザ対策として備蓄しているが、新型コロナ対策として130万人分を追加発注する。安定供給のため、原料の国内生産も推進する。
カテゴリー:

政府、アビガンの備蓄を現在の3倍の200万人分に増産へ あれ?元々200万人分備蓄してたはずでは… - 04月04日(土)20:37  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif 新型コロナウイルス感染症の治療効果が期待されている新型インフルエンザ治療薬「アビガン」について、政府が現在の約3倍に当たる200万人分を備蓄する方向で検討していることが4日、分かった。 現在は新型インフルエンザ対策として備蓄しているが、新型コロナ対策として130万人分を追加発注する。原料生産の中国から国内への切り替えも推進する。 https://this.kiji.is/619130367025710177 現在、国内の備蓄量は約200万人分。国は開発した富士フイルム富山化学(東京)に対し、増産の検討を要請す...
»続きを読む
カテゴリー:

前期、売上高100億円を達成【ユーキャン 通販ブランド「ココチモ」の現状は?】 電子辞書や地球儀など大型販促好調、アパレル分野でも成果 - 03月23日(月)14:00 

 ユーキャンの通販ブランド「ココチモ」は前期(2019年12月期)、大型販促を実施した一般雑貨のヒットや、ファッション領域での顧客開拓と定着化の進展などにより、ココチモ始動時(13年11月)の目標だった売上高100億円を達成した。  前期は、大型販促商材として1月に「カシオ電子辞書」、12月に「しゃべる地球儀」を展開した。前者は事前のテストで反応の良かったA4冊子を新聞に折り込む形を中心に出稿したことで新聞読者の手元に冊子が残り、受注につながったと見られる。また、広辞苑の最新版を収録したことも追い風となり、以前の電子辞書購入者にDMを送って買い換えを喚起。受注量は計画比10%増となった。  後者は、17年に大型販促を実施した地球儀と比べて台座部分を木目調にするなどリニューアルして臨んだ。テレビCMと新聞広告をメインに打ち出し、購入者はココチモの主要顧客層である60代~70代が多かったものの、クリスマス需要の取り込みも狙って12月にプロモーションをかけており、プレゼント用のニーズからウェブ購入比率が他の商材と比べて高かったという。  ココチモの商材はウェブ購入比率が高くないが、ウェブマーケティング専門の部署を立ち上げたことにより、通販サイトは大型販促を実施する際の受け皿としてだけではなく、積極的にECチャネルを生かす取り組みにも着手。地球儀の台座部分を、宇宙をイメージしたウェブ...more
カテゴリー:

【政府】アビガン備蓄3倍に 新型コロナ対策 - 04月04日(土)20:59  newsplus

新型コロナウイルス感染症の治療効果が期待されている新型インフルエンザ治療薬「アビガン」について、政府が現在の約3倍に当たる200万人分を備蓄する方向で検討していることが4日、分かった。現在は新型インフルエンザ対策として備蓄しているが、新型コロナ対策として130万人分を追加発注する。原料生産の中国から国内への切り替えも推進する。  アビガンは富士フイルムホールディングス(HD)傘下の富士フイルム富山化学(東京)が開発。新型コロナウイルスのようなRNAウイルスの複製を阻み、増殖を抑える。マダニからうつるウイル...
»続きを読む
カテゴリー:

【みなとみらい】船が通れぬ低い橋、かさ上げへ 横浜市が追加発注 - 04月01日(水)18:02  newsplus

横浜・みなとみらい21(MM21)地区の運河に横浜市が建設中の歩行者デッキ「女神橋」が低く架設され、船舶が通航できなくなっている問題で、市が橋のかさ上げ工事を追加発注したことが31日分かった。市は橋の計画自体に問題はなかったとの立場をとっており、「将来の観光の発展に向けて対応を図った」と説明。追加工事の費用は不明といい、開通時期は当初の7月から大幅に遅れる見通しだ。  市によると、女神橋のかさ上げ工事は30日から4月上旬にかけて、ジャッキアップで全体を約60センチ高くする。同橋は満潮時の水面...
»続きを読む
カテゴリー:

コロナウイルスで医療器具のパーツが不足したイタリアの病院、3D印刷で急場をしのぐ - 03月21日(土)21:22  newsplus

思いついて電話をかけた病院の機転もスゴい。 イタリアでも新型コロナウイルスが猛威を振るうようになった影響で、イタリアの都市・ブレシアの病院では、集中治療室で使う人工呼吸器のバルブを使い切ってしまいました。しかも予想以上の使用量だったため追加発注が間に合わない! ですが一転、3D印刷でソックリなものを作ることに成功し、患者の命を救うことに繋がった…とFuturismが伝えています。 13日の金曜日中に危機を乗り越える それは3月13日の金曜日のこと、病院はバルブを届けてくれる業者に連絡するも、すぐには用意...
»続きを読む
カテゴリー:

「追加発注」の画像

もっと見る

「追加発注」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる