「追加点」とは?

関連ニュース

【サッカー】<韓国紙>“塩谷弾”の一触即発騒動「失われたフェアプレー」 「マナーも積んだ韓国勝ち点だけ積んだ日本」両国を比較★2 - 01月18日(金)20:37  mnewsplus

 9日の初戦トルクメニスタン戦で3-2と逆転勝利を飾った日本は、13日の第2戦オマーン戦も1-0で連勝し、決勝トーナメント進出を決めた。グループ首位通過を懸けてウズベキスタン戦に臨んだなか、指揮官は第2戦から先発10人を入れ替える大胆采配を振るった。  序盤、思うようにエリア内に侵入できない時間が続いた日本は、前半40分に右サイドから突破を許し、DF槙野智章(浦和レッズ)とDF三浦弦太(ガンバ大阪)がかわされて先制ゴールを献上。しかし3分後、DF室屋成(FC東京)が巧みなターンから相手をかわしてクロスを送ると、中央に...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<日本2-1ウズベキスタン|採点&寸評>武藤、塩谷、室谷は6.5点!ワーストは槇野、三浦、乾で5点..北川は6点 - 01月18日(金)06:42  mnewsplus

●槙野と三浦は失点を防げず [アジアカップ・グループリーグ第3戦]日本 2-1 ウズベキスタン/1月17日】 【日本代表・総評】 6 オマーン戦から10人を入れ替えて臨んだだけに、コンビネーションは拙い部分があった。ただし2ゴールで逆転勝ちし、グループリーグ1位突破を確定。ウズベキスタンの低パフォーマンスに助けられた部分はあったが、この試合のミッションを完遂した。   【個人採点・寸評】 GK 23 シュミット・ダニエル 6 相手の巧みなシュートを止められずに失点。それでも85分には強烈なミドルを好セーブ...
»続きを読む
カテゴリー:

山田高逆転 日本一 エース檀崎同点、決勝弾 - 01月15日(火)13:19 

サッカーの第97回全国高校選手権最終日は14日、さいたま市の埼玉スタジアムで決勝が行われ、青森県代表の青森山田が流通経大柏(千葉)を3-1で下し、2大会ぶり2度目の優勝を果たした。2大会ぶりに決勝に進んだ青森山田は先制点を許すも、MF檀崎が前半40分、2試合連続となる得点を挙げ同点に。後半18分にも檀崎が右サイドからのクロスを右足で冷静に流し込み、逆転弾を奪った。その後も連動した守備で相手の攻撃をはね返し、後半43分に途中出場のFW小松がDFラインの裏に抜け出して追加点。第81回大会以降、最多…
カテゴリー:

【サッカー】<日本代表FW武藤嘉紀(ニューカッスル)>「プレミアリーグと違って、相手が吹っ飛んだら全部ファウルになる」 - 01月14日(月)08:58  mnewsplus

[1.13 アジア杯F組第2節 日本1-0オマーン アブダビ]  難しい試合展開の中でジャッジにも悩まされた。日本代表FW武藤嘉紀(ニューカッスル)は1-0の後半12分からFW北川航也に代わって1トップに入ったが、なかなかいい形でボールが入らず、シュートを打つ場面もなかった。  当然、試合を決める追加点を狙っての投入だったが、「2点目を取りに行くけど、(チームとしては)カウンターも怖い。セカンドボールも取れなくなって、難しい状況だった」と、流れを変えることはできず。接触プレーで何度もファウルを取られ、判定に苛立ちをあらわ...
»続きを読む
カテゴリー:

キャプテン吉田、前半からチャンスで追加点を取れなかっただけに「後ろは抑えようと思っていた」 - 01月14日(月)01:00 

日本代表は13日、AFCアジアカップ2019グループリーグ第2節・オマーン戦で1-0の勝利を収め、決勝トーナメント進出を決めた。
カテゴリー:

【サッカー】<日本2-1ウズベキスタン|採点&寸評>武藤、塩谷、室谷は6.5点!ワーストは槇野、三浦、乾で5点..北川は6点 ★2 - 01月18日(金)20:01  mnewsplus

●槙野と三浦は失点を防げず [アジアカップ・グループリーグ第3戦]日本 2-1 ウズベキスタン/1月17日】 【日本代表・総評】 6 オマーン戦から10人を入れ替えて臨んだだけに、コンビネーションは拙い部分があった。ただし2ゴールで逆転勝ちし、グループリーグ1位突破を確定。ウズベキスタンの低パフォーマンスに助けられた部分はあったが、この試合のミッションを完遂した。   【個人採点・寸評】 GK 23 シュミット・ダニエル 6 相手の巧みなシュートを止められずに失点。それでも85分には強烈なミドルを好セーブ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<20歳MF堂安律が主張!>「アジアだから1-0に満足できないは違う」」 - 01月15日(火)22:39  mnewsplus

日本代表は13日のアジアカップ・グループリーグ第2戦オマーン戦で1-0と勝利し、2連勝で決勝トーナメント出場を決めた。数多くのチャンスを作り出しながらも追加点は奪えずに終わったが、20歳MF堂安律(フローニンゲン)は「アジアだから1-0に満足できないは違う」と主張している。  初戦のトルクメニスタン戦は先制されるも、FW大迫勇也(ブレーメン)の2ゴールで逆転すると、堂安が左足で技ありの一撃を叩き込んで追加点を奪った。終盤にPKで1点返されるも3-2で逃げ切り白星スタートを切った。続くオマーン戦では、序盤から好機を創...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】武藤嘉紀、途中出場で今大会初出場も得点奪えず。「かなり難しい内容でした」 - 01月14日(月)10:28  mnewsplus

【日本 1-0 オマーン AFCアジアカップ2019 グループステージ第2節】   AFCアジアカップ2019のF組第2節が13日に行われ、日本代表とオマーン代表が対戦。結果は1-0で日本代表が勝利した。 後半途中から出場した武藤嘉紀は「2点目必ず取らなくてはいけなかったですし、自分自身、最初のチャンスでパスを選択してしまったり、カウンターのワンチャンスでミスパスしてしまったりと、 まあ納得いくプレーではなかったですけど、次、必ずやれると信じてますし、ウズベキスタンどういうメンバーになるか分かんないですけど、まあやっぱ勝...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<オマーンのピム監督>森保ジャパンの巧者ぶりに脱帽!「まんまとゲームを殺していた「100%PK」主張も「文句は言わない」 - 01月14日(月)08:20  mnewsplus

日本とアジアのサッカーを知り尽くした男が、森保ジャパンの戦いぶりを称えた。  現地時間1月13日、日本代表はアジアカップのグループリーグ第2戦でオマーンと対戦した。立ち上がりからラッシュを仕掛けて好機を掴むも得点には至らず、なんとか28分に原口元気のPKで先制に成功。以降はピンチを迎える場面が何度かあり、長友佑都のハンドが見逃されるなど幸運も味方してリードを保った。最終局面でのプレー精度を欠き、結果的に追加点は奪えぬまま1-0でタイムアップ。2連勝で決勝トーナメント進出は決めたものの、攻守両面で課題の残...
»続きを読む
カテゴリー:

サッカー日本代表オマーン戦(8)日本攻撃陣は息あわず 遠い追加点 - 01月14日(月)00:15 

 後半26分には南野が相手ゴール前の空いたスペースにボールを出したが、今大会が森保監督就任後初招集の武藤と息が合わず、繋がらなかった。
カテゴリー:

もっと見る

「追加点」の画像

もっと見る

「追加点」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる