「輸送ルート」とは?

関連ニュース

【悲報】台湾のAVイベントが何やらやばいらしい - 04月09日(火)03:02  poverty

台湾地震で崩落しなかった日本統治時代の古い橋、被災地への輸送ルートとして「開通」…交通相「大先輩のお出ましだ」 https://www.yomiuri.co.jp/world/20240408-OYT1T50122/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サステナブル・ブランド国際会議 2024リポート】サーキュラーエコノミーに関する動向と先進企業の取り組み - 04月04日(木)15:38 

2024年2月21日・22日に「サステナブル・ブランド国際会議 2024」が開催されました。第8回目を迎える同会議の今回のテーマは「REGENERATING LOCAL(リジェネレーティング・ローカル)」です。会議では同テーマに関する多様なセッション・ワークショップなどが実施されました。 本記事では「サーキュラーエコノミーに関する動向と先進企業の取り組み」についてレポートします。同セクションでは、小田急電鉄・イオン・大日本印刷といった、日本を代表する企業のサーキュラービジネスの取り組みが紹介されました。 ※本記事は2024年4月4日時点の情報です。最新の情報についてはご自身でもよくお調べください。 ※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。 目次 登壇メンバー サーキュラーエコノミーが求められている背景とは 小田急電鉄が展開する、地域のゴミ問題へのアプローチ イオンの“2030年まで使い捨てプラスチック半減”への取り組み DNPが進める、資源循環に関する自治体との取り組み パネルディスカッション:各社の取り組みの課題について 6-1.リサイクルシフトへの課題感 6-2.Loopを広げるための課題 6-3.『プラスチック資源循環の見える化』へ...more
カテゴリー:

台湾地震で崩落しなかった日本統治時代の橋、被災地への輸送ルートに 交通相「大先輩のお出ましだ」 - 04月09日(火)00:00  news

台湾地震で崩落しなかった日本統治時代の古い橋、被災地への輸送ルートとして「開通」…交通相「大先輩のお出ましだ」  【台北=園田将嗣】台湾東部・花蓮沖を震源とする地震で崩落した主要道路の橋に代わり、約90年前の日本統治時代に建設された橋が活用されている。古い橋が強い揺れに耐えたことに驚きの声が上がっている。  台湾紙・自由時報などによると、地震で崩落したのは花蓮の沿岸部にあり、台北への最短ルートとなる道路にある「下清水橋」(長さ約25メートル)。1972年に開通したが、花蓮で最大震度6強を観測...
»続きを読む
カテゴリー:

こんなの見てる