「輸出国」とは?

関連ニュース

原油価格、来年第2四半期までに70ドル超えも=バンカメ・メリル - 12月10日(火)03:14 

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(バンカメ・メリル)は9日、石油輸出国機構(OPEC)とその他の主要産油国による減産が順守され、米中通商合意など経済面で明るい材料が生じた場合、2020年の第2・四半期までに原油価格が1バレル=70ドルを超える可能性があると指摘した。
カテゴリー:

“サプライズ減産”で原油価格上昇 OPECプラス合意 - 12月07日(土)14:20 

サウジアラビアなど石油輸出国機構(OPEC)加盟国と、ロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が6日合意した追加の原油協調減産は、当初の予想を上回る規…
カテゴリー:

OPECが減産拡大で合意 日量170万バレルに、経済減速を懸念 - 12月07日(土)10:42 

 石油輸出国機構(OPEC)は6日、ウィーンの本部で、ロシアなどOPEC非加盟の産油国も参加する閣僚級会合を開き、原油の減産規模を日量50万バレル拡大させることで合意した。米中貿易戦争に伴う世界経済の減速などを背景に原油の需要が鈍化する懸念があることから、減産によって原油価格を下支えする。
カテゴリー:

OPECプラス、1ー3月に50万バレル追加減産 サウジ割当超過も - 12月07日(土)04:03 

石油輸出国機構(OPEC)にロシアなど非加盟国を加えた「OPECプラス」は日量120万バレルとしている協調減産の規模を50万バレル拡大し170万バレルとすることで合意した。年明け1月以降、3月まで実施する。新たな減産規模は世界全体の供給量の1.7%となる。
カテゴリー:

OPECプラス、減産拡大で最終合意  - 12月07日(土)00:57 

石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」は6日、減産規模を拡大する新協定をまとめた。
カテゴリー:

OPECプラス、世界在庫減が減産方針転換の条件=サウジ・エネ相 - 12月09日(月)10:01 

サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相は就任後初のロイターのインタビューで、石油輸出国機構(OPEC)に非加盟産油国を加えた「OPECプラス」が協調減産を緩めるには、世界の原油在庫が減少し、需給の逼迫が価格に反映されることが条件になるとの見方を示した。
カテゴリー:

“サプライズ減産”で原油価格上昇 OPECプラス合意 - 12月07日(土)14:13 

 サウジアラビアなど石油輸出国機構(OPEC)加盟国と、ロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が6日合意した追加の原油協調減産は、当初の予想を上回る規模となった。“サプライズ減産”を受けて原油価格は上昇し、1バレル=60ドルが目前に迫っている。ただ、世界経済の不透明感が原油への需要を下押しするなどして、供給が需要を上回る状況が続く可能性もあり、原油市場の先行きは読み切れない部分も多い。
カテゴリー:

OPECプラス、減産拡大で最終合意  - 12月07日(土)08:20 

石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」は6日、減産規模を拡大する新協定をまとめた。
カテゴリー:

OPECプラス、協調減産50万バレル拡大で合意 来年3月まで=関係筋 - 12月07日(土)01:55 

石油輸出国機構(OPEC)にロシアなど非加盟国を加えた「OPECプラス」は日量120万バレルとしている協調減産の規模を50万バレル拡大し170万バレルとすることで合意した。関係筋が6日、明らかにした。
カテゴリー:

OPEC、原油減産170万バレルに拡大合意 - 12月07日(土)00:39 

 石油輸出国機構(OPEC)と、ロシアなど非加盟の主要産油国は6日、ウィーンで会合を開き、原油価格の下落に歯止めをかけるため、すでに実施している協調減産の強化を決定した。現在の日量120万バレルの減産目標に対し、来年1月からは170万バレルに引き上げる。当初の予想よりも大幅な減産強化になり、今後の原油市況にも影響を与えるとみられる。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「輸出国」の画像

もっと見る

「輸出国」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる