「軍事侵攻」とは?

関連ニュース

米ウクライナ大統領電話会談 “予算案可決し次第 重要な支援” - 04月23日(火)08:27 

アメリカのバイデン大統領は、ロシアによる軍事侵攻が続くウクライナのゼレンスキー大統領と電話で会談し、議会上院がウクライナへの追加の軍事支援のための緊急予算案を可決ししだい、防空能力の強化などの重要な支援を速やかに行うと伝えました。
カテゴリー:

イスラエル首相、ハマスに圧力「数日以内」 ラファ侵攻念頭か - 04月22日(月)21:15 

 パレスチナ自治区ガザで軍事侵攻を進めるイスラエルのネタニヤフ首相は21日に発表した声明で、「今後数日のうちに、我々は(イスラム組織)ハマスに対する軍事的・外交的圧力を強めていく」との方針を示した。イ…
カテゴリー:

【随時更新】ロシア ウクライナに軍事侵攻(4月20日の動き) - 04月20日(土)06:40 

ロシアによるウクライナに対する軍事侵攻が続いています。ウクライナの各地でロシア軍とウクライナ軍が戦闘を続けていて、大勢の市民が国外へ避難しています。戦闘の状況や関係各国の外交など、ウクライナ情勢をめぐる20日(日本時間)の動きを随時更新でお伝えします。(日本とウクライナ、およびロシアのモスクワとは6時間の時差があります)
カテゴリー:

イスラエル世論調査 同盟国との関係損なうならイランへの反撃に「反対」74% - 04月17日(水)18:53  newsplus

4/17(水) 16:04配信 TBS NEWS DIG Powered by JNN イランへの反撃に向けて緊張が高まるなか、イスラエルで74%の人が、同盟国との関係が損なわれるようであれば反撃に「反対する」と考えていることが世論調査で明らかになりました。 イスラエルメディアは16日、イランの報復攻撃に対するイスラエルの反撃について、ヘブライ大学が1400人以上のイスラエル国民を対象に行った世論調査の結果を伝えました。 それによりますと、同盟国との関係が損なわれるようであれば、イランへの反撃に「反対する」と答えた人は74%にのぼりました...
»続きを読む
カテゴリー:

ロシア「ウクライナはロシアの一部」 トランプ「ウクライナはロシアの一部」 トランプ、完全にロシア政府の在米広報機関と化してしまう - 04月16日(火)21:19  poverty

ウクライナ「ロシアの一部」、メドベージェフ前大統領 和平交渉否定 https://jp.reuters.com/world/ukraine/NC7PDZBCDJM57LOZPMHOIMF2WY-2024-03-04/ ↓ 「ウクライナはロシアの一部」がトランプの考え 元米高官が暴露 https://forbesjapan.com/articles/detail/70365 ドナルド・トランプ前米大統領は在任中、ウクライナは「ロシアの一部でなければならない」との考えを口にしていたと、 元トランプ政権高官が近刊書に採録されたインタビューで語っていることがわかった。ウクライナへの軍事侵攻を続ける ロシアのウラジーミ...
»続きを読む
カテゴリー:

【随時更新】ロシア ウクライナに軍事侵攻(4月23日の動き) - 04月23日(火)03:00 

ロシアによるウクライナに対する軍事侵攻が続いています。ウクライナの各地でロシア軍とウクライナ軍が戦闘を続けていて、大勢の市民が国外へ避難しています。戦闘の状況や関係各国の外交など、ウクライナ情勢をめぐる23日(日本時間)の動きを随時更新でお伝えします。(日本とウクライナ、およびロシアのモスクワとは6時間の時差があります)
カテゴリー:

【随時更新】ロシア ウクライナに軍事侵攻(4月22日の動き) - 04月22日(月)10:00 

ロシアによるウクライナに対する軍事侵攻が続いています。ウクライナの各地でロシア軍とウクライナ軍が戦闘を続けていて、大勢の市民が国外へ避難しています。戦闘の状況や関係各国の外交など、ウクライナ情勢をめぐる22日(日本時間)の動きを随時更新でお伝えします。(日本とウクライナ、およびロシアのモスクワとは6時間の時差があります)
カテゴリー:

イラン大統領、イスラエルの「わずかな侵攻」にも「激しく厳しい報復」を警告(Forbes JAPAN) - 04月18日(木)09:00 

イランのイブラヒム・ライシ大統領は17日、軍のパレードで演説し、イスラエルのいかなる軍事侵攻にも「厳しい報復」で応えると警告した。イスラエルは先週末にイランが行った無人機とミサイルによる攻撃への対抗措
カテゴリー:

日本国民は売られた。岸田首相「訪米の成果」で得する人損する人…戦争、経済破綻、異常な未来はこの後すぐ - 04月17日(水)05:00 

新聞はおろか地上波ワイドショー番組までもが手放しで褒めちぎる、岸田総理の「訪米の成果」。だが、めくりフリップを駆使して解説される「良好な日米関係」には、芸能スクープ然とした印象とは裏腹に多くの罠が潜んでいる。米国在住作家の冷泉彰彦氏は、防衛面で近い将来リアリズムを伴わない“利敵保守”イデオロギーが台頭する恐れを指摘。さらに国内経済面でも大半の一般労働者にとってマイナスの影響が生じうると警鐘を鳴らす。(メルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』2024年4月16日号より)※本記事のタイトル・見出しはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:岸田訪米と日米関係の現在地 YOASOBIまで担ぎ出した岸田総理は、どんな「成果」を上げたのか 岸田総理大臣が予定通り訪米しました。直前の状況としては、支持率は地を這うような状況が続く中で、4月の補選は3選挙区中2つが不戦敗確定、一方で処分した安倍派の元幹部からは不満タラタラということで、内閣としては最悪でした。 そんな中での訪米ですから、世論的には「税金使って漫遊旅行」「天皇を差し置いて国賓気取り」「英語ジョークで滑りまくり」というような批判が噴出してもおかしくなかったわけです。 その意味では、世論はそんなに関心を持たなかったわけで、予想よりはややプラス寄りの反応だったとも言えます。 漠然とした印象としては、日米関係が良好であることは、どこか世論の...more
カテゴリー:

ゼレンスキー「イランは世界の敵」 - 04月14日(日)22:41  poverty

イランによるイスラエルへの報復攻撃について、ロシアによる軍事侵攻が続くウクライナのゼレンスキー大統領は、「ロシア同様、イランの行動は地域全体と世界を脅かすものだ」と非難しました。 ゼレンスキー大統領は14日、「イランによる、イスラエルへの攻撃を非難する」と自身のSNSに投稿。 「私たちウクライナ人は、ロシアによる同じ種類のドローンやミサイル、大規模な空爆の恐ろしさをよく知っている」「ロシア同様、イランの行動は地域全体と世界を脅かすものだ」と述べました。その上で、「さらなるエスカレーションを防ぐた...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる