「軍事会社」とは?

関連ニュース

ワグネル「『バフムートの肉ひき機』作戦でウ軍を破壊している!」米「それ露軍側もミンチだよね?」 - 12月03日(土)08:48  news

バフムートの「肉ひき機」 恐怖の激戦地を駆ける救急隊員たち https://www.afpbb.com/articles/-/3441539 ロシア軍がウクライナ侵攻を開始すると、パリチさん(仮名・35歳)は、今後の戦闘により多くの負傷者が出て、救急隊員としての自身の経験が必要とされるだろうと考えた。 「傍観しているわけにはいかないので、ボランティアとして前線に向かった」 (略) かつてはブドウ畑と岩塩坑の都市として知られていたバフムートは、半年間にわたる塹壕(ざんごう)戦や砲撃の応酬、正面攻撃を伴う激戦により、「肉ひき機」と呼ばれる...
»続きを読む
カテゴリー:

ローマ教皇「ロシアの白人キリスト教は優しいの!、残忍なことしてるのはアジア系の仏教ロシア人とイスラム系」 ナチュラルレイシスト - 12月01日(木)22:45  poverty

 ロシアのウクライナ侵攻をめぐり、ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が、キリスト教徒が多いロシア民族ではない少数民族が残忍な行為をしていると発言し、ロシアで波紋を広げている。  問題の発言は、11月下旬の英語のカトリック系雑誌「アメリカ」のインタビュー記事の中でフランシスコ教皇が述べた。  ウクライナでのロシア軍の残忍さについて多くの情報があるとして、「一般的に最も残忍なのは、恐らくロシアの伝統に属さないロシア人、例えばチェチェン民族やブリヤート民族などだろう」との見方を示した。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ウクライナ】ロシア民間軍事会社ワグネル、米が.. - 11月30日(水)15:07 

【ウクライナ】ロシア民間軍事会社ワグネル、米がテロ組織指定検討か
カテゴリー:

米国、ロシア民間軍事会社ワグネルのテロ組織指定.. - 11月30日(水)04:35 

米国、ロシア民間軍事会社ワグネルのテロ組織指定を検討-関係者
カテゴリー:

堂々と表に出た「公然の秘密」 露軍事会社・ワグネルの“変身” - 11月24日(木)20:57 

 ロシアがウクライナ侵攻を開始してから24日で9カ月。本格的な冬の入り口にさしかかる中、ロシア軍はウクライナの電力インフラを集中的に攻撃し続けている。ウクライナ国民の戦意をくじこうとする苛烈な戦術とみられるが、前線の露軍自体は相次いで占領地域を失うなど苦戦。露国内でプーチン大統領や軍の威厳は低下し、
カテゴリー:

ローマ教皇「白人キリスト教徒のロシア人は優しいのに、アジアの仏教徒とイスラム系は残忍」 - 12月02日(金)12:53  news

 ロシアのウクライナ侵攻をめぐり、ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が、キリスト教徒が多いロシア民族ではない少数民族が残忍な行為をしていると発言し、ロシアで波紋を広げている。  問題の発言は、11月下旬の英語のカトリック系雑誌「アメリカ」のインタビュー記事の中でフランシスコ教皇が述べた。  ウクライナでのロシア軍の残忍さについて多くの情報があるとして、「一般的に最も残忍なのは、恐らくロシアの伝統に属さないロシア人、例えばチェチェン民族やブリヤート民族などだろう」との見方を示した。  ロ...
»続きを読む
カテゴリー:

ロシア傭兵会社「ワグネル」、米が外国テロ組織指定を検討 - 12月01日(木)10:44 

バイデン米政権がロシアの民間軍事会社「ワグネル・グループ」を外国テロ組織に指定することを検討していることが分かった。米当局者が明らかにした。 最終決定は下されていない。この当局者の説明によると、外国テロ組織指定の決定には煩雑な法的手続きが絡むことから、指定に向けた政権の進捗(しんちょく)度は不明だという。 ワグネル・グループはウクライナでの戦争に深く関与する傭兵(ようへい)会社で、プーチン大統...
カテゴリー:

ローマ教皇、ロシア軍の少数民族「最も残忍」 ロシア「歪曲」と反発 - 11月30日(水)08:22  newsplus

 ロシアのウクライナ侵攻をめぐり、ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が、キリスト教徒が多いロシア民族ではない少数民族が残忍な行為をしていると発言し、ロシアで波紋を広げている。  問題の発言は、11月下旬の英語のカトリック系雑誌「アメリカ」のインタビュー記事の中でフランシスコ教皇が述べた。  ウクライナでのロシア軍の残忍さについて多くの情報があるとして、「一般的に最も残忍なのは、恐らくロシアの伝統に属さないロシア人、例えばチェチェン民族やブリヤート民族などだろう」との見方を示した。  ロシ...
»続きを読む
カテゴリー:

ロシアの「ワグネル」が、EU議会に血塗られたハンマーを送りつけたと主張 - 11月25日(金)17:41  news

ロシアの民間軍事会社「ワグネル」のトップが、EU議会に不気味なものを送りつけたと主張している。 ロシアのプーチン大統領の側近で、「ワグネル」の創設者であるエフゲニー・プリゴジン氏は、EU議会に血塗られたハンマー(大槌)を送ったと述べたという。 そのハンマーの把手部分には人工の血のようなものが塗られており、また「ワグネル」のロゴと名前が記され、バイオリンケースに入れられ発送されたそうだ。 EU議会は23日、賛成多数でロシアを「テロ支援国家」に、「ワグネル」を「テロリスト集団」に指定したという。 こ...
»続きを読む
カテゴリー:

ロシアがウクライナに苦戦している理由。ハイマースともう一つの要因「パルチザン」 - 11月15日(火)09:47  poverty

普通のビジネスマンが、夜にはロシア兵を殺しに出かける… ウクライナの攻勢を支える“パルチザン”の実態と実力【報道1930】 11/14(月) 10:09配信 ウクライナ戦争で戦っているのは当事国の正規軍ばかりではない。ロシア側にはチェチェンの特殊部隊、 民間軍事会社『ワグネル』の傭兵が幅を利かせる。対するウクライナ側には民間人による軍事的組織“パルチザン”がいる。 今、ロシア軍にとって大きな脅威となっているウクライナの“パルチザン”の実態に迫った。 ■「今回の戦争でゲームチェンジャーが2つある。それはハイマースとパ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる