「身体機能」とは?

関連ニュース

ウパダシチニブについて、強直性脊椎炎患者さんの症状などに関するデータを2019年ACR/ARP年次総会で公表 - 11月26日(火)11:00 

2019年11月26日 アッヴィ合同会社 ウパダシチニブについて、強直性脊椎炎患者さんの徴候および症状に関するポジティブデータを2019年ACR/ARP年次総会で公表 ●活動性強直性脊椎炎(AS)の成人患者さんを対象としたSELECT-AXIS 1試験において、プラセボ群と比較して、ウパダシチニブ群(15 mg 1日1回投与)が主要評価項目の投与14週時ASAS40反応率を達成1 ●詳細な結果は、アトランタで開催された2019年ACR/ARP年次総会にて公表 ●安全性プロファイルは、過去に様々な適応症を対象に実施した試験と一致、新たな安全性リスクは検出されず1,2 ●ASは、主に脊椎や関節の疼痛やこわばりを伴う慢性炎症性疾患で、全世界において500万人以上が罹患 3,4 イリノイ州ノースシカゴ、2019年11月12日(米国時間)-グローバルなバイオ医薬品企業であるアッヴィは、SELECT-AXIS 1試験、第II/III相試験のポジティブデータを発表しました。本試験は、活動性強直性脊椎炎(AS)の成人患者さんを対象とした臨床試験で、投与14週時の国際脊椎関節炎評価学会基準(ASAS)40反応率において、プラセボ群と比較して、ウパダシチニブ群(15 mg、1日1回)で2倍の患者さんが主要評価項目を達成しました(52% 対 26%、p<0.001)1。SELECT-...more
カテゴリー:

強直性脊椎炎に、選択的JAK1阻害薬upadacitinibが有効/Lancet - 11月26日(火)04:00 

 非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)への反応が不十分またはNSAIDが禁忌の強直性脊椎炎患者の治療において、upadacitinibはプラセボに比べ、疾患活動性、腰背部痛、身体機能、炎症の統合指標(ASAS40)を改善し、忍…
カテゴリー:

「免許返納専用相談ダイヤル」開設へ 番号は「#8080(はればれ)」 - 11月21日(木)10:27 

 警察庁は21日、加齢に伴い運転に不安を感じる高齢ドライバーや家族らから、免許返納などに関する相談を受け付けるための全国統一の専用ダイヤルを開設すると発表した。番号は「#8080(はればれ)」で、22日午前10時から運用を始める。同庁は「加齢で身体機能が低下すると、運転操作ミスによる事故を起こす可能
カテゴリー:

あなたのお尻、衰えてない? お尻の筋肉の3つの働きを知って効率よくヒップアップ - 11月17日(日)15:42 

今、美尻トレーニングがブームですが、お尻を鍛えることは美しさだけでなく、腰痛や冷え症の改善、ダイエットなど健康に大きな影響があることを知っていますか?毎回さまざまな専門家がレギュラー出演中の生活情報番組「なないろ日和!」(毎週月~木 午前9時26分~放送中)。今回は、"ヒップアップ・アーティスト"として、健康という観点からお尻のトレーニングに力を入れている松尾タカシさんに、お尻の筋肉を鍛える重要性について話をうかがいました。お尻衰度チェックまずは、お尻の衰度をチェック! 以下の5つの項目に当てはまる方は、お尻の筋肉が衰えている可能性があります。【お尻衰度チェック】1.長い階段で足が上がりづらい2.バスや電車では空席を探して座る3.電車やバスの揺れでふらつく4.歩くスピードが以前より遅くなった5.長時間の歩きは腰や膝が痛くなる重心のふらつきや、腰や膝の痛みも、お尻に関係があるんですね。そもそもお尻の筋肉とは、どんな働きがあるのでしょうか。お尻の筋肉3つの働きお尻の筋肉は、約600ある人間の筋肉の中で一番大きい部分。その大きな筋肉は、人間の体で一番大きな関節である股関節についています。「股関節の周りについているお尻の筋肉は一番大きく、一番力を出せるパワーを持っています。お尻の筋肉が弱くなると人は立っていられなくなります」(松尾さん、以下同)【おしりの筋肉3つの働き】1.身体を垂直に立た...more
カテゴリー:

事業者へ指導も検討 ガイドライン策定提案し 高年齢者の安衛対策で 厚労省 - 11月26日(火)08:11 

 厚生労働省は、高年齢労働者の労働災害防止対策を推進するため、事業者が取り組んでほしい項目についてガイドラインを策定する方向で検討に入った。ガイドラインの普及促進に当たっては、事業者への指導も視野に入れている。特に支援が必要な産業分野や、中小零細事業場への働きかけを重視する考えだ。ガイドラインは、加齢により低下した身体機能を補う設備・装置などのハード面、身体機能に配慮した作業管理であるソフト面など……[続きを読む]
カテゴリー:

歯みがきしながら、階段を上りながら...お尻の”ながら”トレーニングでヒップアップ - 11月24日(日)16:04 

腰痛や冷え症の改善、ダイエットにもいい、お尻の筋肉を鍛えるトレーニング。ジムに通って特別な運動をしなくても、実は日常生活で簡単にヒップアップできるんです。毎回さまざまな専門家がレギュラー出演中の生活情報番組「なないろ日和!」(毎週月~木 午前9時26分~放送中)。今回は、"ヒップアップ・アーティスト"として、健康という観点からお尻のトレーニングに力を入れている松尾タカシさんに、生活の中でお尻を鍛える"ながら"トレーニング方法を教えていただきました。まずは自分のお尻のタイプを知ろうお尻を鍛えるために、まずは自分のお尻のタイプを確かめましょう。【お尻タイプチェック】お尻は4つのタイプに分けられます。壁を背にして立ち、身体のどの部分が壁につくかで、お尻のタイプをチェック。アヒルタイプ:肩と腰にすき間があり、お尻が壁につく洋梨タイプ:肩とお尻は壁につき、腰には手のひら1枚以上のすき間がある扁平タイプ:肩とお尻は壁につき、腰にはほとんどすき間がないなだれタイプ:肩は壁につき、腰とお尻にすき間がある「日本人は骨盤が後傾した扁平タイプが多く、ふくらみのないぺったんこのお尻をしています。理想のお尻は、欧米人やアフリカ人に多いアヒルタイプ。アヒルタイプ以外は、関節に負担がかかっているため腰痛や膝痛に繋がることが多いです」(松尾タカシさん、以下同)詳しくはこちらまずは梨状筋を緩める運動お尻の筋肉を鍛え...more
カテゴリー:

高齢者にとって心身の衰えは“失敗”なのか? 「介護予防」の予算倍増案に感じるモヤモヤ - 11月19日(火)16:48 

政府の来年度予算案で、介護予防や自立支援に成果を上げた自治体に対する交付金が現在の2倍の400億円程度へと引き上げられることになるようです。高齢者の身体機能、認知機能の維持に向けて自治体間で競わせ、介護費の膨張を抑える狙いがあるとのこと。しかし、これは解決になっているのでしょうか? 疑問を感じずにはいられません。どんなに機能維持のために高齢者が頑張ったとしても、いずれは介護が必要な状態になっていくものです。介護予防は充実した老後に向けて意義あることですが、それで介護ニーズが減らせるわけではないのです。結局のところ、皆さん要介護になっていきますから。 私は、沖縄県が設置する地域包括ケアシステム推進会議において、在宅医療介護連携の部会長を担当しています。その関係で、市町村担当者の方々とお話をする機会があるのですが、「いまだ医療側との隙間が大きいなぁ」という実感があります。老衰と死は“挫折”であって、元気でなければ生きられない・・・ そんなスティグマから抜け出せてない市町村が多すぎるように感じます。たとえば、市町村が掲げる高齢者福祉の目標を拝見していると、「高齢者が外出できる」とか、「生活の水準を維持することができる」とか、高齢者が衰えることを許さないプレッシャーのようなものを感じざるを得ません。そして、今回の政府予算案によって、さらに、その隙間を広げる...more
カテゴリー:

「身体機能」の画像

もっと見る

「身体機能」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる