「身体機能」とは?

関連ニュース

【敬老の日】産経新聞の主張「人生100年。元気な高齢者が勤労を通じて、引き続き社会に貢献していくことは大きな意義がある」 - 09月16日(月)11:40  newsplus

高齢者の力が必要な時代になっている。  長く社会を支えてくれた高齢者の皆さんに改めて感謝したい。同時に、高齢者が「年の功」を踏まえ、ますます輝ける世の中にしていきたい。  それぞれの分野で、高齢者は長い経験を持っている。人生100年といわれる時代に、それを埋もれさせてしまうのは惜しい。  高齢者に無理のない範囲で能力を発揮してもらえば、続く世代も学べるものは多いはずだ。  日本は少子高齢化が進み、社会保障改革は待ったなしの課題となっている。  総務省の今年の人口動態調査では、14歳以下は1...
»続きを読む
カテゴリー:

【ハゲ】頭皮に電気パルスを浴びせまくれば髪が生えると発表される 米国 - 09月14日(土)18:43  newsplus

ハゲは地球上のなによりも深く男性の心に恐怖を投げかけます。 しかし、ウィスコンシン大学マディソン校のエンジニアが開発した非侵襲的で低コストの発毛刺激技術のおかげで、いつかは帽子をかぶるのと同じくらい簡単に発毛させることができます。 「これは、髪の再生に対する非常に実用的なソリューションになると思います」と、UW-Madisonの材料科学および工学の教授であるズドーン博士は言います。 ズドーン博士と同僚は、この技術の説明をACS Nanoジャーナルに掲載しました。 体の日々の動きからエネルギーを収集するデバイス...
»続きを読む
カテゴリー:

認知症予防ベンチャーのアグリマス社、ベルグアース株式会社と共同で、「体験農園べるミン畑」において「健康脳測定会」を実施! - 09月04日(水)13:00 

認知症予防ベンチャーのアグリマス株式会社は、野菜接ぎ木苗生産日本一のベルグアース株式会社が運営する貸農園「体験農園べるミン畑」にて、脳の健康診断「健康脳測定会」を実施いたします。 「健康脳測定会」とは、アグリマス株式会社が主催のWELLN ウェルン(早期認知症予防センター)が実施する認知症の超早期発見・重症化予防のための脳の健康診断で「身体機能」「認知機能」「生活機能」の3つの分野に渡り、東京都の一般社団法人 大森医師会および徳島大学大学院と共同開発した測定方法で身体の”見える化”を行います。測定会結果は、参加者様ごとの「健康脳レポート」としてお届けいたします。 厚生労働省を始め5つの省が「認知症予防に資するとする民間の商品やサービスの評価・認証」を開始しておりますが、その中で「市民農園」は有効な場所だとして取り上げられております。今回は「体験農園べるミン畑」で家庭菜園を楽しむ方々を対象に、「健康脳測定会」を実施し、認知症予防・重症化防止の啓蒙活動を推進してまいります。 また、9月21日は、国際アルツハイマー病協会が世界保健機構(WHO)と共同で定める「世界アルツハイマーデー」と制定されており、この日を中心にアルツハイマー病の啓蒙活動が推奨されていますが、アグリマス株式会社はこの活動をサポートいたします。     記日時:2019年9月21日(土)9:00~11:00場所:愛知県伊...more
カテゴリー:

【お知らせ】: いつまでも口からおいしく食べるた.. - 09月01日(日)00:20 

【お知らせ】: いつまでも口からおいしく食べるために~「食」から考える高齢者の健康と幸せ~(参加無料) - 食べることは、人生最大の楽しみである一方で、他の身体機能と同様に食べる機能も加齢とと...
カテゴリー:

【ハゲ】頭皮に電気パルスを浴びせまくれば髪が生えると発表される 米国★2 - 09月15日(日)19:59  newsplus

ハゲは地球上のなによりも深く男性の心に恐怖を投げかけます。 しかし、ウィスコンシン大学マディソン校のエンジニアが開発した非侵襲的で低コストの発毛刺激技術のおかげで、いつかは帽子をかぶるのと同じくらい簡単に発毛させることができます。 「これは、髪の再生に対する非常に実用的なソリューションになると思います」と、UW-Madisonの材料科学および工学の教授であるズドーン博士は言います。 ズドーン博士と同僚は、この技術の説明をACS Nanoジャーナルに掲載しました。 体の日々の動きからエネルギーを収集するデバイス...
»続きを読む
カテゴリー:

疾病から避難者守れ リハビリ支援団体予防活動 体操でエコノミー症候群対策 - 09月06日(金)06:30 

医師や作業療法士ら佐賀県内のリハビリ医療関係者で構成する「大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会」(佐賀JRAT)は、杵島郡大町町の総合福祉保健センターなどに医療関係者を派遣し、避難した住民を対象に身体機能の低下を予防する活動を始めた。手狭な避難所生活で発症リスクが高まるエコノミークラス症候群を防ぐ狙いがあり、避難所で体を動かす大切さを呼びかけた。 佐賀JRATは2年前に結成。今回が県内で初の本格的な活動となる。 メンバーは、3~5人の班を2組作り、武雄市や大町町の避難所を訪問。
カテゴリー:

【医学】ダブリン住みの5歳の美少女ルーシー: 脳腫瘍で余命5ヶ月以内 - 09月04日(水)02:43  newsplus

ダブリンの母親は、娘が癌と診断された後、その絶望感を共有しました。 サラは、彼女の若い娘ルーシーが余命6ヶ月との告知を受けた時、彼女の家族全員の世界がばらばらになりました ルーシーの父親は娘の世話に集中するために仕事をあきらめなければならなかったため、彼女は経済的負担を軽減するためにGoFundMeを設置していました。 彼女の母親は次のように書いています。「ルーシーは、母親と父親のサラとドウェイン、5人の兄弟に憧れている、5歳の少女です。 「8月7日、病院での悲惨な診断をもたらした後、家族全員の世界は崩...
»続きを読む
カテゴリー:

「身体機能」の画像

もっと見る

「身体機能」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる