「身体機能」とは?

関連ニュース

農作業事故 不慮の転倒が圧倒的 県が分析 草刈り - 07月31日(金)18:40 

農作業の事故を減らそうと、佐賀県は初めて県内で発生した事故の詳細な分析調査を行った。それによると、不慮の転倒による事故が全体の約4割を占め、その要因は滑ったり、つまづいたりが6割に上った。県は「転落事故は重篤災害に結びつきやすく、あなどれない」と指摘。加齢による身体機能の衰えを意識し、作業範囲内に障害物を置かないなどの対策を取るよう呼び掛けている。 JA共済の支払いデータを取り寄せ、2013年から16年までの4年分についてつぶさに調べた。 それによると、この間の農作業事故の合計は3944件。
カテゴリー:

物質から生命の進化を可能にしたのは「寄生体」との共進化だった - 07月24日(金)19:00 

他者に複製能力を依存する寄生型RNAの存在は単一だった宿主RNA配列を異なる種に分岐させた/Credit:東京大学 point RNA分子をベースにした自己複製系を長時間に渡り維持することに成功した 世代が重なると自己複製系からウイルスのように複製能力を他のRNAに依存する寄生RNAがあらわれた 宿主RNAと寄生RNAは互いに耐性獲得競争をはじめた 耐性獲得競争を続けるうちに宿主RNAが複数の系統に分岐し異なる分子の種がうまれた 生命が生まれる前の時代では、すでにRNAや短いタンパク質からなる、分子の自己複製システムが存在していたと考えられています。 すなわち生命が生まれてから自己複製システムができたのではなく、もともと地球に自己複製システムがあったからこそ、生命誕生につながったとの意見です。 しかしこれまで地球にあったと考えられている自己複製システムは、分子の急激な増殖の末、周囲の資源をあっという間に使い果たして停止すると分かっています。 そのため現在に至るまで、実験室で生命を誕生させた自己複製システムを再現するする試みは失敗しているのです もし既存の自己複製システムしか原始の地球なかった場合、実験室での失敗と同じように、地球で生命は誕生しなかったでしょう。しかし現に私たち生物は存在しています。 自己複製システムが先に存在したに違いないが、それをいくら実験室で試しても生...more
カテゴリー:

通所リハビリテーション(デイケア) - 07月22日(水)14:30 

通所リハビリテーション(デイケア)とは、在宅の要介護者が身体機能の維持・回復などを目的に施設に通い、医師の指導の下、リハビリを受ける介護保険サービスのこと。運営主体は病院および診療所、介護老人保健施設、介護医療院。要支援者向けのサービスとしては介護予防通所リハビリテーションがある
カテゴリー:

認知症・老化症状・ガン・糖尿病等に対して無料プレテスト開始 NMN(ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド) 1か月間無料モニター被験者20名募集 - 07月16日(木)13:00 

一般社団法人日本先進医療臨床研究会(東京都中央区、代表理事小林平大央)は、NMN(ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド)を使用した症例研究に関して、高純度なNMN成分を含有する国産サプリメント「NMN REAGEA(Sirtuin Booster)」を使用した1ヶ月間(30日間)の無料モニターテストに関して、2020年7月15日より、被験者20名を募集すると発表しました。日本先進医療臨床研究会は「現在の標準的な治療だけでは完治出来ない様々な疾患に対して効果的な治療法・改善法・予防法を模索し研究する医師の団体」で、ステージ3期以降の進行ガンを初め、COPD(肺気腫・間質性肺炎ほか)、糖尿病、アトピー、骨粗鬆症、低身長の予防・抑制、皮膚疾患、肥満・脂質異常症、膠原病・リウマチ、炎症性腸疾患、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎などに関して症例研究を行っています。NMN(ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド)を使用した症例研究はこれらの研究の一貫で、NMNのアンチエイジング効果やミトコンドリア活性によるエネルギー代謝能の改善効果など、動物実験による広範囲な効果に期待して、主に「認知症・老化症状・ガン・糖尿病等」に対して、国産サプリメントである「NMN REAGEA(Sirtuin Booster)」を使用した有償症例研究を開始する予定です。この有償症例研究に先立ち、無料モニターとして、2020年7月...more
カテゴリー:

彼女がメンヘラに…コロナのせい?束縛、飛び降り自殺騒ぎで警察出動 - 07月30日(木)15:54 

 新型コロナの第二波の警戒とともに、アフターコロナ症候群など身体機能の衰えが問題視されている。そんな中で「彼女がコロナでメンヘラになりました……」と語るのは、都内の旅行関連会社に勤務する岡安智昭さん(仮名・32歳)。   […]
カテゴリー:

速報 有酸素性能力が優れている人は頭も良いことが判明する 神戸大学の最新の研究 - 07月23日(木)13:31  poverty

「身体機能の高い人が、認知機能を高めている」脳の働きを解明 玉川大学脳科学研究所(東京都町田市 所長:小松英彦)の松田哲也(まつだてつや)教授、神戸大学(兵庫県神戸市 学長:武田廣)の石原暢(いしはらとおる)助教(研究当時:日本学術振興会特別研究員PD)らは、身体機能の高い人が、認知機能を高めている脳の働きを解明しました。 本研究成果は、科学雑誌 “NeuroImage” に7月12日(オランダ時間)論文が掲載されました。  これまで、身体機能が高いと認知機能も高いという関係があることは指摘されていましたが、...
»続きを読む
カテゴリー:

【追加募集】 認知症・老化症状・ガン・糖尿病等に対して症例研究を開始 NMN(ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド) 1か月間(無料プレテスト)被験者合計40名募集 - 07月17日(金)15:00 

一般社団法人日本先進医療臨床研究会(東京都中央区、代表理事小林平大央)は、NMN(ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド)を使用した症例研究に関して、高純度なNMN成分を含有する国産サプリメント「NMN REAGEA(Sirtuin Booster)」を使用した1ヶ月間(30日間)の無料モニターテストに関して、2020年7月15日より被験者20名を募集しましたが、本日(7月17日)更に追加で20名を募集し、合計で40名の被験者を募集すると発表しました。 追加募集の理由は、研究素材の追加と研究プロトコルの追加により、複合研究に変更する事になった為です。前回お伝えしたNMN単体の症例研究の無料プレテスト20名に加え、今回新たに、NMN200mg+フェルラ酸150mg+リポソームVC230mgのマルチ栄養素による症例研究に先立つ無料プレテストとして20名を募集する事になりました。 日本先進医療臨床研究会は「標準治療だけでは完治出来ない様々な疾患に対して効果的な治療法・改善法・予防法を模索し研究する医師の団体」で、進行ガンを初め、COPD(肺気腫・間質性肺炎ほか)、糖尿病、アトピー、骨粗鬆症、低身長抑制、皮膚疾患、肥満・脂質異常症、膠原病・リウマチ、炎症性腸疾患、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎などに関して症例研究を行っています。一般社団法人日本先進医療臨床研究会(https://jscsf.or...more
カテゴリー:

「身体機能」の画像

もっと見る

「身体機能」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる