「起業支援」とは?

関連ニュース

外国人留学生の起業支援 最長2年の在留資格認める.. - 11月23日(月)04:05 

外国人留学生の起業支援 最長2年の在留資格認める制度創設へ #nhk_news
カテゴリー:

暗号資産・ブロックチェーン業界の最新1週間(2020.11.8~11.14) - 11月17日(火)12:00 

暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン技術に関連する国内外のニュースから、重要かつこれはという話題をピックアップし、最新情報としてまとめて1週間分を共有していく。今回は2020年11月8日~11月14日の情報をまとめた。岩手銀行のマイナンバーカードとスマホによる電子契約実証実験、GaudiyとMantraがブロックチェーンを活用したマンガAI翻訳システムを共同開発、大手オリーブオイルブランドがトレーサビリティにIBM Food Trustを採用について取り上げる。 岩手銀行、マイナンバーカードとスマホによる電子契約実証実験にIBM Blockchain Platformを採用しブロックチェーン技術を拡充 岩手銀行は11月13日、ブロックチェーン技術を活用したマイナンバーカードとスマートフォンによる電子契約の実証実験を開始したことを発表した。法人、個人を問わず幅広い顧客を対象とする、マイナンバーカードを活用した電子契約環境の構築を目指し、その有効性の検証を行っていく。 菅新政権の発足により高まるペーパーレス、押印レス、非対面ビジネスへの社会的ニーズに対応するため、岩手銀行は、政府が普及促進を進めるマイナンバーカードを活用した電子契約環境の提供を目指す。 実証実験は、フィッティング・ハブ(FTH)、日本IBM、日本電気(NEC)が提供する電子契約実証実験環境において行われる。FTHが実...more
カテゴリー:

国内大学初! 東北大がスタートアップ宣言で起業家の育成をすすめる - 11月10日(火)17:19 

東北大学は「スタートアップ・ユニバーシティ宣言」を発表。国内の大学で初めてベンチャー企業の創出と起業家育成を目指したプログラムを進めることを明らかにした。 大学の研究成果を活用した起業支援 同プログラムは、ファンドを組成し、6県と新潟県の国立大発スタートアップに投資するほか、経営を担う人材を呼び込んで研究成果の社会実装を促すというもの。近年、新産業創出や地域活性化が求められる中で、社会変革の原動力となるスタートアップの創出とアントレプレナーシップ育成の重要性が増している背景を受け、東北大学が打ち出したプログラムだ。 同プログラムの取り組みのひとつは、経営者候補人材を確保。大学発ベンチャーの経営者候補人材を確保するため、東北大学版 EIR(Entrepreneur in Residence)制度を創設し、同学でアントレプレナーシップの育成やベンチャー支援業務に携わりながら、いわば「住み込み」で、同大学の研究成果を活用した起業を目指してもらうことが狙いだとしている。 ネットワークの構築にも さらに、起業を目指す本学学生を支援するために、「東北大学アクセラファンド」を創設し、 事業化に必要な資金を提供。学生は資金提供と並行して、専門家によるメンタリングなど起業に向けたアクセラレーションプログラムを受けることが可能だ。 窓会組織である萩友会と連携し、東北大学スタートアップ・アルム ナイ(同...more
カテゴリー:

外国人留学生の起業支援 最長2年の在留資格認める制度創設へ - 11月23日(月)04:03 

日本で起業する外国人を増やして経済の活性化につなげようと、出入国在留管理庁は、日本の大学などを卒業し、一定の条件を満たす外国人留学生を対象に、起業に向けた準備期間として最長2年間の在留資格を認める、新たな制度を創設することになりました。
カテゴリー:

費用抑え機能充実を評価 宮城・利府の交流型起業支援施設にグッドデザイン賞 - 11月16日(月)06:05 

宮城県利府町の交流型起業支援施設「tsumiki(ツミキ)」が、2020年度のグッドデザイン賞(日本デザイン振興会主催)を受賞した。ハード面の費用を抑えつつ、機能を充実させた点が評価された。受賞を記念
カテゴリー:

「起業支援」の画像

もっと見る

「起業支援」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる