「走行距離」とは?

関連ニュース

原付が消える。このままでは'25には供給が途絶える・・・原付免許で125ccクラスに議連主導で関係省庁が調整を開始 - 12月03日(土)14:58  poverty

原付免許で乗れるバイクが50ccより大きくなるかも知れない。全国オートバイ協同組合連合会の大村会長は、11月25日の総会で「このままでは50cc存続の危機、解決策の協議が進んでいます」と公言した。果たして原付の何が課題で、どう解決するのか? 独自取材を基に解説したい。 現状では2025年に50ccモデルの供給が途絶える 2022年10月末で期限を迎えた令和2年排出ガス規制は、原付1種(~50cc)のみ2025年10月末までの猶予が与えられている。本来は同じ期限が設定されていたが、全国オートバイ協同組合連合会(AJ)の働きかけ...
»続きを読む
カテゴリー:

<金口木舌>長距離走行は誰のせい - 12月02日(金)05:00 

 那覇周辺のモノレール沿線や国道沿いの一部地域を除き、沖縄の大部分で車は生活必需品。仕事でも日常生活でも娯楽でも、多様な魅力を持つ地域同士を結ぶ交通手段がないと、地域社会は衰退するだろう▼政府の税制調査会で「走行距離税」の導入が議論され、批判を浴びている。批判は特に公共交通網が脆弱で車に依存せ...
カテゴリー:

走行距離税、反対意見が相次ぐ 「負担の話すればEV普及に逆行」 - 11月30日(水)21:00 

 ガソリン税がとれない電気自動車(EV)が普及した後の税収確保策として浮上している「走行距離課税」をめぐり、政府・与党内で議論が激化している。30日の自民党税制調査会の会合では、慎重意見が相次いだ。た…
カテゴリー:

「SDGsとよく聞くが…」車に関する税に対し、JAFが鋭い指摘 - 11月30日(水)19:15 

JAF公式アカウント (@jaf_jp)が投稿した、自動車に関する税金にまつわるツイートに注目が集まっています。 新規新車登録から13年経過すると重い税率が課されます😱(対象:自動車税や自動車重量税) SDGs(持続可能な開発目標)てよく聞きますけどまだ持続可能な車を所有しづらくする税制ってどうなんでしょう❓ 長く大切に使うってエコじゃないんですか😠🔥#ドライバーは高額納税者 https://t.co/AxDAzjmgy0 pic.twitter.com/80mnWVfQH8 — JAF (@jaf_jp) May 18, 2022 ▶画像や動画が表示されない場合はコチラ おっしゃる通り…(;´・ω・)    googletag.cmd.push( function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586069374553-0'); }); ダブスタ 物を長く大事に使うことを推奨しながらも新車買い替えを促すような政策を進めるのは、どこか矛盾を感じます。 新しい車のほうが排ガスがクリーンでCO2排出が少ないから、、、それはわからなくもないが、電動化に向けて走行距離に応じた税を課す動きを見ると、結局税金取りたいだけだよな。 — 🎏setsuyaku_tanoshimi (@SetsuyakuT...more
カテゴリー:

「世界の自動車用ポリカーボネートグレージング市場2022年-2031年:技術別 (サンコントロールグレージング、疎水性グレージング)、用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました - 11月30日(水)11:30 

2022年11月30日株式会社マーケットリサーチセンタ-株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界の自動車用ポリカーボネートグレージング市場2022年-2031年:技術別 (サンコントロールグレージング、疎水性グレージング、切り替え可能型グレージング、従来型)、用途別(フロントウインドシールド、バックライト、サイドライト、クォーターガラス、パノラミックルーフ/ルーフモジュール)」調査資料の販売を2022年11月30日に開始いたしました自動車用ポリカーボネートグレージング市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト■レポ-トのタイトル:世界の自動車用ポリカーボネートグレージング市場2022年-2031年:技術別 (サンコントロールグレージング、疎水性グレージング、切り替え可能型グレージング、従来型)、用途別(フロントウインドシールド、バックライト、サイドライト、クォーターガラス、パノラミックルーフ/ルーフモジュール)■英文タイトル:Automotive Polycarbonate Glazing Market [Technology: Sun Control Glazing, Hydrophobic Glazing, Switchable Glazing, Conventio...more
カテゴリー:

マツダ曰く、EV移行は想定通りにはいかない - 12月02日(金)18:05 

Bloombergの記事によれば、マツダの古賀亮専務執行役員は電気自動車(EV)への移行はリスクもあり、一部で想定されるようなスピード感では進まないと考えているという。同氏はその理由を5点挙げている(Bloomberg)。 IRAや欧州の電池規則に適合するには部品サプライチェーン(供給網)の確立の問題IRAの規則に適合した電池の取り合いによる価格高騰の恐れウクライナ情勢などの地政学上のリスクによるエネルギー調達など消費者や市場がEVを受け入れるか米国では製造業で十分な労働力の確保が困難となっている。古賀氏は「電動化の潮流は変わらないと思うが、時間軸は変わるだろう」とし、同様の考えを共有しているトヨタと歩調を合わせる方針を示しているとのこと。 すべて読む | ビジネス | 交通 | 関連ストーリー: 信頼性ではEVよりハイブリッドでトヨタが首位。最新コンシューマー・レポート 2022年11月18日 日本の車にかかる税金は欧米諸国に比べ約2.2倍から31倍 2022年11月18日 自動車に走行距離課税か? 2022年11月04日 米国が中国製バッテリー採用車種への補助金をストップへ。日本車にも影響 2022年08月16日 半導体需要に減退の兆し。米マイ...more
カテゴリー:

ロジスティクスデータ活用コンテスト 大和ハウス工業スマートロジスティクスオープンデータチャレンジ開催 - 12月01日(木)13:24 

2022年12月1日 大和ハウス工業株式会社 株式会社日立物流 YRPユビキタス・ネットワーキング研究所  大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:芳井 敬一、以下「大和ハウス工業」)と株式会社日立物流(本社:東京都中央区、代表執行役社長:髙木 宏明、以下「日立物流」)、YRPユビキタス・ネットワーキング研究所(所在地:東京都品川区、所長:坂村 健・東洋大学情報連携学部INIAD学部長)の3社は、2022年12月9日より、ロジスティクスデータ活用コンテスト「大和ハウス工業 スマートロジスティクス オープンデータチャレンジ」(以下、「本コンテスト」)を開催します。  本コンテストでは、日立物流の安全運行管理ソリューション「SSCV-Safety」から得られる実際の物流(ロジスティクス)システムのデータを公開(オープンデータ化)し、その有効利用方法を競っていただきます。AIをはじめとしたデジタル技術を用いた新たなサービスやアプリケーションの提案を、国内外問わず一般の方から募集します。  また、本コンテストで公開するデータの詳細や、輸送業界が直面しているさまざまな課題、コンテストの趣旨への理解を深めていただくため、TRON(トロン)シンポジウム「2022 TRON Symposium -TRONSHOW-」(開催日:2022年12月7日~12月9日、場所:東京ミッ...more
カテゴリー:

走行距離税、1km=4円の方向で採択濃厚か - 11月30日(水)19:47  news4vip

あほか ...
»続きを読む
カテゴリー:

最大出力240万9730馬力ディーゼルエンジン(現時点での世界最大級出力は11万2085馬力)を事業提携を募るために詳細設計図面と3DCADデータを公開 - 11月30日(水)15:00 

エンジン開発や次世代AI開発で世界にない技術を具現化する株式会社日本ソフトウエアアプローチ(所在地:さいたま市南区、代表取締役:真下 速美)は、2022年11月30日(水)に現在の世界最大級ディーゼルエンジンと比べて重量比が85分の1で出力比が21.5倍になる船舶用・発電用・軍需用のディーゼルエンジンを事業提携を募るために、詳細設計図面と3DCADデータを公開します。▼受注生産型のディーゼルエンジンを世界中から先行受注受注生産型の船舶用・発電用・軍需用のディーゼルエンジンを世界中から先行受注します。▼船舶用・発電用・軍需用のディーゼルエンジンについて1.エンジンの仕様 シリンダ径=600mm、行程=1609.43mm、ボア比=2.68、圧縮比=24.742.エンジンの特徴 超小型・超軽量・大出力(240万9730馬力)・高性能・高効率・低燃費・低振動・低騒音・耐久性抜群 (詳しくはマシモエンジン技術資料と諸元・部品表・詳細設計解析で説明)3.エンジンの重量と出力 重量=24.213~912.898トン、出力10万405~240万9730馬力4.世界最大級ディーゼルエンジンとの比較 基本構成は、重量=24.213トン、出力=10万405馬力、パワーウエイトレシオ=4.146馬力/kgなので、 世界最大級ディーゼルエンジン(重量=2320トン、出力=11万2085馬力、パワーウエイトレ...more
カテゴリー:

【データで見るW杯】日本走行距離トップは鎌田大地の23.35キロ スプリント数もトップの99回 - 11月30日(水)02:48  mnewsplus

◇サッカーFIFAワールドカップカタール2022 (11月20日~12月18日) FIFAワールドカップの公式ホームページは日本代表の第2戦までの様々なデータを公開しました。 チームトップのシュート数なのが、ドイツ戦で勝ち越しゴールを決めた浅野拓磨選手の6本。 最多クロス数だったのが、コスタリカ戦のみの出場ながら相馬勇紀選手が6本となりました。 そして中盤で攻守で奔走する鎌田大地選手が2試合の合計走行距離で1位。23.35キロを記録しました。 鎌田選手はスプリント数でも1位の99回と、数字上でもチームに貢献していることを...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる