「資金決済」とは?

関連ニュース

「クロス×ロゴス」のサービスが2020年2月27日をもって終了 - 01月28日(火)18:00 

 アニプレックスは本日(2020年1月28日),スマートフォンアプリ「クロス×ロゴス」(iOS / Android)のサービスを2月27日をもって終了すると発表した。これに先駆けて,有償書符霊石は本日15:00頃に販売が停止されたとのこと。 なお,サービス終了日以降,資金決済に関する法律第20条第1項に基づき,未使用の有償書符霊石を保有するプレイヤーを対象に払い戻しが行われる。その詳細は,サービス…
カテゴリー:

あのVALUも直撃... 資金決済法・金商法改正で、仮想通貨業界に大変動も - 01月16日(木)14:00 

仮想通貨取引所の規制強化を軸にした、新たな改正資金決済法と改正金融商品取引法(以下、改正金商法)が2020年6月までに施行される。
カテゴリー:

VALU、模擬株式「VA」の売買終了 規制を受け「力及ばず」「抜本的な事業転換が必要」 - 01月15日(水)15:56 

「VALU」で、模擬株式「VA」の売買が終了する。改正資金決済法への対応が難しく、VAの売買を含むサービス全般の終了を決めたという。
カテゴリー:

日本経済新聞社が主催、フェイスブックが主導する「リブラ」をテーマとしたセミナー開催へ - 01月15日(水)13:30 

日本経済新聞社は1月17日、米フェイスブックが発行を目指しているデジタル通貨「リブラ」をテーマとするセミナーを開催する。同セミナーのメインスピーカーは国立情報学研究所の岡田仁志准教授だ。先ごろ、リブラに関する電子書籍「リブラ 可能性、脅威、信認」を日本経済新聞出版社から出版している。 「リブラ」は、ドルやユーロなどの法定通貨を裏付け資産とすることで価値を保つ仕組みとなっている。フェイスブックはリブラを通じて、銀行を介さず、スマホで手軽に送金や決済を利用できるグローバルな基盤の構築を目指している。日本では2020年4月、改正資金決済法と改正金融商品取引法が施行される予定となっており、大手金融機関やスタートアップ企業などが仮想通貨を使った新しいビジネスの立ち上げに注目が集まっている。 2020年は大手金融機関やスタートアップ企業などが仮想通貨を使った新しいビジネスを相次いで立ち上げる見通しであることを受け、日本経済新聞社は注目高まる暗号資産ビジネスを展望していく。 【概要】 日時:2020年1月17日(金)19:00~21:00(開場18:30) 会場:日経渋谷センター(SOIL) 東京都渋谷区渋谷1-13-9 渋谷たくぎんビル7階) 参加費:3,000円(軽食付き交流会あり) 主催:日本経済新聞社 / 協力:日本経済新聞出版社 【参照URL】セミナー詳細ページ
カテゴリー:

金融庁、仮想通貨に関わる改正資金決済法の政令・内閣府令案を公表 パブリックコメント募集【ニュース】 - 01月14日(火)18:55 

金融庁は14日、資金決済法改正に伴う政令や内閣府令、事務ガイドラインなどの改正案を公表した。仮想通貨(法律上は暗号資産)に関する制度整備が改正内容の中心となっている。
カテゴリー:

VALUEがトークン売買サービスを終了、ユーザーの暗号資産を返却へ - 01月20日(月)13:47 

株式会社VALUが運営するSNSサービス「VALU」は1月15日、3月2日13:00をもってVALUで利用できるトークン「VA」の売買サービスを終了、3月31日を期限にユーザーから預っている暗号資産(ビットコイン)の返却手続きを進めることを発表した。 VALUは、ブロックチェーンテクノロジーを使うことで、個人の価値をシェア・トレード可能にし、なりたいものや、やりたいことがある個人が継続的な支援を募ることができるプラットフォームだ。2017年5月のβ版リリース以降、ビットコインを用いた取引が行われていた。 VALU社は、2019年5月31日に可決された暗号資産に関する改正資金決済法に含まれる『暗号資産カストディ業務に対する規制』に対応するべく検討を進めた結果、VALUにおける暗号資産カストディに関わる業務を断念することを決定した。 【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法 【参照記事】VA(MY VALU)売買サービスの終了、及び、お預かり暗号資産の返却 について
カテゴリー:

金融庁、仮想通貨に係る改正案を公表 レバレッジ上限は2倍に【フィスコ・ビットコインニュース】 - 最新株式ニュース - 01月15日(水)17:01 

金融庁は14日、資金決済法の改正に係る政令や内閣府令案などの改正案を公表した。この改正案は、2019年5月31日に成立した「情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律」の施行に伴い、関係政令・内閣府令等の規定の整備を行うものであるとしており、主に「暗号資産(仮想通貨)交換業に係る制度整備」、「仮想通貨を用いたデリバティブ取引や資金調達取引に関
カテゴリー:

VALU、VAトークンの売買サービスを3月2日に終了。預かり仮想通貨返却 〜暗号資産カストディ業務の規制対応を断念 - 01月15日(水)13:48 

SNS「VALU」を運営するVALU社は1月15日、提供中のVAトークンの売買について、3月2日13時付けで終了することを発表した。その後、3月31日13時までに預かり仮想通貨資産の返却手続きを進めるとのこと。サービスの終了は、金融庁が14日に改正資金決済法関連の発表を行ったことを受け、暗号資産カストディ業務に対する規制への対応を断念したためだという。
カテゴリー:

金融庁、交換所の預かり資産コールドウォレット化95%義務づける改正案公表 〜レバレッジ上限2倍・STOのルール整備など。意見公募開始 - 01月15日(水)12:56 

金融庁は1月14日、資金決済法と金商法の改正に関係する政令・内閣府令案などの改正案を公表した。仮想通貨交換所の運用ルールが定義され、暗号資産の証拠金取引の倍率(レバレッジ)を上限2倍とすること、総預かり資産額のうちコールドウォレットに保管する額を95%以上とすることなどが含まれる。電子記録移転権利(セキュリティトークン)に関する定義も追加されている。
カテゴリー:

【悲報】セブンイレブンさん セブンpay残高で7000万円丸儲けしてしまう 勝手にパスワリセットしてボッシュート…orz - 01月09日(木)15:46  poverty

コンビニ「セブン―イレブン」で不正利用が相次ぎ昨年廃止されたスマートフォン決済サービス「7pay(セブンペイ)」で、 手続きをせず残高の払い戻しを受けていない利用者が全国で約25万人に上ることが9日、分かった。 セブン&アイ・ホールディングスによると、未利用の残高は計約7千万円で、少額の保有者が多いとみられる。 セブン&アイによると、資金決済法に基づく払い戻し手続きの期限は10日で、 インターネット上の特設サイトなどを通じて手続きを呼び掛けている。 ただ、残高の保有が確認できた利用者には同社の判断で11...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「資金決済」の画像

もっと見る

「資金決済」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる