「貿易問題」とは?

関連ニュース

【国際】米 台湾に新型F16戦闘機売却か - 08月17日(土)06:08  newsplus

アメリカの複数のメディアは、トランプ政権が台湾に対し、60機あまりの新型のF16戦闘機、日本円でおよそ8500億円相当を新たに売却する手続きを進めていると伝えました。 貿易問題などで対立する中国をけん制する狙いがあるとみられ、中国が強く反発することは避けられない見通しです。  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190817/k10012038781000.html?utm_int=news_contents_news-main_004 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【米中貿易戦争】米中対立、もはや「戦争」=貿易摩擦激化で-WSJ紙 - 08月09日(金)23:55  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000024-jij-n_ame  米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は8日の電子版で、エコノミストの大半が米中間の貿易をめぐる対立が 「摩擦」から「戦争」の段階に入ったと認識を改めていると報じた。 同紙は最近まで「戦争」との表現を避けてきたが、エコノミストらの認識変更を踏まえ貿易戦争とするのが適切との立場を示した。  同紙が1年前に実施したエコノミスト調査では、回答した48人のうち米中貿易問題の受け止めについて「戦争」と「摩擦」が24人ずつと半数に分かれてい...
»続きを読む
カテゴリー:

東証5日ぶり反発、76円高 値ごろ感から買い戻し - 08月08日(木)17:04 

 8日の東京株式市場は、このところの急ピッチな下落の反動で値ごろ感のある銘柄を中心に買い戻しが入り、日経平均株価(225種)は5営業日ぶりに反発した。貿易問題や通貨政策を巡る米中対立への過度な不安がひとまず和らいだことも買い材料になった。終値は前日比76円79銭高の2万0593円35銭。
カテゴリー:

いまさら人に聞けないイラン情勢。アメリカの目論見が外れた理由 - 08月07日(水)23:34 

アメリカが呼びかけた有志連合への参加を表明した国は、8月初旬時点ではないようです。対イラン政策に関するアメリカの外交姿勢は国際社会から承認されていない状況が続いているように見えます。そもそも、アメリカは、トランプ政権は、なぜイランに対し強硬姿勢を続けるのでしょうか?このいまさら人に聞きにくい疑問を、メルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』の著者で、国際交渉人の島田久仁彦さんがわかりやすく解説してくれました。紛争調停官として、日本外交への期待も表明しています。 外れたアメリカの目論見と中東における緊張の激化 トランプ政権になってからのアメリカは、過度なまでにイランを敵対視し、ついにはオバマ政権と欧州の同盟国が苦難の末に作りあげ、イランの合意を引き出したイラン核合意を一方的に離脱することで、イランとの緊張関係を振り出しに戻してしまいました。 その後、北朝鮮問題の“進展”というサプライズを演出できたこともあり、しばらくはイランがトランプ大統領のレーダーに上ることは少なくなっていましたが、北朝鮮の非核化をめぐるdeal makingが停滞すると、再度、イランに対する圧力と口撃が始まりました。 ただ、『戦争は準備が出来ているが、実行したくない』との本音と、仮に交戦状態に陥った際にどのような被害が出得るかを知らされたのでしょうか。今のところ直接的かつ大規模な武...more
カテゴリー:

【米中貿易摩擦】米、中国を為替操作国に指定 圧力を強化 - 08月06日(火)10:58  bizplus

ワシントン=鳳山太成】米財務省は5日、経済制裁の対象となる「為替操作国」に中国を指定したと発表した。中国の通貨・人民元の対ドル相場が1ドル=7元台に下落したことでトランプ大統領が「為替操作だ」と批判を強めていた。貿易問題で行き詰まるなか、圧力を強める新たな交渉カードを切った形だ。中国の反発は必至で米中対立の激化は避けられない。 【関連記事】為替操作国とは 改善なければ制裁措置も https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48251090W9A800C1000000/ ムニューシン財務長官は声明で「ここ数日、通貨切り下げのため...
»続きを読む
カテゴリー:

米 台湾に新型F16戦闘機売却か - 08月17日(土)05:45 

アメリカの複数のメディアは、トランプ政権が台湾に対し、60機あまりの新型のF16戦闘機、日本円でおよそ8500億円相当を新たに売却する手続きを進めていると伝えました。貿易問題などで対立する中国をけん制する狙いがあるとみられ、中国が強く反発することは避けられない見通しです。
カテゴリー:

東証5日ぶり反発、76円高 - 08月08日(木)20:07 

 8日の東京株式市場は、このところの急ピッチな下落の反動で値ごろ感のある銘柄を中心に買い戻しが入り、日経平均株価は5営業日ぶりに反発した。貿易問題や通貨政策を巡る米中対立への過度な不安がひとまず和らいだことも買い材料になった。終値は前日比76円79銭高の2万593円35銭。
カテゴリー:

東証5日ぶり反発、76円高 値ごろ感から買い戻し - 08月08日(木)16:51 

 8日の東京株式市場は、このところの急ピッチな下落の反動で値ごろ感のある銘柄を中心に買い戻しが入り、日経平均株価(225種)は5営業日ぶりに反発した。貿易問題や通貨政策を巡る米中対立への過度な不安がひとまず和らいだことも買い材料になった。終値は前日比76円79銭高の2万0593円35銭。
カテゴリー:

為替操作国認定、米中対立「終結点は見えず」 世界同時株安も進行 - 08月06日(火)21:28 

 トランプ米政権が5日、中国を制裁措置の対象となる「為替操作国」に認定したことで、米中貿易戦争は貿易問題から通貨問題に拡大した。中国政府は通貨安誘導を否定し、米国側に反発して対抗措置の検討を開始。新たな対立を抱え込んだ米中貿易戦争は泥沼化の様相を呈している。世界1位と2位の経済大国の対立激化が世界経
カテゴリー:

【米国】中国を「為替操作国」に指定 圧力を強化 - 08月06日(火)10:24  newsplus

【ワシントン=鳳山太成】米財務省は5日、経済制裁の対象となる「為替操作国」に中国を指定したと発表した。中国の通貨・人民元の対ドル相場が1ドル=7元台に下落したことでトランプ大統領が「為替操作だ」と批判を強めていた。貿易問題で行き詰まるなか、圧力を強める新たな交渉カードを切った形だ。中国の反発は必至で米中対立の激化は避けられない。 ムニューシン財務長官は声明で「ここ数日、通貨切り下げのための具体的な措置を取った」と指摘。「中国の目的は国際貿易で不公正な競争優位を得るためだ」と断じた。20カ国・地域首脳...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「貿易問題」の画像

もっと見る

「貿易問題」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる