「貿易問題」とは?

関連ニュース

米中閣僚級交渉 米ワシントンで21日から - 02月19日(火)13:16 

アメリカと中国の両政府は、貿易問題をめぐる閣僚級の交渉を今月21日からワシントンで行うと発表し、交渉の期限が来月1日に迫る中、対立の解消に向けて進展が得られるのか注目されます。
カテゴリー:

NY株 ことしの最高値を記録 米中貿易交渉の進展に期待 - 02月16日(土)06:28 

15日のニューヨーク株式市場は、アメリカと中国の貿易問題の交渉が進展するとの期待から、ダウ平均株価は大幅に値上がりしました。取引時間中にトランプ大統領が非常事態宣言に署名すると表明しましたが、目立った反応はなく、ことしの最高値を記録しました。
カテゴリー:

習近平「米国との武力衝突に備える」発言に日本はどう振る舞う? - 02月14日(木)07:00 

数々の国際舞台で交渉人を務めた島田久仁彦さんが、メルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』で、混迷を極め、複雑化の様相を示す北東アジア情勢について紐解きます。そこで語られるのは、年明けに衝撃が走った習近平国家主席のコメントからの米中の武力衝突の可能性であり、日韓、米朝の衝突の可能性です。私たちの地域である北東アジアは今年、どうなってしまうのでしょうか? 北東アジアの混乱と日本の針路 ~米中との関係 2019年に入り、いよいよ北東アジア情勢が混乱の様相を示してきました。まず、米中関係ですが、現在、高級事務レベルでの会議を北京で開き、貿易摩擦および報復関税の応酬を解決すべく話し合いを始めていますが、その見通しは決して明るくありません。 またそれに加え、年初に習近平国家主席が「アメリカとの武力衝突に備える準備が必要」と公にコメントしたように、緊張は経済・貿易問題から国家安全保障問題へとシフトアップしてきています。 実際に、南シナ海および台湾近海で、米中の艦船のにらみ合いが頻発してきていますし、これまでトランプ政権内で“融和”を唱えていたマティス国防長官の退任を受けて、もう誰もトランプ大統領および側近の嫌中論に基づく挑発を止められなくなってきています。 そして、中国サイドも、昨年明らかになったように、完全にアメリカ側の出方を読み違え、その煽りを経済的に(そし...more
カテゴリー:

米中貿易 合意できるか? - 02月11日(月)19:04 

米中貿易 合意できるか?:アメリカと中国は、貿易問題をめぐる次官級による協議を、11日から北京で行っている。...
カテゴリー:

米中首脳会談 制裁措置の発動期限まで予定なし トランプ大統領 - 02月08日(金)11:34 

アメリカのトランプ大統領は、米中の貿易問題の交渉で習近平国家主席との首脳会談にいったんは意欲を示しましたが、期限の来月1日までに会談する予定はないと述べました。双方の隔たりが埋まらない中で、首脳会談は時期尚早で、いまは中国にさらに譲歩を迫ることが必要だと判断したものとみられます。
カテゴリー:

【経済】NY株 ことしの最高値を記録 米中貿易交渉の進展に期待 - 02月17日(日)16:56  bizplus

15日のニューヨーク株式市場は、アメリカと中国の貿易問題の交渉が進展するとの期待から、ダウ平均株価は大幅に値上がりしました。取引時間中にトランプ大統領が非常事態宣言に署名すると表明しましたが、目立った反応はなく、ことしの最高値を記録しました。 15日のニューヨーク株式市場は、アメリカと中国の貿易問題をめぐる閣僚級の交渉が進展し、妥協を探る動きが本格化しているという楽観的な見方が広がり、取り引き開始直後からダウ平均株価は大幅に値上がりしました。 このあと、トランプ大統領がホワイトハウスで演説し、非...
»続きを読む
カテゴリー:

きょうから2日間、閣僚級協議 米中貿易問題 - 02月14日(木)12:40 

きょうから2日間、閣僚級協議 米中貿易問題
カテゴリー:

貿易協議初日に米が「航行の自由」作戦で中国が反発 - 02月11日(月)23:45 

米中の貿易問題をめぐり、次官級協議が11日から北京で始まりましたが、これに合わせるようにアメリカ軍は11日、中国が主権を主張する南シナ海の海域で艦艇を航行させる「航行の自由」作戦を実施し、中国が反発しています。
カテゴリー:

米中 貿易交渉を再開 来月1日の“期限”迫るなか - 02月11日(月)12:18 

アメリカと中国は、11日から北京で貿易問題をめぐる交渉を再開し、交渉の期限が来月1日に迫るなか、アメリカが不満を強めている知的財産権の侵害の問題などで中国側が抜本的な対策を示すかが焦点です。
カテゴリー:

世銀総裁にマルパス米財務次官 トランプ氏が候補に指名 - 02月07日(木)08:13 

 トランプ米大統領は6日、世界銀行の次期総裁候補にデービッド・マルパス米財務次官を指名した。米国は歴代総裁を世銀に送り込んでいる。現職の米高官が就任すれば、貿易問題や開発融資を巡って中国と対立する米政権の意向を世銀の政策に反映する可能性がある。
カテゴリー:

もっと見る

「貿易問題」の画像

もっと見る

「貿易問題」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる