「貿易協議」とは?

関連ニュース

第2段階協議「考えてない」 対中貿易でトランプ氏 関係悪化 - 07月11日(土)07:54 

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は10日、中国と「第2段階」の貿易協議を再開することを「考えていない」と述べた。2月に限定的な内容の第1段階の貿易協定を発効させ、対象を広げた第2段階交渉に乗り出す意向だった。香港情勢などをめぐり対中関係が悪化しており、当面は交渉を見合わせる。
カテゴリー:

日経平均は小幅続伸、機関の出遅れ選別物色と個人のIPO人気と - 最新株式ニュース - 06月24日(水)12:22 

 日経平均は小幅続伸。27.58円高の22576.63円(出来高概算5億7000万株)で前場の取引を終えている。 23日の米株式市場でNYダウは続伸し、131ドル高となった。トランプ大統領が米中貿易協議における第1弾合意の継続を再確認する投稿を入れ、米中関係を巡り安心感が広がった。クドロー国家経済会議(NEC)委員長が経済再封鎖の可能性を否定したことや、ムニューシン財務長官が追加支援策について7月
カテゴリー:

東証株の午前終値、184円高の2万2621円 - 06月23日(火)11:46 

 23日の東京株式市場で日経平均株価の午前終値は、前日終値比184円57銭高の2万2621円84銭だった。朝方は前日の米株高を好感して上昇。ナバロ米大統領補佐官が米テレビのインタビューで米中貿易協議の第1段階合意が「終わった」と発言したことが伝わると、米中関係の悪化懸念から100円超下げる場面もあった。その後は割安感などから買い戻す動きが優勢となり、再びプラスに転じた。
カテゴリー:

「有言不実行」に愛想を尽かした米国民たちがトランプを捨てる日 - 06月30日(火)14:00 

経済を優先したことで感染拡大が止まらなくなっているアメリカの新型コロナ対策ですが、その「失敗」でトランプ大統領の支持率が低下しています。このままでは11月の大統領選での再選も厳しいと見るのは、日本国際戦略問題研究所長の津田慶治さん。津田さんは自身のメルマガ『国際戦略コラム有料版』で、トランプ外交が「言うだけで実行しない」失政の数々を指摘し、新型コロナの対応を誤ったことと、ある一部勢力がトランプ氏を見限ったことでバイデン氏の有利を導いたのではないか、と持論を展開しています。 トランプ外交交渉の失敗 トランプ大統領は、対中強硬策で米国民の期待をつなごうとしたが、中国が米国からの農産物輸入を止めたことで、突如、対中強硬策を中止した。豪州は米国の勧めで中国非難の共同声明を出したが、米国に裏切られている。 トランプ大統領の中国非難は、いろいろ想定をしたシミュレーション結果から中国非難をしたわけではなく、検討もなしで言ってみるという底の浅い対中強硬策であったようだ。 これでは、中国の官僚たちが準備万端の検討をしている対抗策で手玉に取られることになる。そのため、コロナ発生源調査もうやむやにされてしまった。WHOの脱退もうやむやで、言うこととやることが別である。「感覚外交」が限界に来ている。 この指摘を受け、ポンペイオ国務長官は香港への国家安全法適用にかかわった中国共産党当局者に対して、ビザの発給...more
カテゴリー:

東証反発、111円高 米株高好感、一時下落も - 06月23日(火)16:56 

 23日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発した。終値は前日比111円78銭高の2万2549円05銭だった。前日の米国市場の株高や、経済活動再開の動きを好感し、上げ幅は一時250円を超えた。米中貿易協議に対する警戒感から180円以上下落する場面もあった。
カテゴリー:

東証株、下げに転じる 一時100円超安 - 06月23日(火)11:23 

 23日午前の東京株式市場で日経平均株価が下げに転じ、下げ幅は一時100円を超えた。午前10時50分時点の日経平均は前日終値比87円01銭安の2万2350円26銭。前日に米株式市場が4営業日ぶりに反発したことが好感され日経平均は上昇して始まったが、ナバロ米大統領補佐官が米テレビのインタビューで米中貿易協議の第1段階合意が「終わった」と発言したことが伝わると、米中関係の悪化を嫌気した売り注文が優勢となった。
カテゴリー:

「貿易協議」の画像

もっと見る

「貿易協議」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる