「貯蔵施設」とは?

関連ニュース

<玄海原発>MOX燃料再処理費用転嫁は「適正」 - 11月14日(木)08:00 

九州電力は13日、玄海原発(東松浦郡玄海町)に関する反原発団体の質問状に口頭で回答した。プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料の再処理事業費などを4月から電気料金に転嫁していることについて「必要費用を適正に盛り込んでいる」と説明した。 質問状は、使用済み核燃料を保管する貯蔵施設や核燃料サイクルなど8項目で、玄海原発対策住民会議(成冨忠良会長)が4月に手渡していた。 使用済みMOX燃料は、国が再処理して利用する方針を掲げるが、再処理施設はなく計画も具体化していない。
カテゴリー:

【資源・製造業】ヘリウムの安定供給求め 関係学会が緊急声明発表へ[11/05] - 11月07日(木)11:17  scienceplus

2019年11月5日 5時03分 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191105/k10012164001000.html 工業製品の製造や研究開発などの際に幅広く使われている「ヘリウム」の供給量が減少して、一部の研究が行えなくなるなどの影響が出ていて、関係する学会は緊急の声明を出して、ヘリウムの安定供給に国をあげて取り組むよう訴えることにしています。 ヘリウムは燃えることがなく安定していて、冷却のためなどに使われます。半導体などの工業製品の製造や研究開発、それに医療用の機器など幅広く使用され、日本はすべて輸入に頼っています。...
»続きを読む
カテゴリー:

米国「ヘリウムの輸出量減らすわーw」→日本の販売会社「危機的状況」関係学会「緊急声明」★3 - 11月06日(水)11:10  newsplus

工業製品の製造や研究開発などの際に幅広く使われている「ヘリウム」の供給量が減少して、一部の研究が行えなくなるなどの影響が出ていて、関係する学会は緊急の声明を出して、ヘリウムの安定供給に国をあげて取り組むよう訴えることにしています。 ヘリウムは燃えることがなく安定していて、冷却のためなどに使われます。半導体などの工業製品の製造や研究開発、それに医療用の機器など幅広く使用され、日本はすべて輸入に頼っています。 世界の生産量のおよそ6割を占めるアメリカが、ヘリウムの輸出を去年から減らしていて、日本...
»続きを読む
カテゴリー:

米国「ヘリウムガスの輸出量減らすわーw」→日本の販売会社「危機的状況」関係学会「緊急声明」 - 11月05日(火)07:21  newsplus

工業製品の製造や研究開発などの際に幅広く使われている「ヘリウム」の供給量が減少して、一部の研究が行えなくなるなどの影響が出ていて、関係する学会は緊急の声明を出して、ヘリウムの安定供給に国をあげて取り組むよう訴えることにしています。 ヘリウムは燃えることがなく安定していて、冷却のためなどに使われます。半導体などの工業製品の製造や研究開発、それに医療用の機器など幅広く使用され、日本はすべて輸入に頼っています。 世界の生産量のおよそ6割を占めるアメリカが、ヘリウムの輸出を去年から減らしていて、日本...
»続きを読む
カテゴリー:

むつ市の核燃新税試算 税収5年間で93億円 - 10月30日(水)22:01 

青森県むつ市は30日、創設を検討している使用済み核燃料への新税(法定外普通税)に関し、税収見込みを5年間で合計約93億円とする試算を公表した。県が六ケ所再処理工場などへ適用している県核燃料物質等取扱税(核燃税)条例を基に算出した。市は31日、使用済み核燃料中間貯蔵施設を運営するリサイクル燃料貯蔵(RFS、本社むつ市)に説明する予定で、新税実現へ向け事業者側との協議に入る。市役所で行われた新税プロジェクトチーム(PT)第3回会議で試算を示した。RFSが原子力規制委員会に提出した貯蔵計画に基づき、…
カテゴリー:

台風19号のおかげで福島の除染廃棄物が流出したのに何で皆平然と生きてるんや - 11月08日(金)05:44  livejupiter

台風19号の大雨により福島県などで東京電力福島第1原子力発電所事故の除染廃棄物を詰めた袋「フレコンバッグ」が屋外の保管場所から次々と流出した。 環境省や自治体がドローンなどを使って捜索を続けているが、袋の中身の多くが見つかっていない。 2015年の豪雨でも一部が流出しており、中間貯蔵施設に運び込む前の「仮置き場」が防災上の盲点になっている。 https://r.nikkei.com/article/DGXMZO51887250X01C19A1CE0000 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「どうこう言う状況ではない」 むつ市課税に知事 - 11月06日(水)21:00 

三村申吾知事は6日の定例会見で、リサイクル燃料貯蔵(RFS、青森県むつ市)の使用済み核燃料中間貯蔵施設に搬入される核燃料への課税に関し「事業の開始時期を見据え、適切に対応する」と、これまでの方針を繰り返した。県は、県内の原子力施設に核燃料物質等取扱税(核燃税)を課しているが、建設中のものは対象となっていない。一方、独自の課税を目指すむつ市は、先月30日に税収見込みなどの試算を公表。課税の内容は、六ケ所再処理工場に搬入・貯蔵される使用済み核燃料に県が課しているものと同等となっているが、三村知事は…
カテゴリー:

米国「ヘリウムの輸出量減らすわーw」→日本の販売会社「危機的状況」関係学会「緊急声明」★2 - 11月05日(火)18:23  newsplus

工業製品の製造や研究開発などの際に幅広く使われている「ヘリウム」の供給量が減少して、一部の研究が行えなくなるなどの影響が出ていて、関係する学会は緊急の声明を出して、ヘリウムの安定供給に国をあげて取り組むよう訴えることにしています。 ヘリウムは燃えることがなく安定していて、冷却のためなどに使われます。半導体などの工業製品の製造や研究開発、それに医療用の機器など幅広く使用され、日本はすべて輸入に頼っています。 世界の生産量のおよそ6割を占めるアメリカが、ヘリウムの輸出を去年から減らしていて、日本...
»続きを読む
カテゴリー:

むつ市の核燃新税案に戸惑い「経営に影響大きい」 - 11月01日(金)09:00 

青森県むつ市は31日、使用済み核燃料中間貯蔵施設の運営会社・リサイクル燃料貯蔵(RFS、同市)に、市が創設を検討している同燃料への新税案を伝達した。対応したRFSの松下正光常務は「検討案は、当社の経営に非常に大きなインパクトを与えると考えている。十分な時間をかけて、慎重な話し合いをしていきたい」と返答した。市の新税検討プロジェクトチーム(PT)サブリーダー・樋山政之税務調整監らがRFSを訪れ、資料を渡した。松下常務は「事前の話し合いがない中、PTから(新税検討案が)公表され、会社としても戸惑い…
カテゴリー:

ベルトコンベヤー挟まれ男性死亡 - 10月29日(火)08:40 

28日午前10時ごろ、大熊町の中間貯蔵施設で、広野町、会社員、男性(34)がベルトコンベヤーに上半身を挟まれた。男性は胸などを圧迫され、搬送先の病院で約1時間4...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「貯蔵施設」の画像

もっと見る

「貯蔵施設」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる