「販路拡大」とは?

関連ニュース

女性農業者、ヴィーナスネット発足 商品開発、販路拡大へ - 07月24日(水)07:32 

 農産物の販売や加工に取り組む秋田県内女性農業者が研修や情報交換を通じ、それぞれの事業活性化につなげる「あきたアグリヴィーナスネットワーク」が23日、設立された。秋田市のルポールみずほで設立総会が開か…
カテゴリー:

建材屋の販路拡大及び新規開拓をサポートする「建材ビズコネクション」 6か月無料特典付きの先行登録を受付開始 - 07月23日(火)15:00 

コジマヤ興業株式会社(本社:静岡県袋井市、代表取締役:坂井 秀徳)は、新規開拓が難しいと言われる建材屋のためのプラットフォーム「建材ビズコネクション」を11月(予定)に公開するのに先立ち、先行登録を2019年7月30日より開始します。先行登録いただいた企業様には正式公開後、6か月間の無料利用特典を提供します。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/189248/LL_img_189248_1.jpg ロゴ 建材ビズコネクション: ht...
カテゴリー:

福井県越前市が地域創生学部の実習地に 大正大学『包括的地域連携に関連する協定』締結 - 07月23日(火)14:00 

20190723 大正大学 福井県越前市が地域創生学部の実習地に 大正大学『包括的地域連携に関連する協定』締結 大正大学(学長:大塚伸夫、所在地:東京都豊島区) と福井県越前市は、2019年7月5日(金)に『包括的地域連携に関連する協定』を締結しました。この協定により、それぞれの資源や機能等を活用して幅広い分野で協力し、相互の発展並びに持続ある地域社会の発展、人材育成の寄与をより一層目指します。また、地域創生や地域振興のリーダーを養成する地域創生学部の学生たちが、今秋実施する地域実習の受け入れ先としても決定しました。 ■連携協定の概要  (1)地域課題解決による地域振興・創生への貢献 地域課題解決の方策の検討や地域創生に関する調査・研究を協働する  (2)学生のまちづくり参画を通した人材還流の促進 まちづくり参画を通して、関係人口の拡大や越前市へのUIJターン促進を図る  (3)地域ニーズに応え、活躍できる人材の育成 越前市でのフィールドワークを通して、地域創生や地域振興のリーダーとなる人材の育成する  (4)教育・研究活動の前進・発展による地域社会における新たな価値の創造 教育・研究活動の前進・発展による、地域資源を生かした新たな価値の創造を目指す  (5)東京圏でのシティ・プロモーション、地域産品の販路拡大 越前市の特産品を大正大学が企画運営するアンテナショップに...more
カテゴリー:

最大150万円の補助!中小企業のIT投資を加速する 経済産業省が実施するIT導入補助金に「Bカート」が採択されました - 07月22日(月)11:00 

BtoB EC・Web受発注システム「Bカート」を提供する株式会社Dai(本社:京都府京都市、代表取締役社長:木脇 和政、以下「当社」)は、経済産業省が実施している「サービス等生産性向上 IT 導入支援事業」(以下、「IT導入補助金」)において、「IT 導入支援事業者」として採択、および「B カート」が補助金対象の ITツールとして採択されることが7月9日に決定しました。■背景BtoB EC市場は約344.2兆円(※)規模で、EC化率も30.2%(※)となっています。BtoB取引のEC化は今後も浸透していくと考えられ有望なマーケットだと認識されています。しかしながら、企業活動における様々な業務がまだ完全にクラウド化されてはおらず不十分な状態です。中小企業におけるクラウドサービスの導入はまだまだ浸透しておらず経営課題として認識しているもののITツールの導入に足踏みをするケースが多い現状がありました。当社では昨年に引き続き「IT 導入支援事業者」として採択され、Bカートが補助金の対象となる「ITツール」として採択されました。これにより、今後、当サービスを導入していただくにあたり、費用面における事業者の負担が軽減されることとなります。Bカートをご利用いただくことで、事業者の方々の業務効率化・販路拡大から経営力の向上・強化を図り労働生産性向上のご支援をさせていただきます。※経済産業省「平成...more
カテゴリー:

TPCマーケティングリサーチ株式会社、農薬メーカーの事業動向・戦略について調査結果を発表 - 07月17日(水)10:00 

世界的な人口増に伴い農薬及び農薬メーカーの使命が大きくなる中、2018農薬年度(2017/10~2018/9)の農薬国内出荷額は前年度比0.1%増の3,373憶1,800万円にとどまった。農薬メーカー各社は、農業生産者の高齢化、後継者不足等による国内農薬市場の伸び悩みから脱却するため、「国内における開発拠点の強化」や「海外での販路拡大」といった事業戦略を推進している。当資料では、国内の主要農薬メーカー17社の農薬事業戦略についてレポートしている。概要◆世界的な人口増が続く中、農薬および農薬メーカーの使命は今後、一層大きくなっている。一方、2018農薬年度(2017/10~2018/9)の農薬国内出荷額は前年度比0.1%増の3,373憶1,800万円の微増にとどまった。農業生産者の高齢化、後継者不足等により、国内農薬市場は踊り場が続いている。この状況からの脱却を目指し、農薬メーカー各社は生き残りをかけた事業戦略として、「国内における開発拠点の強化」と「海外での販路拡大」を推進している。◆まず、開発拠点の強化では住友化学が、2018年6月、合成研究棟「ケミストリーリサーチセンター」の稼働を開始した。同センターは、農薬等のグローバルな研究開発のための創薬、イノベーション拠点として建設。これまで分散していた国内における有機合成研究機能(新薬探索~工業化検討)を同センターに集約することで、新...more
カテゴリー:

北海道銀行がメガファーム経営に参画 道内農業を後押し 販路拡大狙う - 07月23日(火)20:26 

課題が山積する道内の農業を後押ししたいと、北海道銀行が農業法人に出資し、経営に直接関わると発表しました。2019年07月23日(火) 20時16分 更新
カテゴリー:

【記者解説】オリオンビール社長に早瀬京鋳氏就任から見えること - 07月23日(火)14:49 

<解説>  早瀬京鋳氏(51)が経営トップに就任し、オリオンビールは新体制の下で事業が本格的に始動する。マーケティングやブランド戦略の専門家を経営陣にそろえ、オリオンの価値向上と販路拡大につなげる方針を明確にした。縮小が続くビール市場を取り巻く厳しい環境を外部人材の力を借りて打破し、沖縄の企業として成...
カテゴリー:

最新映像技術と映像コンテンツの利用事例を交え紹介!「第5回 先駆け!!映像塾」開催のお知らせ - 07月22日(月)12:00 

株式会社アシスト(所在地:東京都大田区、代表取締役社長:加藤 光淑)は、最新技術を利用した映像コンテンツの制作事例を交え、最新情報と販路拡大のアイデアを紹介するセミナー「第5回 先駆け!!映像塾」を2019年8月8日(木)に開催いたします。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/189100/LL_img_189100_1.jpg 第5回 先駆け!!映像塾 申し込みURL: http://www.assist-corp.tv/seminar ■セミナー概要 【名称】 第...
カテゴリー:

「KINAKO」を町工場から世界に。老舗きな粉菓子店の新たな挑戦。 - 07月17日(水)12:15 

東京・足立区にある「ワタトー」は、まもなく創業100年を迎える老舗きな粉菓子店だ。看板商品は、きな粉を使った「五家宝」と「きな粉ひねり」。どちらも長年愛されてきたが、お客さんは昔からのファンが多く、若い世代が少ないことに四代目の渡辺将結さん(42)は危機感を抱いている。そこで、創業当時から扱うきな粉を使った新感覚のスイーツを開発しようと、クラウドファンディングで支援を募っている。ワタトーの始まりは、豆菓子からだった。1921(大正10)年、日本橋浜町で「渡辺菓子店」として創業。そののち、墨田区に工場を移し、1932(昭和7)年ごろから五家宝の製造を始めた。その後、あん入りの「きな粉ひねり」がラインナップに加わり、この2商品を看板商品として営業を続けてきた。フレーバーを増やすことはあっても、新商品を投入することはなかったという。そんな中で、四代目の渡辺将結さんが事業を継いだとき、渡辺さんが感じたのは、「がらっと変わるしかない」という思いだった。五家宝、きな粉ひねりの購買客は、70代以上が中心。また、製造は手作業で行われるため、職人の高齢化や職人不足の心配もあった。「職人さんがいないからできない、となってしまえば、そこで商売は先細りになってしまう。そこで、機械も導入することにし、新商品の開発に乗り出しました」■ターゲットは「子育てをしながら働く女性」若い世代へと客層を広げていくときに、...more
カテゴリー:

八戸の飲食料品 首都圏へ/圏域DMOが開始 - 07月16日(火)14:50 

地場産品の販路拡大につなげようと、八戸圏域DMO「VISITはちのへ」は15日、首都圏向けの飲食料品定期便のテスト輸送を開始した。VISITが物流拠点として圏域8市町村の地場産品を集荷、一括して首都圏へ出荷することでコスト削減につなげる狙い。物流改革による販路拡大の実現に向け、2020年4月の本格稼働を目指して実証試験を行う。定期便の名前は「VISITはちのへ まるで、ワンダーランド。便」。圏域で生産された旬の農産物や海産物、日本酒やワインなどを一箱に詰め出荷する。また、VISITはさまざまな…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「販路拡大」の画像

もっと見る

「販路拡大」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる