「販売活動」とは?

関連ニュース

「いつ・いくらで売れる?」不動産売却の不安と悩みを解消する、東急リバブル「売却保証システム」とは - 07月19日(金)10:12 

住み替えや買い替えが控えているといった理由で、所有している不動産を少しでも早く売却したい思っている方も多いと思います。しかし、不動産の売却はその時の需要と供給で結果が異なるため、すぐに売却できるとは限りません。 買い取りを利用すればすぐに売却できますが、仲介を利用して売却するよりも売却価格は下がってしまいます。何とか期日までに、できるだけ高い価格で不動産を売却する方法はないのでしょうか? 今回は、そういった悩みをお持ちの場合に活用ができる、東急リバブルの「売却保証システム」について解説していきたいと思います。 目次 東急リバブルとは 東急リバブルの「売却保証システム」とは 「売却保証システム」の4つのポイント 3-1.売却保証率の上限が90% 3-2.査定金額の115%から売り出しを開始 3-3.利益還元制度 3-4.立替払制度が利用可能 「売却保証システム」の2つの注意点 4-1.売却価格が相場よりも安くなる可能性がある 4-2.全ての不動産が保証を受けられるわけではない まとめ 1 東急リバブルとは 運営会社名 東急リバブル株式会社 設立 1972年 本社所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目9番5号 従業員数 3,235名(連結3,385名)(2019年3月末現在) 上場有無 親会社の東急不動産ホールディングスが東証1部上場 査定・売却可能な物件 マン...more
カテゴリー:

マンション売却後の補修費用も保証、東急リバブルの6つの強みと注意点 - 07月08日(月)18:10 

マンションの売却を検討するにあたり、どの不動産会社に依頼した方がいいのかと悩んでいる方も多いと思います。 大手不動産会社一角である「東急リバブル」は、マンション売却後の補修費用を保証する独自のサービスで不動産売却をサポートしています。今回はマンション売却の会社選びの参考として、「東急リバブル」の強みと注意点を解説します。 目次 東急リバブルとはどんな会社か 東急リバブルの6つの強み 2-1.あんしん仲介保証 2-2.アクティブ売却パッケージ 2-3.買取サービス 2-4.立替払制度 2-5.売却保証システム 2-6.無料税務・法律相談 東急リバブルの注意点 3-1.対応できないエリアもある 3-2.売却保証システムは単純買取では利用できない 3-3.アクティブ売却パッケージで費用負担が生じる場合がある まとめ 1 東急リバブルとはどんな会社か 東急リバブルは東急不動産の子会社として設立された会社です。山口智充さん出演のCMを見たことがある方も多いと思いますが、東急リバブルのCMは、CM総合研究所が公表したCM好感度ランキングの住宅・建設業類の銘柄別で1位を獲得しています(東急リバブル公式HPより。2018年8月~9月度実績)。 東急沿線に多くの店舗を構えていることから一帯の取引に強いだけでなく、その他全国主要都市にも多くの店舗を構えており実績が豊富です。住宅新報社が発表した「...more
カテゴリー:

ワンルームマンション投資を始める前に知っておきたいメリット・デメリット - 07月03日(水)12:05 

ワンルームマンション投資は購入費用が安く、比較的始めやすいことからサラリーマンを中心に人気があります。しかし、物件価値の下落や空室リスクも大きく、デメリットやリスクに関する正しい知識を必要とする投資方法ともいえます。 今回はこれから不動産投資を始めようと考えている方のために、ワンルームマンション投資のメリットとデメリット、リスクを紹介します。ワンルーム投資にはどのような魅力があり、何に気をつければ良いのか。不動産投資初心者の方にも分かりやすく説明するので、ぜひ参考にしてみてください。 目次 ワンルームマンション投資のメリット ワンルームマンション投資は元手が少なくても始められる 入居需要が高い物件であれば安定した家賃収入が期待できる 減価償却費による節税効果が期待できる 投資ローンを完済すれば将来の生活の備えとなる 相続対策として ワンルームマンション投資のデメリット(リスク) 収支のバランスに注意する 空室リスク、災害リスク、家賃下落リスクに注意する 資産価格の下落に注意する 金利上昇リスクに注意する 出口戦略に注意する 1 ワンルームマンション投資のメリット ワンルーム投資は、マンション一棟やアパート一棟投資に比べて必要資金が少なく済むため、年収が高くない方でも始めやすいというメリットがあります。年収300万台から区分投資にチャレンジする例は実際多く見受けられま...more
カテゴリー:

マンション売却前に知っておきたいありがちな12の失敗例と対策 - 07月10日(水)15:55 

所有しているマンションを売却する際、売り急ぐあまり低い価格で売却してしまったり、相場とかけ離れた価格で募集したために売れ残ってしまったりする場合があります。そうすると得られるはずの利益が得られなくなりますので、慎重に売却活動をすることが大切です。 この記事ではマンションを売却する前に知っておくと便利な、ありがちな失敗例とその対策についてご紹介したいと思います。 目次 売却の設定価格が高すぎる 不動産会社1社にしか査定を依頼していない 売り急いだために安値で売却をしてしまう 残債や税金をシミュレーションしていない 設備の修理や清掃をしていない リノベーションで損をしてしまう 内覧で不信感を抱かれてしまう 売却直前で家賃を下げてしまう 仲介を検討せずに買取を利用してしまう 契約の形式にこだわってしまう 不動産会社の担当者があまり積極的ではない 売らない方が良かったと後悔してしまう まとめ 1.売却の設定価格が高すぎる 誰でもより高い価格で物件を売却したいと思っていますので、高めの価格で募集をしたくなるのは仕方がないでしょう。しかし、相場からあまりにも高すぎると売れ残る可能性が高くなりますので注意が必要です。 買主からすると、一度高すぎると感じた場合、同じ広告が出ていても何度も見ようとは思いませんので、長期間募集してもそのような人から問い合わせが入る可能性は少なくなります。 高めに価...more
カテゴリー:

どこを見ればいい?不動産売却で仲介会社を選ぶ際の6つのポイント - 07月03日(水)22:06 

不動産を売却する際は、売買をサポートしてくれる不動産仲介会社に依頼をしますが、売却物件の種類や査定価格に応じて依頼先を見定めることが重要です。この記事では、不動産会社選びを間違えて相場より安く売却することがないように、不動産仲介会社の正しい選び方を解説していきます。 一括査定の利用、不動産会社の得意分野、会社の規模、信頼度、営業担当者の質、媒介契約のタイプなどが選定ポイントになりますので、一つずつ確認していきましょう。 目次 不動産仲介会社とは 1-1.不動産仲介会社が必要な理由 物件売却で不動産仲介会社を選ぶ際の6つのポイント 2-1.一括査定の利用 2-2.仲介会社の得意分野 2-3.大手の仲介会社か地元の小さな不動産屋か 2-4.免許番号・行政処分歴の有無の確認 2-5.信頼できる営業担当者か 2-6.媒介契約の種類 まとめ 1 不動産仲介会社とは 不動産取引における仲介(媒介)業務とは、不動産の売買や賃貸借について、買主(借主)と売主(貸主)の間に入り、売買契約や賃貸借契約を結ぶ行為です。その業務を担当するのが不動産仲介会社で、宅地建物取引業者とも呼ばれます。仲介会社の主な仕事は以下の3つに分かれます。 ①正式な依頼を受けるまでの相談業務 不動産の売買や賃貸を希望する依頼者からの相談に対応する業務 ②売買の取次業務 正式な依頼後の不動産の売買や賃貸の取引相手を見...more
カテゴリー:

「販売活動」の画像

もっと見る

「販売活動」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる