「財務大臣」とは?

関連ニュース

世界初のAI大学、モハメド・ビン・ザイード(Mohamed bin Zayed)人工知能大学が初代卒業生を表彰 - 02月06日(月)09:30 

コンピュータービジョンと機械学習の修士課程の卒業生が歴史に残るUAE式典で学位を取得アラブ首長国連邦アブダビ, 2023年2月3日 /PRNewswire/ -- アブダビのモハメド・ビン・ザイード人工知能大学(MBZUAI)は、1月30日、24カ国から52人の学生が参加し、コンピュータービジョンと機械学習の主要なAI分野の大学院の学位を授与し。開校を祝いました。 Students, faculty and dignitaries at MBZUAI’s inaugural commencement このイベントには、シェイク・テアブ・ビン・ザーイド・アル・ナヒャン殿下も出席されました。スルタン・アフメド・アル・ジャーベル博士、UAE産業先端技術大臣、COP28UAEの会長指名、MBZUAI理事会議長。ブルーノ・ル・メール、フランス経済財務大臣およびその他の高官。 式典に続いて、MBZUAIは、AIと持続可能性シンポジウムを開催し、AIの専門家が、持続可能性を推進するための次世代ソリューションについて議論しました。MBZUAIの学長兼大学のエリック・シン教授、MITのコンピューターサイエンスおよび人工知能研究所の所長兼MBZUAIの理事会メンバーのダニエラ・ラス教授、Cohere.AIのチーフサイエンティスト兼オックスフォード大学のフィル・ブランサム教授が参加しました。パネルは、...more
カテゴリー:

小倉大臣、子ども関連予算に国債は「慎重に検討する必要」 - 02月02日(木)17:19  newsplus

小倉こども政策担当大臣は衆議院の予算委員会で、岸田総理が倍増すると宣言している子ども関連予算の財源に国債をあてることは「慎重に検討する必要がある」との考えを示しました。 無所属 緒方林太郎衆院議員 「今後、少子化対策にいろいろ取り組んでいかれると思うんですが、そこで用意される財源というのは、真の意味で国債に頼らない財源でやっていくという、そういうおつもりでよろしいでしょうか」 小倉大臣 「国債につきましては、その返済に将来世代の税収等が充てられますことから、負担の先送りとなり、安定財源の確保、...
»続きを読む
カテゴリー:

カナダ造幣局、黒人の歴史を称え、第2施設大隊のカナダ人黒人志願兵に 敬意を表するコインを贈呈 - 01月31日(火)09:30 

オタワ(オンタリオ州)、2023年1月30日 /PRNewswire/ -- カナダ軍史上初で唯一の全員黒人の大隊規模部隊である第2建設大隊は、カナダ造幣局が現在行っている「黒人史記念」シリーズの2023年問題で記憶されています。 第一次世界大戦の初期には、何百人ものカナダ人黒人が熱心にカナダ軍への入隊を希望しましたが、人種差別のため、多くの黒人が海外の戦場で白人同胞と合流することができませんでした。 1916年、根気強いロビー活動とイギリスからの労働大隊の要請が、黒人部隊創設のきっかけとなりました。 第2建設大隊は、カナダ林業隊とともにフランスの森林で活躍することになりました。 彼らは製材や製粉作業を手伝い、完成した木材の積み込みや鉄道による輸送も行いました。 この木材は連合国軍の戦争に欠かせないもので、塹壕の内張りや観測所の支え、フランスでの航空機の製造に使用されました。 大隊員の中には、カナダ遠征軍の他の部隊と戦って負傷した者もいました。 そして、大隊は1919年初めにカナダに帰国し、1920年に解散しました。 第2建設大隊の子孫とその同盟者は、多くの調査、執筆、ストーリーテリング、そして弁護活動を経て、大隊の隊員が耐えた人種差別と差別に対する正式な謝罪のキャンペーンに成功し、2022年7月9日にノバスコシア州のトゥルーロに集まった子孫の前でカナダ首相ジャスティン・トルド...more
カテゴリー:

N分N乗方式 財務相“高額所得者恩恵大きい 慎重に検討すべき” - 02月02日(木)18:04 

少子化対策として導入を求める声が出ている、いわゆる「N分N乗方式」について、鈴木財務大臣は衆議院予算委員会で、高額所得者への恩恵が大きいことなどを指摘し、慎重に検討すべきだという考えを示しました。
カテゴリー:

ダボス会議で明らかになった中国「南シナ海の対立」が消えつつある現実 - 02月01日(水)14:19 

1月20日に閉幕した世界経済フォーラム(WEF)の年次総会「ダボス会議」では、アメリカが進める対中政策に対してアジア・欧州からの異論が目立ったようです。要人たちの注目発言を紐解くのは、メルマガ『富坂聰の「目からうろこの中国解説」』著者で、多くの中国関連書を執筆している拓殖大学教授の富坂聰さん。フィリピンのマルコス大統領が発した南シナ海の問題でアメリカを排除するような重要発言や、保護主義的な政策や中国とのデカップリングを求めるアメリカの姿勢に不満を表明する欧州首脳の言葉をあげ、各国が再び中国へと近づいきそうな潮目の変化を伝えています。 この記事の著者・富坂聰さんのメルマガ初月無料で読む ダボス会議で明らかになった欧州・アジアとアメリカの対中政策の違い 毎年1月、スイスのダボスで開かれる世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議=本部ジュネーブ)が20日、5日間の会期を終えて閉幕した。総会のテーマは、「分断された世界における協力の姿」だったが、多くのメディアが指摘しているように目立ったのは「分断」だった。その中心にあるのはアメリカだ。 そのダボス会議で、日本のメディアではほぼ無視されてしまったが、重要な発言があった。フィリピンのフェルディナンド・マルコス大統領の南シナ海に関する発言だ。 フィリピンはベトナムと並び南シナ海で中国と紛争を抱える当事国だ。だがマルコスは、中国との間に...more
カテゴリー:

【岸田首相】日本の物価、現時点でデフレではない状況が継続 - 01月27日(金)14:10  newsplus

[東京 27日 ロイター] - 岸田文雄首相は27日の参院本会議で、現在の日本の物価動向について「デフレではない状況が継続している」ものの、デフレを脱却したと判断するまでには至らないとの認識を示した。政府として総合経済対策と補正予算に盛り込んだ事業を実行し、民間需要を喚起していくと語った。浅田均議員(維新)の質問に答えた。 首相は、日本の消費者物価指数は継続的にプラスで推移しているものの、足元の上昇は世界的な原材料高や為替の円安の影響を受けたものであり、「国内の需給などによる物価上昇圧力は依然と...
»続きを読む
カテゴリー:

こんなの見てる