「警視庁幹部」とは?

関連ニュース

【ジャパンライフ】「契約内容や解約の経緯、返金したことを一切口外しないなら元本の9割を返す」条件付きで応じていた - 09月22日(火)10:39  newsplus

 「ジャパンライフ」(破産手続き中)による詐欺事件で、同社が顧客に返金する際、解約の経緯や返金について、口外しないとの条件付きで応じていたことが関係者への取材でわかった。  警視庁は、元会長の山口隆祥たかよし容疑者(78)(詐欺容疑で逮捕)らが、判断能力が衰えた高齢者への強引な勧誘などを隠すため、口止めをしたとみている。  警視庁幹部によると、同社は2003年以降、客に購入させた高額な磁気商品を預かり、別の客に貸し出すとする「レンタルオーナー制度」を展開。「元本保証」をうたって高齢者ら約1万...
»続きを読む
カテゴリー:

波瑠は「本当に頼りになる!」脚本家・大森美香、『未解決の女』最終回は「最後まで二転三転」 - 09月17日(木)13:47 

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査するミステリードラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』。15分拡大スペシャルで最終回を迎える同作。9月17日(木)の最終回オンエア前に、Season1から脚本を手がける大森美香氏を直撃し、『未解決の女』に対する思い入れや執筆での苦労、そして最終回の見どころなどを聞いた。ーー大森さんはこれまで数多くの脚本を手がけられてきましたが、意外にも刑事ドラマを書かれたのは『未解決の女』がはじめて。ご苦労などはありましたか?「刑事ドラマを書くことにはずっと憧れがあったんです。ただ、私には事件を思い付く力があまりないので、ムリだろうなと思っておりまして…(笑)。そんななか、『未解決の女』に携わることになったのですが、この作品は基本的に「過去の事件」と「現在の事件」が存在する上に、「文字」の要素も加わってきます。しかも、麻見和史先生がお書きになった原作に出てくる事件は「未解決事件」ではないので、それをどう未解決としてアレンジするか、という部分もあります。この全要素をきちんと網羅しながら1時間に詰め込むのは、毎回大変な作業でした。ただ、そのなかでもやはり、「文字」で解決するというコンセプトはほかのドラマにない特色だと思...more
カテゴリー:

「警視庁幹部」の画像

もっと見る

「警視庁幹部」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる