「調査委員会」とは?

関連ニュース

創価大学教授が論文盗用 大学が調査、依願退職が許される 懲戒処分はなし - 05月20日(月)12:53  newsplus

用元の論文と構成などがほぼ同じ部分があった。「研究者としてわきまえるべき基本的な注意義務を著しく怠った」としている。大学の調査に対して元教授は盗用を認めた。  元教授はこの著書を執筆するため、2016~17年度に文部科学省の補助金約31万円を使ったという。  大学企画広報課は懲戒処分をしなかった理由について「自ら退職することで不正の責任を負うことを認めた」と説明した。昨年4月に外部から指摘があり、学内外の研究者と弁護士による調査委員会を設置して調べていた。 https://www.asahi.com/sp/articles/...
»続きを読む
カテゴリー:

宮崎の地震「巨大地震の可能性 変わらず高い」地震調査委員長 - 05月15日(水)20:16 

政府の地震調査委員会は、今月10日に南海トラフのプレート境界付近で発生し、宮崎県で震度5弱の揺れを観測した地震について「プレート間の固着状態に特段の変化があることを示す現象ではない」とする見解を示しました。
カテゴリー:

【そうか】創価大教授が論文盗用 依願退職 29カ所で引用元を明記せず - 05月14日(火)23:24  newsplus

 創価大(東京都八王子市)は14日、経営学部教授が著書に他人の論文を盗用する不正行為があったと発表した。教授は4月に依願退職し、大学側は懲戒処分はしなかった。  創価大がホームページで公表した調査結果によると、著書には、引用元の論文名を明記しなかった引用部分が29カ所計448行あるなどしたため、「盗用」と判断した。  昨年4月に学外者から告発があったことを発端に、大学側は副学長や弁護士らで構成する調査委員会を設置。元教授の著書と、引用元とされた論文などを比較したほか、本人から聞き取り調査した...
»続きを読む
カテゴリー:

【神学者カール・レーフラー】岩波書店、深井氏(東洋英和女学院大を懲戒解雇済み)の著書絶版に 捏造、盗用の不正認定で - 05月13日(月)23:25  newsplus

 著書執筆に際し捏造や盗用があったとして東洋英和女学院の院長職などを懲戒解雇された深井智朗氏(54)を巡り、岩波書店は13日、不正が認定された深井氏の著書「ヴァイマールの聖なる政治的精神」を絶版とし、回収すると発表した。  同書は2012年5月刊行。東洋英和女学院大の調査委員会は、本の中で紹介されている「神学者カール・レーフラー」という人物や、レーフラーが書いたとされる論文の実在が確認できず、別の文献からの盗用などもあったと認定した。深井氏は10日、院長職とともに大学の教授職を懲戒解雇された。 http:/...
»続きを読む
カテゴリー:

赤字686億円のレオパレス 「入居者獲得に力を入れ、難局を乗り切りたい」 - 05月11日(土)14:18  news

 賃貸アパート大手レオパレス21は10日、施工不良問題の責任を取って創業家出身の深山英世(えいせい)社長(61)が代表権のない取締役に退き、 後任に宮尾文也取締役常務執行役員(59)が今月30日付で昇格すると発表した。同時に発表した2019年3月期の連結最終(当期)損益は 686億円の赤字に転落した。【石田宗久、森有正】  「赤字決算と株価下落で大きく企業価値を損なった」。東京都内で開いた記者会見で、深山氏は次期社長の宮尾氏とともに頭を下げた。  深山氏は、1324棟の施工不良を公表した2月時点でも、「約3万9000...
»続きを読む
カテゴリー:

東洋英和女学院の院長、著書でねつ造・盗用が発覚、懲戒解雇される - 05月17日(金)14:58 

あるAnonymous Coward曰く、東洋英和女学院は深井智朗院長に対し、著書内にねつ造や盗用があったとして懲戒解雇を行った(朝日新聞、zakzk、日経新聞)。 ねつ造があったとされるのは2012年刊行の「ヴァイマールの聖なる政治的精神」。実在しない「カール・レーフラー」という神学者やその論文について紹介しているほか、ほかの文献からの盗用も確認されたという。また、2015年の論文でも無関係な資料の使用が判明したという。 学会誌で公開質問状が出されたことが発端で、院長は「実在する似た名前のドイツ美術史家のことだった」などとして意図的ではない過失だと主張していたようだが、このドイツ美術史家は神学の研究業績がなかったという。大学が設置した調査委員会はこれらを不正と認定、氏は懲戒解雇となったとのこと。 これを受けて、「ヴァイマールの聖なる政治的精神」を刊行した岩波書店は同書を絶版にして回収することを発表した(ハフィントンポスト)。 すべて読む | 教育 | 関連ストーリー: 創価大学経済学教授、論文内で盗用が発覚 2019年05月17日 東北大学、論文不正で博士号を取り消し 2018年02月24日 東大、元大学院生の博士論文に盗用があったとして博士号を取り消し 2017年12月04日 ...more
カテゴリー:

ねつ造研究を引用した論文、取り消しになる? 「カール・レーフラー」問題で注目 - 05月15日(水)18:39 

東洋英和女学院の深井智朗・前院長による著書と論考にねつ造と盗用があったことを、同学院大学副学長らでつくる調査委員会が認めた研究不正問題をめぐって、ネット上では大きな話題となった。
カテゴリー:

実在しない神学者「カール・レーフラー」を紹介した学術書を絶版回収に(告知全文) - 05月14日(火)10:40 

岩波書店は5月13日、深井智朗氏の著書『ヴァイマールの聖なる政治的精神──ドイツ・ナショナリズムとプロテスタンティズム』を絶版にして、可能な限り回収すると公式サイトで発表した。 この本の第4章で神学者カール・レーフラーという人物や、レーフラーが著したとされる論文が紹介されていた。しかし、東洋英和女学院の調査委員会が調べた結果、いずれもその存在を確認できず、深井氏の捏造であると認定された。その他にも他の著作物の盗用なども認められたという。■Amazonでは定価の3倍以上で取引もこの本は2012年に刊行されたが、捏造疑惑が浮上していた2018年10月に出品停止にしていた。岩波書店は今回の調査結果を重く受けとめ、著者に連絡した上で絶版にしたという。この本はAmazonではすでに新品を取り扱っておらず、5月14日現在で古書が1万7000円以上の高値で取引されている。定価は税込み3888円なので、3倍以上となる。岩波書店が掲載した「謹告」の全文は以下の通り。――謹告(深井智朗氏『ヴァイマールの聖なる政治的精神』ほかについて)――小社が2012年5月に刊行いたしました深井智朗氏の著書『ヴァイマールの聖なる政治的精神──ドイツ・ナショナリズムとプロテスタンティズム』(以下、本書)を、絶版とし、可能な限り回収することを、本日、社として決定いたしましたので、謹告いたします。2019年5月1...more
カテゴリー:

「カール・レーフラー」捏造騒動を報告書から整理してみた。Twitterには実在しない「本人」名乗るアカウントも - 05月12日(日)12:10 

東洋英和女学院は5月10日、院長を務めていた深井智朗氏を懲戒解雇としたことを発表した。ドイツ宗教学が専門の深井氏が2012年に発表した著書の中で、実在しない神学者をでっち上げたことなどによる「捏造、盗用」によるものだ。東洋英和女学院は、深井氏の主張や、捏造と判断した理由などの詳細を公式サイトで公開している。報告書をもとに、騒動の内容を整理した。 ■創作された神学者とは深井氏の不正行為の有無を調べた調査委員会の報告書によると、捏造されたのは「カール・レーフラー(Carl Loevler)」という名前の神学者。深井氏は著書「ヴァイマールの聖なる政治的精神-ドイツ・ナショナリズムとプロテスタンティズム」(岩波書店)の中で、レーフラーについて4ページにわたって取り上げていた。深井氏は調査委員会に対し、レーフラーという名前の神学者が存在しないことを認めつつも、実在する似た名前のドイツ美術史家のことだったと主張した。だが、調査委員会が調べたところ、その美術史家は神学について研究業績がなかった。深井氏はレーフラーが発表したとする「今日の神学にとってのニーチェ」という論文を紹介しているが、そもそも作者のレーフラー自体が存在しておらず、調査委員会はこの論文も捏造だと認定している。 ■過去にも複数回指摘されてきたが...調査委員会の発表によると、捏造疑惑が明らかになったのは2018...more
カテゴリー:

【エーカゲン2世】架空の神学者「カール・レーフラー」を論文に 東洋英和女学院の院長を懲戒解雇 - 05月11日(土)10:25  newsplus

東洋英和女学院 論文ねつ造などで深井院長を懲戒解雇 2019年5月10日 17時40分 東洋英和女学院のトップで、ドイツ宗教学が専門の深井智朗院長が、過去の著書でねつ造などの不正行為を行っていたとして、学院は10日、懲戒解雇処分にすることを決めました。院長は一部については「想像で書いた」などと話す一方、意図的な不正は認めていないということです。 東洋英和女学院の深井智朗院長(54)は、平成24年に出版したドイツ宗教学の専門書、『ヴァイマールの聖なる政治的精神ードイツ・ナショナリズムとプロテスタンティズム』の中で...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「調査委員会」の画像

もっと見る

「調査委員会」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる