「認定制度」とは?

関連ニュース

【ニュース】 MR認定センター MR認定制度の抜本.. - 10月17日(木)03:50 

【ニュース】 MR認定センター MR認定制度の抜本改革案を解説 実務教育は「倫理」と...: MR認定センターの友石和登教育研修部長は10月16日、2019年度教育研修管理者認定更新講習会で「MR認定制度の抜本改革案」を解説した。
カテゴリー:

[注目記事]【日薬会長会】医療薬学会と新認定制.. - 10月16日(水)15:00 

[注目記事]【日薬会長会】医療薬学会と新認定制度‐改正薬機法の「専門薬局」で|薬事日報ウェブサイト
カテゴリー:

【日薬会長会】医療薬学会と新認定制度‐改正薬機.. - 10月16日(水)11:31 

【日薬会長会】医療薬学会と新認定制度‐改正薬機法の「専門薬局」で|薬事日報ウェブサイト
カテゴリー:

助成金や補助金紹介 働き方改革関連で 北海道・冊子作成 - 10月14日(月)10:11 

 北海道、北海道労働局、北海道経済産業局などは中小企業、小規模事業者の働き方改革に向けた取組みを支援する目的で「ほっかいどう働き方改革支援ハンドブック」を作成した。各機関が所管する助成金・補助金の受給要件や金額をはじめ、相談窓口や企業認定制度など働き方改革に関する制度を一冊にまとめたもの。  情報を分かりやすく提供するため……[続きを読む]
カテゴリー:

富士フイルム和光純薬 日本初「アミノ酸混合標準物質生産者」の認定を取得 - 10月10日(木)15:30 

富士フイルム和光純薬株式会社(社長:白木 一夫)は、本日、日本国内で初めて「アミノ酸混合標準物質生産者」の認定を取得しました。「アミノ酸混合標準物質生産者」は、独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)が運営する製品評価技術基盤機構認定制度(ASNITE)※1に基づいて認定されるもので、アミノ酸測定のために信頼できる“ものさし”となる認証標準物質※2 を生産できることを示します。今後、富士フイルム和光...
カテゴリー:

【日刊薬業】MR認定制度、実務教育も必須時間を撤.. - 10月16日(水)22:13 

【日刊薬業】MR認定制度、実務教育も必須時間を撤廃  各社で管理目標設定: …
カテゴリー:

第5回「第四次産業革命スキル習得講座」を認定しました - 10月16日(水)14:00 

経済産業省は、IT・データ分野を中心とした専門的・実践的な教育訓練講座を経済産業大臣が認定する「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」について、厳正な審査の結果、10事業社14講座を認定しました。
カテゴリー:

「第9回情報セキュリティEXPO 【秋】」出展のお知らせ ~『メールを消毒する』次世代セキュリティクラウドなどを出展~ - 10月15日(火)16:00 

株式会社プロット(本社:大阪市北区、代表取締役社長:津島 裕)は、2019年10月23日(水)から25日(金)の日程で幕張メッセにて開催される国内最大級のIT展示会「Japan IT Week秋 第9回情報セキュリティEXPO【秋】」へ出展いたします。 昨今では各方面にて高度化した脅威の被害報告があがるなか、攻撃を受けてから対応するのではなく能動的に防御態勢を確立する「積極的サイバー防御」の構築が重要視されております。日々巧妙化する標的型攻撃やランサムウェアから組織を守るため、見えない脅威を届く前に除去する「メール消毒」クラウドサービスや、情報セキュリティ耐性を強化する教育・訓練サービスなどを中心にご紹介予定です。弊社出展ブースでは下記ソリューションを展示し、製品をお試しいただけるようデモ機をご用意してお待ちしております。■出展製品・サービス・メールを消毒するセキュリティ総合クラウドサービス「Mail Sanitizer クラウド」・eラーニングとメール訓練を同時に実現する総合セキュリティ教育サービス「CYAS」・分離されたネットワーク間でのファイル授受・無害化システム「Smooth File ネットワーク分離モデル」・メール本文の無害化や添付ファイルの自動隔離を実現するシステム「Temp Box メール無害化モデル」・機密情報の二次漏えいを防止するIRMシステム「File Def...more
カテゴリー:

責任問われる可能性大。中小企業の経営者が災害に備えすべきこと - 10月11日(金)22:45 

大型の台風や豪雨などの自然災害に見舞われることが増えた昨今ですが、その備え、経営者の皆さんは胸を張って「万全」と言えるでしょうか。今回の無料メルマガ『税金を払う人・もらう人』では著者で現役税理士の今村仁さんが、国が取り組む中小企業向けの支援策を紹介しています。 経営者として自然災害への備え出来ていますか? 近年の気候変動等の影響により、西日本豪雨(平成30年7月豪雨)や台風による深刻な被害が各地で発生しています。こうした自然災害は、個々の会社の経営だけでなく、日本のサプライチェーン全体にも大きな影響を及ぼす恐れがあります。 このため、中小企業庁は、中小企業の自然対策に対する事前対策(防災・減災対策)を促進するため、国会に「中小企業の事業活動の継続に資するための中小企業等経営強化法等の一部を改正する法律(中小企業強靱化法)」を提出し、国会審議を経て、令和元年5月29日に成立、7月16日に施行されました。 中小企業庁では、本法に基づき防災・減災に取り組む中小企業が「事業継続力強化計画」を簡易に策定することができるよう様々な支援策を準備しています。 「事業継続力強化計画」の認定制度とは(中小企業庁)   中小企業が策定した防災・減災の事前対策に関する計画を経済産業大臣が認定する制度です。   認定を受けた中小企業は、税制優遇や金融支援、補助金の加点などの支援策が受けられます。   計画に...more
カテゴリー:

パーソナルデータが資産に?「情報銀行」の仕組みとビジネス環境(前編) | IT Leaders - 10月10日(木)08:00 

マイクロサービス、RPA、デジタルツイン、AMP……。数え切れないほどの新しい思想やアーキテクチャ、技術等々に関するIT用語が、生まれては消え、またときに息を吹き返しています。メディア露出が増えれば何となくわかっているような気になって、でも実はモヤッとしていて、美味しそうな圏外なようなキーワードたちの数々を「それってウチに影響あるんだっけ?」という視点で分解してみたいと思います。今回は、認定制度や民間事業者によるサービスが始まった「情報銀行」を取り上げます。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「認定制度」の画像

もっと見る

「認定制度」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる